マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!

2010年05月22日

輪をかけて最悪な

 発生地の半径10キロの圏内において、牛や豚など家畜にワクチンを投与する事が決まったようです。
 補償面について不透明ながらも、まずは感染拡大を食い止める、と言うことで、地元の首長も苦渋の決断をした模様。背景には範囲内の養豚農家の9割が、受け入れの判断を示した、などの理由もあるようです。
 本当に苦渋の決断であると思います。国はこの、農家や自治体の決断、繰り返しますが苦しんだ上の決断に報いる補償、経営再建策を講じるべきだと思います。

 一方で、夜になって入ってきた最悪とも思えるニュース。
 県が特例措置として、移動制限区域内にあったにも関わらず避難させたエース級の種雄牛6頭のうち1頭に、感染が疑われる症状が出たとか。
 もちろんこの1頭は殺処分の対象になります。一緒に避難させていた5頭ですが、これは特例処置により経過観察となるそうです。が。
 一頭一頭壁で仕切る形で飼育していたそうですが、他の5頭も同じ農場に居たとの事。
 壁で仕切るくらいで感染が防げるなら、こんなに酷い惨事にはなっていないだろうと。
 残りの5頭も、かなり厳しい状態にあるのではないかと思います。

 この6頭の避難に関しても、賛否がありました。一刻も早い避難を訴えた県に対して、国は「全頭処分されている畜産農家の理解が得られない」として難色を示した、という報道があったやに記憶しています。それでも「宮崎牛ブランドを支えてきた種牛を守らねばならない」という理由で超法規的に避難が認められました。
 その後、移動前に6頭が居た家畜事業団では擬似感蓄が発生。施設内に居た残りの種雄牛49頭は、県の必死の訴えにも関わらず処分されることとなりました。
 よって避難させた6頭が、宮崎牛ブランドの命綱だったのです。

 さて、出荷制限を受けても全頭処分という判定をたとえ下されても、畜産農家は「自分のところの牛が移動できないのに」「自分のところの牛は処分されるのに」といって、「種雄牛だけ特別扱いされるのはおかしい」と言うものでしょうか?
 断じますけれど「それだけは守ってほしい」と思うのでは無いでしょうか。

 6頭を移動させたのは政治的な英断だと思っています。同様に49頭を処分してしまったのは、政治の失策だと思います。
 法定伝染病ですので、あくまで現地や役人は法に沿うしかありません。「超法規的措置」を取れるのは政治家だけなのです。

 さて何が言いたいか。超法規的措置が取れる、その責任を負える、最高責任者である農林水産大臣が、現地からの要請があったにもかかわらず発生発覚当初、現地入りするでもなく、国内にすら「居なくても大丈夫」とばかりに外遊に出かけた。未だに「やるべきことはやっていた」「外遊に出かけていたからといって、対策が遅れたわけではない」などというのが、いかに詭弁であるか、と言うことです。

 今は誰かの責任を問う時期ではなく、対処をしっかりとするべきだ、と言うのは正論かも知れません。しかしそれは、現地から上がるべき声であって、遠く離れた首都で人事のように発する言葉では無いと思うのは私だけでしょうか。

 残りの5頭の無事を祈る一方、この宮崎牛最後の砦が崩壊した暁に、この損失をどう計算し、どう補償するつもりなのか。そして宮崎牛ブランドの経営再建のためにどのような財政支援をしていただけるのか、しっかりと注視させていただきたいと思う次第です。
posted by waku at 02:05| 宮崎 | Comment(0) | 口蹄疫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

こうして生まれる風評被害

 「某市でも感染が出たらしいですね!」
 「某大学の農場らしいですよ!」
 「これで某郡と某町の牛と豚は全滅ですね!」

 などと先日、市内某所で吹聴しまくってたお馬鹿さんが居たのですが。
 死んでください。「氏んで」でも「芯で」でもなく、本当に死んでください。死ぬくらいのつもりで、畜産農家の皆さんに謝ってください。自分が撒き散ららしたのが誤報であると、大きな文字で記したポスターを、サンドイッチマンのように体の前後に貼って歩いてください。

 念のためですが。このお馬鹿さんが吹聴したような事実はありません。

 ご丁寧に「昼の12時の県の発表ではこういうことらしいですよ」なぞと仰っていましたが、そんな時間に県が何かを発表した、と言う事実も無いですし。ホントにあんた、何がしたかったの? と、今度会ったら小一時間問い詰めたい次第で。

 前から「馬鹿だ馬鹿だ」と思っていた人間が本当に馬鹿だったと。当たったからといって誰にご褒美もらえるわけでなし、当たって良かったと思うわけでもなく。
 もう本当に、こんな風にバカなデマをとばす「歩く風評被害」は、牛よりも豚よりも早く処分されてほしいものだと思います。
posted by waku at 02:16| 宮崎 ☁| Comment(0) | 口蹄疫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

涙雨か

 久々に本県、まとまった雨が降りました。

 この雨、防疫と言う意味ではどうなのでしょうか?
 口蹄疫ウイルスは紫外線に弱い、と言う書き込みを某掲示板で見ました。一方で「ウイルスだから湿気には弱い」という話も聞きました。前者であれば恨みの雨でしょうし、後者ならば恵みの雨になったことでしょう。発生県の人間にしてからがこのように、正確な知識を持っておりません。新聞やニュースを見るだけでは分かりませんし、ネット上には何を信じてよいやら、様々な情報が錯綜し、どれが真実やらも判然としません。

 口蹄疫は人間には感染しない、感染した肉が市場に出回ることは無い、もし感染した肉を食べても人体に影響は無い−。基本的に県から繰り返し広報される情報はこれだけです。
 先日、県による非常事態の発令があったわけですが、是非とも、そういった基本的なことを、さらにどういった感染経路が考えれるのか、それを防ぐためにはどうしたらよいのか、など信じるに足る情報の発信、広報をしてほしい次第です。

 さて、一日降り続いた雨です。もしウイルスが湿気に弱いとしても、これだけ降れば消毒用に撒いた消石灰なども流れてしまうことでしょう。防疫作業に当たっている人にとっては、防護服を着た上に雨降りの湿気は堪えることでしょう。ご苦労お察しします。
 その上に、きょうの雨は現地の畜産関係者にとってはやはり、涙雨だったのでは無いでしょうか。

 最初に発生が疑われ、今も感染が拡大している本県の川南町を中心とした半径10キロにおいて、全ての牛、豚に対してワクチンを投与することが、国によって決定されました。
 ワクチン投与、と言っても決して治療のためではありません。投与によってウイルスに感染したとしても発症を遅らせることが出来る、そのことによってウイルスの拡散を防ぐとともに、殺処分の埋却場所を確保する時間稼ぎをするための投与です。
 なお、ワクチンを投与された牛や豚は、発症しないためウイルスに感染しているかどうかの判別に時間が掛かります。よって投与された牛、豚は、たとえ発症していなくても、さらには感染していなかったとしても、その検査すらされることなく、国際ルールにのっとって全て、殺処分されます。

 埋却地が決まらないため殺処分が間に合わず、感染・発症しているにも関わらず未だ多くの牛や豚が生かされ、ウイルスを撒き散らしているという話も聞きます。また、獣医はまず殺処分に刈り出されて居るため新たに疑いのある牛、豚が出ても検査になかなか回れていない、そういう検査待ちの農場が数十ヶ所ある、と言う現地の農家の方が記した文章も読みました。そういう状況において、今回の国の方針決定、やむをえない部分もあるかと思います。

 一方で、1ヶ月の長きにわたり消毒作業を繰り返し、何とか感染を防いでいる畜産農家がいらっしゃることも事実です。また半径10キロの範囲を見ると、これまで感染が全く確認されていない宮崎市、西都市、日向市の一部も、その範囲に含まれます。そこで畜産を営まれている方、防疫に心を砕いてこられた方々の心中を察するに、いや、とても察しきれるものではありません。本当にかける言葉すら見つからない。

 そういった中で、「(防疫に関して)ちまちま今までと同じ事をやっていてもしょうがない」と言う、現地の人間の苦労を思わないどころか逆撫でする言葉を発する、「埋却地の目処は立ちましたと現地から連絡がありました」などと、現地からしたらどう考えても信じられない嘘を吐く、未だに初動に関しても外遊に関しても「反省することはない」とほざく、そんな人間が農林水産のトップを張っていることに憤りが止まりません。人間としての感情を持っているのかとすら思います。

 ともかくも、一日も早い終息、これは言うまでも無いことなのですが、同時に政府には様々な補償や畜産農家の将来に対する不安の払拭を含めて、早急にビジョンを示すとともにその確実な実行を求めたい。政権の今後がどうなるか知ったこっちゃありませんが、それだけはきっちりやってくださいな。「思いを受け止めた」とか、空疎な言葉の連発はもう、どうでもいいですから。
posted by waku at 00:24| 宮崎 ☔| Comment(0) | 口蹄疫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

そして非常事態宣言

 口蹄疫にかんして、ついに知事が「非常事態宣言」を発する事態になりました。
 新たに感染疑いの農場が10数ヶ所見つかり、前日より2万頭以上処分対象の家畜が出たことによるものです。

 内容は以下のリンクの通り  ※宮崎県のHPに飛びます
 「口蹄疫」非常事態宣言
 
 法的に定められたものではなく、あくまで県独自の施策ですが、コレにより本県における集会やイベントなど、多くが自粛、延期や規模縮小の対象となります。その中にはこれからシーズンを迎える、中高生達のスポーツイベントも含まれます。そのほか、県民の日常生活に制約を加える内容を多分に含んでいます。もちろん法的拘束力は無いのですが、知事名でこういった宣言がなされることで、広く県民に今回の事態の容易ならざる状態が伝わると思います。

 私個人はコレまで、東国原知事の県政運営に対して、かなり懐疑的な立場を取って参りました。しかし今回の口蹄疫への対処に関しては、国が全く頼れない中で非常に良くやっているのではないかと思っている次第です。
 一方で、知事が得意としてきた、中央のメディアを使って県をPRするという手法が、この非常事態の中では使えないと。なぜならココで県の最高責任者が本県を離れることは許されませんから。なれば知事は、コレまで散々PRの手段としてきた在京、在阪のマスコミをなぜ、電話で呼びつけるなりして上手く使い、宮崎の危機を大々的にアピールできなかったか、と言う問題もあります。ありますが、それを言ってももうあとの祭りですし。何より批判されるべきは知事より国であり、農水大臣であり農水大臣代理であった人物であろうと。

 農水相、本県に来たとき、「"幸い"半径3kmで封じ込められている。」と発言したらしいですな。半径3キロの中で、11万頭超の家畜が処分の対象となり、感染を広げないために、その範囲の中で埋却処分をしなければならないのです。
 11万頭の牛や豚ですよ。それぞれ人間の大人か、それをはるかに超える大きさです。それを埋める場所を、半径3キロの中で見つけなきゃいけない。
 そういう対応を全部県や現地に丸投げしておいて「私が外遊に行ったことは大した影響ありません」と、「国はやるべきことをちゃんとやっていました」と。こう仰るわけです。

 オチも何も無いです。国の無策、特に理念も何もない現政権に振り回される現場がいかに大変か。
 こういう話、また朝まで掛かっても言い足りないのですが。

 とにもかくにも防疫作業に当たっている現地の方々、ご苦労察して余りあるものがあります。多分こんな場末のブログなぞ見ている余裕は無いと思われますが、陰ながら切に応援申し上げる次第です。

 そして国には、今頃いいわけのように全権を握っていない農水副大臣を現地対策本部長として寄越すんでなく、せめて現地に送り込む本部長に全権を委任するくらいの事をしてから胸を張れと。
ラベル:口蹄疫 無策
posted by waku at 02:24| 宮崎 ☔| Comment(0) | 口蹄疫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

ようやく国が動いて

 本県で発生している家畜の伝染病である口蹄疫なのですが。ここ数日ようやく、全国に向けテレビ各キー局で放送されるに至りました。
 拙ブログでは風評被害を懸念して、そして早期終息を祈念して静観を決め込んでいたわけですが、ようやくされ始めた報道でご存知かと思いますけれども、現地はシャレにならない状況になっております。まさに宮崎牛というブランドのピンチ、といえるほどの。

 ここら辺を参照していただければ

 でわ、なぜに拙ブログで、このタイミングで言い出したかと言いますと。在京キー局がようやく大きく取り扱い始めた上に、既に現地では「風評被害」どころではなく実害の方が大きくなっていると言うのが一つ。その上に、今頃になってどこぞの首相が「日本の畜産にとって非常に大きな問題。政府を挙げて対処する」なぞと言い出しやがって、急遽政府直轄の現地対策本部を、地元に相談もなく設置すると、そして副大臣以下のチームを送り込むと。いう事を、重ねて言いますが今頃になってようやく始めたもんですから腹の虫も収まらなく。

 連休中に良く分からない外遊をなさっていた遅松、違うお粗末、いや馬鹿松、えーと赤松農水相は、外遊から帰国して一日たっぷり休養した後に本県入りし、「対応が遅いといわれるが心外である。やるべきことはやっている」とか会見で胸を張っておられました。んと、国が何もしてくれなかったことを知り尽くしてる現地の人間に向かって何を言っているのだろうと思ってたのですが、きっと会見場に居たテレビカメラの先しか見えてなかったんでしょうね。因みに農水省が外遊している間、農水相代理の肩書きを持っていた本県出身のはずの名前すら出したくない某与党内野党党首は連休中、「グアムかテニアン」と言う言葉しか発してませんでしたしねぇ。

 んで、さらに1週間経って、ようやく政府が口蹄疫で初めて緊急会合開いて、その挙句の首相の前述の言葉。多分2、3日前まで「口蹄疫」って言葉も知らなかったんじゃ無いでしょうか。なんせ決着させるはずの5月に入るまで抑止力の意味を知らなかったらしいですから。
 「宮崎牛? 何それ? もし駄目になっても松坂牛を食べれば良いじゃない」とか、言う会話が、冗談でなく本当に交わされていたんじゃないかと懸念するところです。松坂牛と呼ばれる牛がどこから仕入れられるか、聞いて慌て始めた様な感もありありで。

 で、ココに至って「全力で防疫に努力する」言われても、じゃあ8万頭を超える牛や豚が処分対象となり、宮崎牛ブランドを支えてきた種雄牛まで処分しなければならない、という事態に陥る今まで何してたんだ、と。
 発生事態は天災かも知れません。しかし5月以降。少なくとも農水相の外遊辺りからは、しかるべき人が適切な対応をしなかった、人災の臭いがプンプンするのです。

 ただ、コチラにいらっしゃった方々に誤解をしてほしくないのですが、いま市場に出回っている肉は、宮崎産であろうとなかろうと、牛だろうが豚だろうが、間違いなく安全なものです。いや、口蹄疫に罹った牛豚の肉でも、人間に影響はない、と言われていますけれども。しかし、そういった牛豚が市場に出回らないように、と言う意味でも防疫対策は行われています。ので、市場に出回っている肉は思う存分味わって頂きたく思う次第で。
 国が早く対応してくれれば、と思う反面、政府が危機感を持った途端、逆に風評被害が心配になると言うこの矛盾した感情をどうしたら良いやら。
posted by waku at 02:41| 宮崎 ☁| Comment(0) | 口蹄疫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ポチッとお願いします→ にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・タバコへ