マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!

2011年01月07日

元日の五ヶ瀬ハイランド

 漸くスキー場に話はたどり着きます。
 1日の五ヶ瀬ハイランド。強風だったようなのですが、さすがに2日連続で、しかも正月早々のクローズは避けたかったのでしょう。正規の開業時間から1時間遅れでのオープンとなりました。

 しかし強風のため、動いているリフトは500メートルのコースを上下する1本のみ。せっかく1000メートルたっぷり、しかも気温がマイナス15度前後で、上質な雪が圧雪の上に乗っているのにもったいないことこの上なし。
 それでも雪質が良いのは何物にも変え難く。いやぁナニをやっても上手く行く。例え転びそうになっても簡単に立て直せるって感じで、ガスで視界が悪い中にあっても、セガレにとっては技術習得に役立ったことと思われます。

 因みにマイナス15度で雪が降ってるときのスキー場の様子は、と言えば
IMGP0438.JPG
 びゅーちほー

IMGP0436.JPG
 分かりますでしょうか。リフトのパイプに水蒸気が凍り付いて、「霧氷」状態になってるのです。
 まさに「♪こお、りの、せかい〜!」by井上陽水、って感じです。

 さて、時間が経つにつれ風も弱まり始め、午後1時過ぎには漸く「1000メートル全面滑走可能」と言うアナウンスが流れました。が。
 セガレと二人、勇んで突っ込んでみたところ、なんと圧雪されて居りませんで。
 クローズだった前日1日+その日の午前中に降った新雪が深雪となって斜面に乗っかっているだけ、と言う、いわゆる「パウダー」と言う状態。
 ボーダーの方とか、スキーヤーの方でも脚前のしっかりなさっている方は「キャホーイ」と歓声を上げながら滑り降りておられましたが。
 プルークボーゲンのセガレとなんちゃってパラレルのオイちゃんがそんな斜面に太刀打ちできるわけもなく。
 斜面途中であえなく沈没。何度も転倒し終いには脱出できず、呆れ顔のパトロールの方に救出していただく羽目になりましたとさ。あ、パトロールの中の人、大変お世話になりました。
 
 とまれ、1000メートルコースの山頂からの眺めは
IMGP0434.JPG
 マーベラス、でございました。
 コレが午後2時ごろでしたでしょうか。この頃には時折青空も見えて。

 この冬あと何度訪れることが出来るか。そのときは風もなくそれでいて雪質が良い、と言う好条件に恵まれればなぁ、と思いながら
IMGP0440.JPG
 スキー場を後にした次第です。

 コレを持ちまして我が家の年越しスキー旅行の巻、おしまいにございます。どんとはれ。
posted by waku at 00:40| 宮崎 ☀| Comment(2) | スキー・スノボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月31日

冬の嵐か

 さて我が家、昨年同様スキー場近くで年越しするため、31日早朝には宮崎市を出発いたします。よって本日は予約投稿でお送りしておりますのですが。

 31日から2日に掛けて、THE大荒れ予報。

 まぁスキーですから、寒いくらいは我慢します。つうか寒いほうが雪質良いので歓迎です。よって厳しい冷え込みってまではまぁ、喜んでたくらいなのですが。
 ここまで低気圧さんに暴れていただくと、寒いだけでは済まない、猛吹雪になってしまう可能性が高く。
 昨年末もブリザードの中、修行のように滑った我が家のスキー行。今年も再現されてしまうのか。もしくは強風でリフトが止まってしまわないか。
 そもそも県北部山沿い、高千穂町五ヶ瀬町は既に雪模様。夏タイヤにチェーンの我が家の布陣で、果たしてスキー場まで無事たどり着けるか? 今からちょっとドキドキです。
 なお、同様に雪国方面を目指される方々、準備を整えた上くれぐれも安全運転で。お互い気をつけましょう。

 ともあれご訪問の皆さん、年も押し迫ったこんな時期まで駄文にお付き合い頂きありがとうございます。どうぞ良いお年を。そして来年もよろしくお願いしますです。
posted by waku at 01:00| 宮崎 ☔| Comment(0) | スキー・スノボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

※緊急 滑り止めは必須です!!

「五ヶ瀬 スキー チェーン規制 12月26日」
というキーワードでの拙ブログへのご訪問があったようです。
その方への情報伝達としては間に合わないでしょうが
本日26日、五ヶ瀬ハイランドへの道は積雪があり、
チェーンやスタッドレスタイヤなど滑り止めが必須です。
なお、この寒波は年内いっぱい続くようで、
本日に限らず暫くの間、十分な準備をしておいでいただくようよろしくお願いします。

似非南国宮崎にあるとは言え、天然雪の降るスキー場です。
五ヶ瀬、特にスキー場のある鞍岡地区は、この時期「雪国」となります。
たとえ朝は夏タイヤで通れても、昼から吹雪となり、夕方には凍り付いている、と言うコトもシーズン中には良くある話でして。
よって、降雪などが無くとも、スキー場にいらっしゃる方はタイヤチェーンなり
なんらかの対策はしっかり講じていただきたいと思う次第です。

なお、最新情報はコチラへ↓
http://www.gokase.co.jp/cgi-bin/gerende/diary.cgi
posted by waku at 10:58| 宮崎 ☀| Comment(2) | スキー・スノボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

ETCがやってきた

 ETC、wikiによりますと「E'lectronic Toll Collection」の略で、日本語に訳すると「電子料金収受」だとか。自民党が与党時代に打ち出した「休日高速1000円」で一気に有名になった、アレですよ。着けてれば、高速道のインターをノンストップで通過出来る、ってヤツです。

 当時は「高速に乗ることもそんなにないしねえ」と、車用品店の賑わいや補助金の申請を申し出る人が殺到したやらニュース、華麗にスルーしてたのですが。
 民主党政権になって、部分部分で高速の無料化実験なんてものを行っている。その是非は取り合えず置いておいて。

 我が家から県北部のスキー場へ向かうに、その無料化真っ最中の東九州道があるのです。
 スキーに行く以外にもたまに、住んでる家より北の方にある実家に帰るにも、東九州道は便利だな、と。
 てな感じで、無料なら乗ってやる、って高速道。無料なのになぜに入り口でチケットを受け取り、出口で領収書を受け取らんといかんの? って話ですわ。
 無料区間と有料区間があって区別せにゃならん言うなら100歩譲って話は分かりますが。東九州道なんて未だ盲腸線。どことも繋がってない方向に行くのに、通行券を受け取る必要性も感じないし、出口に紙切れ渡すだけの職員が居るのも意味不明。

 んで、この冬あと何回通えるか分かりませんが。取り合えずスキーに行くに東九州道は通るよ、って事もあり。某政権下であと2年ほど、ETC搭載車に限り休日上限1000円、続ける言うニュースもチラホラ聞こえてきたこともあり。

 たまたま入った近所の某自動車用品店で、5機限定とチラシに大書されてた商品が午後まで売れ残っていたことも背中を押すきっかけになりまして。漸く我が家でもETC車載機、導入に至りました。
 まぁ前からあの、ゲートに入ったらバーが「パカッ」と開くアレ、正直な話、やってみたかったのですよ。なんかサンダーバードとかみたいで楽しげじゃないですか。

 よって、次のスキー行にまた、ちょっと楽しみが加わったような♪
posted by waku at 02:02| 宮崎 | Comment(0) | スキー・スノボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

五ヶ瀬特産その2

 五ヶ瀬に行くと買い求めるものにワインがありまする。
 20年くらい前からになるのでしょうか。高山の地形を生かしてブドウの栽培を始めまして。
 そのブドウを宮崎市の酒造会社に送ってワインにする、という事業が始まったのが10年ほど前になりましょうか。そして2、3年前からは、その酒造会社の協力を得て、町内にワイナリーをつくり。今は原料の製造から販売まで一貫して町内で行っておりまする。

 ナイアガラ、シャルドネなど、季節によってつくるワインは異なりまして。冬の時期は「ブラックオリンピア」
IMGP0372.JPG

 白ワインながら、ロゼといっても良いくらいの赤っぽい、というか琥珀色というか、鮮やかな色のあるワインです。
 味は、コレもまた毎年のように異なっておりまして。例年は甘みの強い、とは言えべたべたの甘さでは無い上品な甘さが特徴でした。が、今年のコイツは甘さ控えめ。ちょっと酸味がアクセントに。で、非常に風味が強い、どういう風味がどう強いかはなかなか語彙が貧弱で語りづらいのですが。例年に無い「白ワインらしい白ワイン」に仕上がっている、と感じましたです。

 五ヶ瀬町内で取れるブドウの量が限られている関係上、生産されるワインの量も限られておりまして。今回のブラックオリンピアは限定4000本らしいです。
 これもまた、スキーのお土産にいかがでしょうか。
 因みに五ヶ瀬ワイナリーはもちろん、町内の酒屋各店で、さらにはスキー場のパーキングセンター売店でもご購入いただけます。

 はい回し者ですってばよ。
posted by waku at 00:00| 宮崎 ☀| Comment(0) | スキー・スノボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

筋肉痛は無く

 さて久々のスキーにも関わらず、今回脚に筋肉痛はありませんでした。
 さすがに四十路を過ぎたからとて、3日遅れの筋肉痛に襲われるほどの衰えは無いと思われますんで。
 そこから導かれる結果は、初スキーに臨むまでの準備が良かったか、ヌルい滑り方しかしてなかった、と言うことになりますが。

 まぁ五ヶ瀬。500メートルのみのオープンでしたのでね。正直ヌルい滑りだったかも知れません。が、少なくとも約6時間、みっちり滑りましたですよ。
 特に今回は、セガレの面倒を見てましたので。普通の滑り方より抵抗の掛かるプルークボーゲンで滑っていた時間が長うございました。結果、滑ってた斜面は緩くても、脚に掛かる負担は決して緩くは無かったかとおもうのです。

 となれば、ある程度の準備が出来ていたと。
 振り返るに大したことはしてないのですが。
 昨年「スキーのために重要では」と思い定めた登山、下山トレーニングは、10月後半に一回、地元の山に登ったきりですし。

 ただそのときの久々の登山で、翌日太ももに結構な筋肉痛を感じたために太ももを鍛えるべく、フィットネスクラブに行った日はできるだけ、トレッドミルで走るようには心掛けました。そうですね、週2日はマスト、30分ほど。
 脹脛あたりに関しては、ウエイトを担いで踵を上げ下げ。カーフレイズと言いますが、のトレーニングは毎回欠かさず。

 んー、積極的に鍛えてたかつうと疑問符が残りますが。
 ただ冬が近付くにつれ、脚方面は意識して使うようにしてたつもりです。
 そういう小さな意識の積み重ねでも、四十路でも、ちょっとは違うんですね、って。

 そんな小さな経験のご披露でした。
 でも、この程度の積み重ねでも、結構効くものだな、と思った次第です。
posted by waku at 01:50| 宮崎 ☁| Comment(0) | スキー・スノボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

「宮部の特ホル」は五ヶ瀬特産

 コチラで紹介した「宮部の特ホル」
 今回もスキー帰り、買って帰りました。んで昨日、美味しく鍋でいただきましたのです。

 でもって結構「宮部の特ホル」で検索掛けて来られる方がいらっしゃる上、
 ネット上で色々と誤解が生じている様なのであらためて。

 この「宮部の特ホル」を作っているのは五ヶ瀬町の宮部精肉店。
 スキー場に行く途中、熊本県は山都町の馬見原商店街にある「肉のみやべ」とは別のお店です。
 親戚関係にあるかどうかは存じませんが、どちらが本店でどちらが支店、と言うお話でもありません。
 一方で五ヶ瀬の宮部精肉店では桜肉のコロッケは扱っていませんので念のため。

 んで、五ヶ瀬の宮部精肉店はどこかと言えば、スキー場から国道265号へ降ります。それを東へ、熊本県方面へ進むとしたならば、馬見原の「肉のみやべ」はこの国道沿いの商店街にありますね。それをさらに東へ進むと国道218号にぶつかります。
 この218号との交差点を右に、方角で言えば南下、高度で言えば峠を上ります。上って下って、下りきった辺りで左手に見えるは五ヶ瀬町役場。その交差点を左折し、小さな橋を渡ると小さな商店街がありまする。この商店街を赤谷商店街と申します。その中の、Aコープの前を通り過ぎて300メートルほど進んだトコロ、宮崎銀行五ヶ瀬支店の向かい側あたりに見えてくるお店が「宮部精肉店」でありまして。

 ところで今シーズンから、五ヶ瀬ハイランドのスキーセンター、新メニューが加わったようです。その名も「五ヶ瀬宮部の特ホル煮込み」 平日限定メニュー、なので実物は私もまだ見てないのですが。
 「宮部精肉店」の店主に伺ったところ、スキー場の支配人がこの「宮部の特ホル」のファンで、「ぜひスキー場で出したい」と言う申し出があったんだとか。
 この支配人、スキー場に来る前は延岡市の有名なホテルでレストラン関係の責任者をしていたと言う経歴の持ち主らしく、「どんな料理にして出してるか楽しみ」と店主も仰っておりました。

 んー、今度は是非、平日に行って、大好きなスキー場と大好きな特ホル、両方楽しみたいものでありまする。
 でもスキーして特ホルの煮込みとやら食ったら、絶対ビールが呑みたくなるだろうなぁ
posted by waku at 01:40| 宮崎 ☁| Comment(0) | スキー・スノボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

一日遅れの五ヶ瀬レポ

 ほぼ丸一日遅れになりますが、18日の五ヶ瀬レポートなぞ。

 午前8時50分ごろ、五ヶ瀬町鞍岡のゲートを通過。冬タイヤ規制もチェーン規制もなく、地元のお姉さん、笑顔で棒を振って通してくれました。その後パーキングセンターまで道路上には積雪も凍結もナッシング。さすがに標高の高いところには路肩に雪も残っていましたが、パーキングセンターには軽もFR車も、普通に上ってきておりました。

 入場リフトでは。下のほうは雪の気配も無かったのですが、上って行くにつれ、上のほうには霧氷をまとった木がちらほら。そして上りきったリフト降り場には、天然雪がしっかりと残っておりまして。それを踏みしめてゲレンデに脚を踏み入れたならば。

 500メートルはしっかりスノーキャップ。それは当然として、コース両側の斜面には天然雪が積もり、コース全体を白く染めておりました。また、1000メートルオープンとなったとき、滑り出しの起点となる、スキーセンターより上部の斜面はしっかり雪に覆われており、結構早い段階に1000メートル全てオープンになるのでは、と期待が高まったことですよ。

 朝一のゲレンデはいつもながらに最高。終日陽が照っていたものの、午後3時過ぎまで霧氷が溶け残るなど終日そこまで気温は上がらず。よって雪質も午後遅くまでそこまで悪くならず。コースインから撤収まで、結構ご機嫌に初滑りを堪能させていただきました。
 スキー場関係者の方には申し訳ないのですが、入場者数が少なかった、ってのも快適だった理由の一つでしょうね。500メートルだけのオープンにも関わらず、第3リフトの待ち時間は最大で5分ほど。やはり五ヶ瀬は1000メートルで営業してこそ、と思いました。

 とは言え、小さい子どもなぞ連れていると、シーズン最初は500メートルでもしっかりコース幅全部に雪が付いている、と言う状態はありがたい次第で。昨年までのおさらい、そして基礎を徹底的にみっちりと。滑走者もそこそこだったおかげで、きっちりと出来まして。

 何より雪の上で冷たい風に頬をなぶられる、この感触だけは、ゲレンデに足を運ばなければ出来ないわけで。たまにお子さんを放り出して好き放題、「キャッホー」なぞと奇声を上げつつ上から下まで。

 とまれ、今年最初の五ヶ瀬は雪質その他最高でございまして。今季も多くの方々が。訪れていただくとありがたい、つうか九州のスキーヤーなら絶対ソンはしないから一度行ってみなさいよ、って話なのです。ええ回しモノです。

 例によってカメラ、忘れちゃったんで、オープン当日以下の画像は、中の人の日記でも見れば良いじゃない。
posted by waku at 00:12| 宮崎 ☀| Comment(0) | スキー・スノボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月19日

堪能しました

 オープン2日目の五ヶ瀬ハイランド
 500メートルのみの制限付き営業でしたが、久々の雪の感触、頬を撫でる寒風、音を立てて溶ける美しい霧氷、温かいスタッフ。全てがいつもの通り、最高でした。
 ビバ五ヶ瀬。

 さすがに睡眠時間数時間で運転してスキーして帰ってきて。もう電池切れそうなんで、詳報はあらためて。
 取りあえずは繰り返すしか能がないのですがビバ五ヶ瀬と。
posted by waku at 02:15| 宮崎 ☀| Comment(0) | スキー・スノボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

五ヶ瀬ハイランドオープン

 あと7時間もしないうちに。
 宮崎県にある日本最南端のスキー場、五ヶ瀬ハイランドが、今季の営業を開始します。
 昨年に続いて今季も、オープン直前に寒気が流れ込むと言う好条件。
 きっとオープン時の雪質は、最高ではないかと推察されます。

 んー、オープン当日に駆けつけたかった気持ちはあるのですが。リフト代無料で滑らせていただくのも恐縮ですし、平日は当然、セガレが学校ですし。
 と言うわけで私はオープン翌日の18日土曜日に、嫁やセガレと一緒に訪れたいと存じます。さすがに南国県南部平野部に住んでおりますのでスタッドレスタイヤとかは履いておりません。土曜には雪だ凍結だは、落ち着いていただけると助かりますのですが。

 とまれ、好条件下でのオープン初日、おめでとうございます。
 昨シーズンは後半に試練がありました。今季は最後まで、いい感じで続くことを、五ヶ瀬ハイランドのファンとして、南国の一スキーヤーとして、ご祈念申し上げます。
posted by waku at 02:15| 宮崎 ☁| Comment(0) | スキー・スノボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

降り積もる雪雪雪また雪

恵みの雪 五ケ瀬スキー場銀世界に 2010年12月09日 宮崎日日新聞

 県内は8日、冬型の気圧配置のため、最低気温が美郷町南郷区神門で1・1度、五ケ瀬町鞍岡で1・4度となるなど気温が下がった。同町鞍岡の向坂山(1684メートル)山頂付近にある五ケ瀬ハイランドスキー場周辺の山々は、一面真っ白な銀世界に包まれた。
 同スキー場によると、雪は7日昼すぎから降り始め、日中でも氷点下4度になった8日は約5センチ積もった。
 17日のオープンに向け、造雪機などをフル稼働させてゲレンデ造りに追われるスキー場にとって恵みの雪。スキー場業務主任の秋山畩広さん(57)は「寒い日が数日続きそうなので、もっと降ってくれるとありがたい」と話していた。


 ウッヒョ〜! 素晴らしい銀世界ではないですか。
 惜しむらくは林道ではなくゲレンデの様子を写真に撮って欲しかったところではありますが。
 今夜から明日にかけても、更なる降雪が期待できるとのコトで。
 昨年もシーズンイン直前に寒波が来て、早々に1000メートル滑走可能となった五ヶ瀬ハイランド。終盤残念なことにはなったけど、出だしは好調でありました。
 今年も良いシーズンになりますように。

 あ、県北部山沿いの皆様、スタッドレスの準備はお早めに。そして高千穂のゴム屋さん、稼ぎ時ですんでしっかり働いてくださいなw

posted by waku at 14:36| 宮崎 ☀| Comment(0) | スキー・スノボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

冬将軍カモォォン щ(゜Д゜щ)

 さて、季節外れの黄砂が舞ったり開通したての新幹線が止まったり、一昨日辺りから今日に至るまで、全国的に大荒れの天気だったようですが。
 天気の事を書くとたいがいその後の実生活で罰が当たる、という裏設定がある拙ブログ。あまり触れたくは無いものの。
 ここ暫くの大気の動きで、列島全体が一気に冬型モードに突入した感がありまする。
 まぁもう12月なので、いい加減冬型になっても良いと思うのですよ。んで週間予報では、来週頭にまた少し荒れて、その後一気に冬将軍様が遠征あそばされるようなフインキが。

 五ヶ瀬のオープン、今年は12月17日。昨年は冬将軍様の来日を甘く見ておりまして、オープンの日やその後、仕事場のパソコンで雪たっぷりのゲレンデのライブカメラを、指を銜えて眺めていたのですが。

 今年はそういった不測の事態に備え。オープン翌日に有給休暇を申請済みでして。どんと来い冬将軍 щ(゜Д゜щ)。

 
posted by waku at 03:02| 宮崎 | Comment(0) | スキー・スノボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月02日

スキー板が返ってきまして

 昨シーズン、終了間近のスキー場で、雪が少ない中、無理に滑走した挙句、ゲレンデに浮いていた小石などによってスキー板の滑走面に傷が入ってしまったのですが。
 まぁたいした板でもなかったのですがね。愛着だけはあったのと。まだ大事に使えば使えそうだと言う信念のもと、ネットで知った福島は会津若松のスキーショップに、補修とメンテナンスを依頼したのです。

 んで昨日、その板が返って参りました。
 ソールの傷は全くなかったかの様に補修され、エッジに浮いていた錆はナッシング。きっと依頼していたエッジの角度調整も完璧では無いかと、期待も高まります。
 ソールは完璧にワックスが掛かった状態でつるつる。早くゲレンデにもって行って、試したいほどです。

 因みにお世話になった店はコチラ↓
 http://snowcarve.com/top.shtml

 ありがとうございました。来たるシーズン以降も、お世話になるときはよろしくお願いします。
 
posted by waku at 01:56| 宮崎 ☀| Comment(0) | スキー・スノボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

春来たりなば冬遠からじ

 ラストランから約1週間、湿っていたブーツの内側もようやく、完全に乾いたようです。
 先日はダウンにダメージを与えないよう注意しつつファブリーズを振り掛けたウェアを陰干し乾燥。パンツも洗濯後、防水加工を施しました。
 板はネット上で見つけた福島県のショップにメンテをお願いしようと思います。そんなにお高い板では無いのですが、ずぶの素人だった私を、少なくとも中級者くらいまで育ててくれた板です。今後新しい板を手に入れたとして、コレはきっと捨てないんだろうな、って気はしてます。メンテがしっかり出来てれば、セガレに譲るなんてことも出来るかもしれないしねぇ。
 ちなみに今回メンテを頼むショップ、雪の少なくなったゲレンデで付けたソールの傷も補修してくれる上、ワックスも素人より数段手の込んだ方法を施してくれる模様で、仕上がりが今から楽しみです。とは言え、来季のシーズンインまでの保管も頼んだので、返って来るのは11月以降になるのですが。

 わずか5日前には、スノーキャップされたゲレンデに立っていたのに、どうでしょう今日の南国の日差しったら。日中は半袖のTシャツでも、車を運転してて暑いほどでした。
 バンクーバーでは障害者の方々が、いまだ雪の中で熱戦を繰り広げているというのに、コチラは次のシーズン到来まで9ヶ月待つばかりの日々。
 まぁ言うても詮無い話ではありますが。早くも次の冬の訪れに思いをはせる日々が始まりました。

 いや、海でジリジリ皮膚が焼ける夏も、決して嫌いではないのですがねぇ。
ラベル: スキー 始末
posted by waku at 01:59| 宮崎 | Comment(0) | スキー・スノボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

幕切れはあっけなく

 最終営業日になる予定だった15日の五ヶ瀬ハイランドスキー場。朝から強風が吹きつけ、リフトが運行できずそのままクローズと言うことになったようです。まぁ強風が無くても、終日雨模様だった県内。五ヶ瀬も変わらず雨雲に覆われていたようで、風が無くとも早い段階で残っていたわずかな雪が溶けてしまったであろうことは想像に難くありません。
 その前日まで、500メートルの営業とはいえ、例年以上の陽気の中で奇跡的な雪質を保っていたことを考えるととても残念なのですが。コレばかりはどうしようもありません。来期は好条件になることを願いつつ、私自身もスキー板をメンテに出すなど今期のスキー納めをしたいと思います。

 しかしねえ、天候相手だからしょうがないとは言え、今期は本当に例年にない異常な気象に左右されたシーズンであったことですよ。たまに行く客が翻弄されるくらいですから、中で働いている人たちはとても大変だったことと推察いたします。
 この「異常」気象が恒常のモノとならないよう、温暖化は止まってほしいものだと思います。 かと言って温暖化防止も含め出来もしない約束をアッチコッチでしてるどこかの鳩左ブレを支持するつもりはありませんが 
posted by waku at 02:03| 宮崎 ☔| Comment(0) | スキー・スノボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

五ヶ瀬ハレルヤ

 休憩終了、数時間前からの続きで、五ヶ瀬ハイランドスキー場ネタです。

 一旦は営業休止に追い込まれたものの、こちらに書いた通りの寒波襲来で復活した五ヶ瀬ハイランドスキー場。
 14日のスキー行、実は前日に雨が降ったとの現地からの情報を受けて、「最期を看取ってやるか…」くらいの心持ちでのゲレンデインだったのですけれど。
 朝一にゲレンデに上がってのファーストトラックはどうしてどうして。ハイシーズンを思わせる最高のものでした。
 固くグルーミングされたバーンは、ココココココ、と、エッジを軽く跳ね返し、コチラが圧を掛ければ、シュバー、と溝を刻み。

 1時間ほどそんな圧雪したての斜面を楽しんでいた居たところ、日が登るにつれ雪が緩み始めて。この日のように、またジャブジャブの雪になるのかな、と覚悟した午前10時過ぎから、奇跡のように雲がお日様を隠して。それ以降気温も上がらず、午後遅くまで結構足場のしっかりしたバーンをキープしつつ。

 午後には五ヶ瀬のシーズン終わり名物の、着ぐるみ&コスプレの皆様の出動も。詳しくはコチラ→http://conan-snow.jugem.jp/

 明日が最終営業日とのこと。残念ながら駆けつけることは出来ませんが、180キロほど離れた職場から、最後の盛り上がりを祈念する所存であります。

 今シーズン、全てのスタッフと五ヶ瀬町の皆様、ありがとうございました。
 そして来シーズンも、素晴らしいゲレンデを提供していただけますよう、よろしくお願いします。
posted by waku at 00:44| 宮崎 ☁| Comment(0) | スキー・スノボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月14日

今期ラストライド!

 日本最南端の五ヶ瀬ハイランド、先日書いたとおり、滑りに出かけて参りました。

 昨夜、仕事が深夜までに及ぶことが分かっていたためその前夜にスキー道具一式を積んでいた愛車を、仕事終了後一路北へ走らせ。約180キロほど離れたスキー場まで約3時間掛けて…

 …え?、平均したら時速60キロって法定速度内で問題ないでしょ?
 平均で時速60キロってことは、最大スピードは…、なんて野暮なこと言っちゃいけませんお客さん。

 とまれ、午前3時過ぎに現地到着。3時間半ほど車中で仮眠を取り、午前8時に動き始めた入場リフトに乗ってゲレンデ一番乗りしましたとさ。

 スキーの様子は後ほど詳しく。帰ってきたばっかりなんでチョッと休憩ください。

 ただ、五ヶ瀬ハイランドスキー場の今期営業は明日15日が最終日になるということを取り急ぎお知らせを。
 ちなみに最終日は終日、入場リフトと第三リフト合わせた終日リフト券を1500円で提供するそうです。

 では、待て次回。
posted by waku at 21:10| 宮崎 ☁| Comment(0) | スキー・スノボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

五ヶ瀬復活なう!!

 数日前からの予報に違わず、超一級の寒波が押し寄せた先日10日、低気圧からの水分補給もばっちりで、休止中だった五ヶ瀬ハイランド、明日からは営業再開の様子です。下手すると1000メートルでの営業も可能かも知れない。万歳!!

 …って喜んでばかりもいられないんですよねぇ。列島を襲った今回の寒波で、飛行機は止まるは高速は閉鎖されるは。鎌倉では樹齢1000年を越す神木がポッキリ逝っちゃったとか。我が南国県南部平野部でも雪が舞ってものすごく寒くてだとか。
 何か雪降るの願ってた人間が「スミマセンすみません」って謝らなくちゃいけないような、そこまでの風雪は願ってないっつうの。

 この時期の降雪ってのも、我が南国県でも北部山間部では決して珍しいことではなく、名残雪の範囲なのです。ただ、冬の一番寒い時期にアホみたいな熱波が来たり雨が降ったりするからものすごく異常なものに感じられるという。まぁそれもこれもひっくるめて異常気象なんでしょうが。普通に寒いときに寒く、暖かくなる今の時期は徐々に暖かく、という状態を願っているのは、私もあまりウインタースポーツをしない人と変わらないと思うのですけれど。

 とまれ、出来れば人の生死に関わる事態だけは何とかしてほしいですけれど、それ以外は雪の被害でドコがどうなろうと、申し訳ないですが知ったこっちゃないです。
 日本最南端のスキー場、明日から営業再開する模様で。週末には駆けつけたいと思いますんで、それまで頑張ってほしいものだと思いますです。
 近隣のスキーヤーボーダーの方々、ぜひゲレンデでお会いしましょうぞ。
posted by waku at 01:12| 宮崎 ☀| Comment(0) | スキー・スノボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

降り積もる雪雪雪また雪よ

 何か急に寒くなりましたよねえ
 本日未明以降、列島が寒波に覆われるそうで。
 九州南部でも雪が降る可能性があるとか。そうなればもちろんの事、北部山沿いは積雪もあり得るとか。

 こんな状況を指して「異常気象だ!」と騒ぎ立てる向きもあるのですが、私が南国の県北部に居た10年ほど前は、3月の半ば頃に大雪が降ったりすることも日常の光景だったのです。8年ほど前でしたでしょうか、五ヶ瀬スキー場で初の県体スキー競技が開かれた3月上旬に、スキー場周辺は1メートル近い積雪があったやに記憶しております。

 ので。11日に営業再開を期す日本最南端、ホントに頑張ってほしいことでありますよ。
posted by waku at 03:05| 宮崎 ☁| Comment(0) | スキー・スノボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

営業再開祈念!!

 日本最南端のスキー場、週半ばまでの営業休止となりました。やはり雪不足、かなり深刻な様子です。

 とは言え、もう今季の営業を諦めた、ということではない様で。詳しくは中の人のブログを読んでいただければ分かるのですが。
 10日まで雪造りに専念し、11日以降オープンできるようなら再開、その後、雪が無くなるまで営業する、と。

 昨日は「もう終わりぽ」みたいな事を書いたのですが。そして普通に考えたら、それが傷口を大きくしない策であるやに思うのですけれど。しかし、やはりここは赤字玉砕覚悟で雪造りと営業再開に賭けて頑張っているスタッフの皆様の心意気に応え、200キロほど南の地から、エールと祈りを送りたいと思います。
 先日、雪が無くなりかけのゲレンデで石を踏んで、ソールに傷の入ったマイ板、プロショップに補修とメンテを依頼しようと梱包する寸前までだったのですが延期です。営業再開の雄叫びが上がり次第、是非とも一度は、ゲレンデに駆けつけたいと思う次第で。

 ということで、頑張れ五ヶ瀬ハイランド!
posted by waku at 00:06| 宮崎 ☁| Comment(0) | スキー・スノボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ポチッとお願いします→ にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・タバコへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。