マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!

2013年08月16日

宣伝です/腕の良い施術者

さて、整形外科が腰痛を治してくれないのであれば、マッサージとか整体とか鍼灸とか、
東洋医療を中心とした、そういった所を頼らざるを得ないのですが
どこにお世話になるか、口コミってのが馬鹿になりません。
今回はお世話になってる仕事の関係先から紹介されました、筋膜リリース手技を施術してるところ
筋膜リリースって、東洋ではないよね。
とりあえずここ↓
http://a-style422.com/

携帯用なんでPCからは見づらいかなと、いうことで
圏域のタウン誌の記事はコチラ↓
http://www.town-miyakonojo.com/a_style.html

じっくり話を聞いてくれて、痛みの緩和に力を尽くしてくれて
さらには再発防止にどうしたら良いかまで考えてくれるという。
1回しか行ってませんが、その1回でジクジク痛かったのが8割がた取れまして
偶然その治療を受けた日に、保存的治療の効果が出たと考えるほうがおかしいですわね。
今後もお世話になろうと思っておりますので、拙ブログをご覧の方で近隣におられる皆様に、ご利用いただけると幸いです。
ええ回し者と言われても痛くも痒くも。
posted by waku at 00:38| 宮崎 🌁| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月14日

整形外科de不信感

さて、保存的治療を言い渡されて後
息をしても痛い状態は乗り越えたものの、やはり立ったり座ったりするたびに痛い
「せーのっ」って気合を入れて痛みに耐える準備が必要なほど
座ってるだけでもジクジク痛みが走りストレスがたまるたまる
そんな状態を「保存」しつつ、前回診療を受けた翌週が祝日だったこともあり
2週間ぶりに整形外科、受診いたしました。

2週間ぶりにお会いした先生、にこやかに「どうでした?」
ええ、これコレこうで痛かったです。「んじゃベッドに横になって」
またしても足の上げ下げされます、んぎゃあっ! 痛いっす!!
「ああ、やっぱり典型的なヘルニアの痛み方ですねえ」ええ、前回もそう仰いましたね。プロの先生、あなたが言うことだから間違いないでしょうよ。
「ほとんどの人は1ヶ月程度で痛みが引くんですよ」…あれ先生、前回は1週間程度で、って言ってませんでしたっけ
「なので1ヶ月くらい様子見て、このまま保存的治療で行くか、他の方法を考えるか決めましょうか」……
「とりあえず、牽引と電気治療で様子見ましょうか」…………

電気治療とは家庭用の低周波治療器に毛を生やしたようなやつ。逆か、家庭用が医療用から毛を抜いたやつだな。
牽引は、何かえらいハイテク機器ではありましたが、要は背骨を引っ張って腰椎の間を広げるって理屈でしょうか。
しかしヘルニアの緩解に電気治療や牽引が有効であるならば、なぜに前回、その施術の提案が無かったのでしょう?
そもそも牽引で治る疾病なら、足にウエイト吊るして懸垂用のバーにでもぶら下がりますよ。
絶対安静なのか動かしたほうが良かったのか、その明確な指示も無いまま、まぁ激しく痛みのあるときには動かそうにも不可能ですがねえ
結果としては2週間、痛みを「保存」した「治療」後の、この診断と指示…
その後、「ストレッチやマッサージはオッケー」って言質を取って、とりあえず牽引治療とやらを受けて病院を後にしました。

合う合わない個人差あるでしょうが、少なくとも私は、やはり腰痛治療に整形外科はもう行かないかなと、思いを強くした次第でする。
西洋医学至上主義の方もいらしゃるでしょうし、ここらへんの判断は自己責任でお願いしますけどね。
posted by waku at 22:35| 宮崎 ☀| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月13日

腰痛de整形外科

さて、腰やっちまって2日目、最寄の整形外科に、奥さんに連れていてもらいました。

実は整形外科って余り信用してないんです私。
長年の腰痛持ちなんですけど、整形外科に行って解決したことなんてありません。
レントゲン撮って「異常ないですねえ」言われて「MRI検査するほどじゃないと思います」言われて
シップと痛み止めもらって終わり。
「保存的治療」とか言いますがね、つまりは「放っとけ」って事でしょ。それ治療言うんかいん、と。
それ以前、中学校のとき部活動でかかと痛めたときは痛み止めのぶっとい注射何回か打たれたのですが
何ともthe対症療法。しかも直接かかとに打ち込まれる注射針の痛かったこと、しっかりとトラウマも形成
その後、評判のいい鍼の先生のところに行ったら一発でほぼ完治したこともあり、
腰に関しては長年、地元でゴッドハンド言われてる爺様のところで定期的にお世話になるなど
どちらかと言うと東洋医学のほうに重きを置いております。
爺様が現役だったなら、今回もまずはそちらに行っていたことでしょう。

ただ、今回は飛び降りた→痛めた、いう経緯がありますんで、まぁこれ外傷だわね
なので原因不明の腰痛とは違うだろうと、んじゃ西洋医学の出番もあるのではないかと思いましてですね
日常生活に支障来たすレベルだったんでね、対症療法でもいいか、とかね、期待を込めて

んで、まず問診書いて、先生の診察の前に「レントゲン撮りますね」言われて、現像できるまでしばらく待たされて
診察室入ったら先生「ん〜、特に異常は見られませんね」いや先生、息するのも痛いんですってば
そのあとベッドに横になって伸ばした足を上げ下げされてイタタタッタ、痛いっちゅうとろうが!
「あ〜でも、こうやったときに痛むのは典型的なヘルニアですねえ」そうですか、私の腰痛に初めて病名が付きましたです。んでどうしたらいいんでしょう。
「レントゲンに顕著に出てないんで、そこまでひどい状態ではないと思うんです」いや先生、経験したこと無い痛みなのですが
「1週間ほどで痛みが引く場合が多いので、様子を見ましょう。シップと痛み止めをry」

…いやね、そりゃMRIなんて個人病院じゃお持ちでないでしょうし、すぐにどっか大病院紹介しろ言うのも無理かとかね、わかってはいるんですがね
いきなり「じゃ手術しましょうか」とか言われたら、やっぱり社会人だからですね、そりゃあ困るとは思うのですが
やっぱりレントゲン痛み止めシップに保存的治療か、と、何か釈然としない思いで痛む腰を抑えながら病院を後にしましたとさ。

次の日には、腰にサポーター巻いた状態なら何とか動けるまでになりましたがね。何とか、ですけど。
やっぱり椅子から立ったり座ったりするたび、痛み覚悟して「せーの」ってやってましたが。
あ、でも痛み止めは良く効きました。さすが病院が処方してくれた痛み止めです、ってネットで検索したら、
ロキソニンって普通に市販してたんですね貫地谷しほりさん

ひさびさにネタがありますのでね、もう少し続けます
posted by waku at 18:25| 宮崎 ☀| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月12日

ボルダリングde腰痛

さて、趣味に追加したばかりのボルダリングで腰をやっちまった過程は以下の通り

週に1回ペースでジムに通い始めて4回目。
その前の回、傾斜の深い壁の課題にチャレンジして、ちょっと腰を痛めてました。
ただまぁ、立ったり座ったりするとき少し痛いな、程度でたいしたことは無く、この日までにほとんど痛みも引いていたのですが。
そして臨んだこの日、ウオーミングアップを終えて1本目の課題、
あと1手でゴール、というその1手が取れず、どうしても取れず
握力無くなって「もう駄目!」と、ゴール手前だから約3mの高さから
身長分を差し引くと約1.5メートルほどの高さから落下しました
クライミングジムって、どこも壁の下にはクッション性の高いマットを敷いておりまして
まぁその高さから飛び降りても、足から着地すればほぼ間違いなく、万が一腰や尻や背中から落ちてもほぼ大丈夫なようになっております
キャンプ場に併設されてるジムなどでボルダリング初めて数年、何回も何回も落下し、どこかを痛めたりしたことなどありませんでした

そう、この時まで…

ちゃんと足から落ちました
が、着地した瞬間、前の週に痛めていた部分を中心に「びきびきびきっ」って感じに痛みが走り
今にして思うと、着地の瞬間ひざを曲げてショックを和らげる、って落ち方ではなかったかもしれません
落下の衝撃を背骨のアーチが全部引き受けることになったのかも知れない

それでも「あたた。腰痛めた」って言いながら、しばらくは動けました
が、時間の経過とともに、だんだん動けなく…
立ったり座ったり、一歩踏み出すたびに痛みが腰全体に走り、
そのうち立ってるだけ、座ってるだけでも痛く
約2時間、一緒に行った子供が満足する間、時間とともに激しくなる痛みとただただ戦って
その日はもう、壁には取り付くどころの話ではありませんでしたとさ

それでも、なんとか車を運転して自宅に帰り、
そしてその日と次の日、完全に寝たきりに
寝た状態から上体を起こすのも辛く、そこから立ち上がるのなんて論外。
どんな動作をするにも、痛くない腰の形はどれか、少しずつ探りながら
それでも、突然「びきっ!!」って痛みが走り息が止まり、の繰り返し
「世に言うぎっくり腰ってやつなんかなぁ」って、ひたすら耐えた2日間でした
以下、明日以降に続きます
posted by waku at 21:37| 宮崎 | Comment(0) | ボルダリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月11日

腰逝った

大変ご無沙汰ぶりでして

前回、前々回のエントリで偉そうなこと書いてた割りに、あっさりやっちゃいまして
ええ、腰、いわせてしまいました。しかもボルダリングで。
その結果、筋トレもまったくできず。
もともと腰痛持ちではあったのですが、ここ数年、ひどい症状はなかったので調子に乗りすぎた感がなきにしもあらず
やはり寄る年波ってのは無視しちゃいかんようです

それでも、まったく身動き取れなかった2日間を経て、主に安静、保存療法で1ヶ月ちょい、
ようやく先日、久々にフィットネスクラブへin
ああ上腕2頭の筋肉痛が懐かしい

つう事で久々のブログ再開です
コレを機に明日以降、しばらく腰痛日記でも綴ろうか、と思う次第でする。
posted by waku at 22:40| 宮崎 ☁| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月10日

継続は力

ベンチプレスと言う、ウエイトトレーニングで主に大胸筋を鍛える種目がありまして。
ベンチに寝っころがってバーベルを上げ下げするわけですが、
そこで使われる器具にフリーウエイトとマシーン、がございます

前者はこんな感じ。
無題.png
ラックから外して上げ下げしてラックから戻すまで、すべて自分の力で何とかしないといけない上に
前後や左右のバランスも自分でとらなければならないので、目的の筋肉以外、細かいトコロも広く鍛えられる、というメリットがあります
デメリットは、バランスを崩したり無理な重さだと潰されてしまう危険もあり、たまに死亡事故すら起きたりするほど
諸刃の刃、シロートにはお勧めできな(ry

後者は、たとえば
スミスマシンてなモノがあります。こんな感じの
shapeshop_ssm-350.jpg
フレームに固定されているレールに沿って、バーベルのシャフトが上下に往復するのですね
フリーウエイトに比べて、上下の動きだけに限定され、自由度が少ない。それでもチェスとプレスのマシーンんなんかに比べ、より「フリー」に近い動作ができる、と言われてます
コレに限らず、総じてマシーンは安全装置なども完備しており、初心者でも比較的安全にトレーニングできます上に、狙った筋肉をピンポイントに鍛えることができる、とも言われます
まぁ一長一短

以前通っていたフィットネスクラブはスミスマシンしかありませんでした
今通ってるクラブはフリーウエイトのみ
かつてのクラブで、スミスマシンでマックス85キロ。これを100キロ挙げるのがささやかな目標でした
まぁ試したところでびくともしなかったわけですが

んで、先日のこと、かつてのホームクラブと同じ機種のスミスマシンが置いてあるクラブの優待券、いただきまして
フリーウエイトで約2年間、トレーニングした結果、どうなったかお試しのチャンス、と出かけてみましたところ
なんと何と、思ったよりあっけなく100キロ、挙がってしまいましたとさ

何年越しかの目標が達成できた喜びに加え
加齢という自然の摂理に逆らい、20代30代の頃の自分を上回れたかと思うと、感慨深いものがあります。
まぁ若い頃がヘタレで、大して鍛えてもいなかったのでね。何とも言えませんが

折りしもきょう、某公共放送ではかの三浦雄一郎御大の特集なぞやっておりまして
御大、75歳でエベレストに登頂した際よりも今回の登山前のほうが圧倒的に筋力が上がっていたそうで
高齢者だろうと鍛えれば筋力は付く、身体能力は向上する、と身をもって証明なさいました
それも、76歳のときのスキーでの転倒で、骨盤骨折と言う大怪我を乗り越えての復帰であり鍛錬であり
その上で成し遂げた今回の快挙

いやまぁ、御大は30代の頃にエベレストの斜面をスキーで滑り降りられたような世界第一級のアスリート
なので、ヘタレが比べるのもおこがましい話なのですがね
御大に比べれば小童のような歳で、年齢を言い訳に自ら限界の線を引くのは愚かしいことだよなぁと、改めて思った次第でした
諦めたらそこで試合終了ですよ、と言う安西先生の名言もあることですし。よし、まだまだ頑張ろうっと


すげ、業務用ってこんな高いんだ…


個人で買って家トレならこの辺りかな…
posted by waku at 22:18| 宮崎 ☔| Comment(0) | 筋トレ・運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月23日

趣味、に追加

ゴールデンウイークに行ったキャンプ場に備えられているボルダリングのウォールで
ここ数年に無く課題がこなせた
って言っても8級って課題が全クリできたくらいなのですが
多分にそれを理由に、
ああ、もうこれは、人生折り返しを過ぎたであろうこれから先の、新たな趣味に付け加えようと

IMGP1022.JPG

こんな本を買ってみて

IMGP1023.JPG

ちょっと勉強した気になって

IMGP1024.JPG

ああ、やっぱりマイシューズを手に入れるべきなのねと、その気になって

IMGP1018.JPG

最寄のアウトドアショップに駆け込んでしまったきょうこの頃。
詳しくはまた後日

それにしても三浦雄一郎さんはすごいですねえ。
80歳でエベレスト。無事降りてきてもらいたいものです。







posted by waku at 23:04| 宮崎 | Comment(0) | ボルダリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月16日

いろいろと、体鍛えたい欲求が

ゴールデンウィーク前半は登山
後半はキャンプなぞして過ごしたのですが
何か筋肉痛からの回復が年々遅くなってるような…

登山後、ふくらはぎの筋肉痛が癒えるまで4日ほど掛かりましたでしょうか
大した山でないだけに、いつまでもダメージを引きずったことに納得がいかない
後半のキャンプは、以前に何度かエントリで記したボルダリングのウオールがあるキャンプ場だったのですが
ボルダリングでダメージを受けた前腕部、握力が戻るまでに1週間ほど要しましたとさ
フィットネスクラブでのルーティンの筋トレだけじゃ鍛えられない筋肉は山ほどある、ということなのでしょうが

何か悔しいんで動かせる機会を自分から作りましょうと
ボルダリングは格安の、公共施設に設置されたウオールで練習してみたり

NEC_0008.JPG

NEC_0009.JPG

↑こんなトコ なんと1時間80円で利用可能。まぁ傾斜は緩いし、など初心者でも色々物申したいような施設ではありますが

山登りは、どっかいい所無いですかね、今の居住地、たとえば韓国岳の登山口まで車で1時間ほどなんですけど、
ってまぁ恵まれてる方だとは思うんですがなかなか、仕事の合間を縫っての登山ってのもなかなか難しいし…

せっかく動ける体があるのだから、めいっぱい、とまでは行かないまでも、ある程度は動かしとかないともったいないと思うきょうこの頃

NEC_0007.JPG
↑こんなんはさすがに、なかなか手が出せないですけどねえ

posted by waku at 00:44| 宮崎 ☁| Comment(0) | 筋トレ・運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月30日

1年ぶりの韓国登山

ゴールデンウイーク言うらしいですね。なんか世の中休みの人が多いらしいです。
あんまり関係ないんですけどね。基本的に決まった日にしか休みくれない会社に勤めてるもんで
ただ、私の普通の休みと、嫁さん子供さんの休みが重なったんで、ちょっと山でも登ってみたです。

昨年も登った韓国岳いう山の頂上で

NEC_0004.JPG
嫁さんとセガレ

NEC_0005.JPG
私とセガレ

NEC_0006.JPG
新燃岳も大人しく、遠くに見える高千穂峰もきれいで
高千穂峰も近々、登ってみたくもありますな。なんか火山礫が登山道覆って大変だったらしいですが、
最近はボランティアの方々の尽力で登りやすくなってるとか

久々の登山で、親は数日たった今でも脚の筋肉痛を引きずってるわけですが
セガレは「筋肉痛? 何それ?」状態
確かに小学生の時って筋肉痛になったことって無かったような…
最初にひどい筋肉痛になったのは中学校で部活に入ってからだったかなぁ
どんな仕組みなんですかねえ


タグ:韓国岳 登山
posted by waku at 00:33| 宮崎 ☔| Comment(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月21日

安物買いの

スキーのゴーグルの辺りでも触れましたが、長年眼鏡を使用しておりまして
特に30過ぎた辺りからでしょうか、日中の運転が目に優しく感じなくなってまいりました。
若い頃からの長年の近視がたたって、光への耐性が弱くなったのではないかと推察されるところでして
んで、サングラス、特に偏光機能の付いたものを使ってみたところ、なかなか具合がよろしい。
んで、度付きサングラスやクリップオンタイプのサングラスなど、試行錯誤した挙句
近年はオーバーグラスを使う、ってトコに落ち着いてました。
ところが総じて眼鏡の上からかけるものなので、普通のサングラスよりサイズがでかめ。
あんまりでかいと野暮ったい、でも小さすぎると眼鏡のフレームに干渉したりして使い勝手が悪い
で、2年ほど前にね、あまり大きすぎず、なかなかスタイルの良いやつを最寄のスポーツ量販店で見つけたのです。それが

IMGP1008.JPG

これ。まぁ好みは分かれましょうが。
お値段が安かったのもポイントで、英世さん3人でおつりがチャリンチャリンと来ました。
でも偏光はしっかり効いて、こりゃあ良い買い物だったなぁ、と悦に入っていたわけですが
使い始めて1年経たない頃

IMGP1010.JPG

ツルがぽっきり。
あれえ、何か変な負荷でもかけたかなぁ、気に入ってたのになぁ、と
んで、またスポーツ量販店に行ったところ、同じ商品が同じお値段で出てる。
よし、今度は大事に使いましょう、と再びお買い上げ。
それから1年に満たない先日のこと

IMGP1011.JPG

再びぽっきり。

IMGP1012.JPG

しかもまた

IMGP1013.JPG

似たような場所が。
今度は断言するが、妙な負荷などかけてない。眼鏡にとっては通常の使用でこの有様。
レンズのコーティングが剥げてお役御免にした先々代のオーバーグラスは5年以上、同じ使い方をしてフレームにはまったく問題が無かったことや
同じ右側のツル、似たような位置でのぽっきり、を考えると
素材か構造か、多分に構造か、なんにせよ商品自体の欠陥としか考えられず。
1年も持たないことが前提でこの価格設定ならばお得でもなんでもありませんわな。

と言うことで

IMGP1014.JPG

新たな相棒購入

IMGP1015.JPG

前買ったのののお値段の1.5個分くらいかしら。
2年以上持てば勝ちかな…





posted by waku at 19:13| 宮崎 ☀| Comment(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ポチッとお願いします→ にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・タバコへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。