マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!

2009年10月23日

そりゃ若い頃は出来たでしょうけど

 運動会シーズン真っ盛り、って言うかもう終盤ですか。
 私の子どもが通う小学校は今週末なんですけど、もうコレが最後くらいですかね。

 新聞沙汰にはなりませんがこの時期、運動会ではしゃぎすぎて張りきり過ぎて、アキレス腱切っちゃって救急車で運ばれちゃうお父さんが、全国でかなりの数に上るとか。
 いろんな原因あるのでしょうが、これはやはり世のお父さんお母さんが、若かりし頃の自分と今の自分のギャップに気付かず、若かりし頃と同じように動けると勘違いしてることが原因だと推測されるのです。

 例えばバレー部だったお父さん。今ヒョイっとジャンプして、高校生のときの最高到達点まで達することが出来ますか?
 例えば水泳部だったお母さん。何も考えずに1キロ、続けて泳げますか?
 高校生のときの部活動の運動量を、子育て世代になった歳まで保っている方って世界遺産並みにいらっしゃらないと思うのです。
 さらには部活してなかった人にも運動を課していた、週3時間ほどの体育の時間すら、社会人にはありませんし。

 でも、かつての自分は、「インターハイに出るまではなかったけど県でベスト10くらいは競ってた」。そんな記憶だけはしっかりある。
 それを支えてたトレーニングが、ゲロ吐いたり血尿出したりってほど苦しかったものだと言う、嫌な記憶はすっぱり抜け落としたまま。

 その上で日ごろの基礎トレーニングもなしに、県大会に臨んだのと同じメンタリティでスタートラインに立てば、そりゃアキレス腱も切ろうって話ですわ。
 これ、中学高校の時に結構活躍した元選手ほど、やりがちだそうです。
 
 週に2回程度でも、フィットネスクラブに定期的に通ってれば、おのずと結果も違うのですがねえ。まぁそれは経済事情とか就労形態とか色々な問題が絡む話ですし。
 ここら辺、地域に密着し生涯スポーツを目的とした、いわゆる地域クラブが今後発達すると、非常に良いなと思う次第です。
posted by waku at 01:15| 宮崎 ☁| Comment(2) | 筋トレ・運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

正しい…

 昨日もチラッと触れたのですが、今や廃れはしたものの「ビリーズ・ブート・キャンプ」は正しいダイエットのメソッドです。
 ただし、何も運動していなかった人が、いきなりあの運動量と運動の質についていくのは、どう考えても無理です。
 だからといって、再びブルブルマシンや筋肉ピクピクマシンに逃げ込むのはよろしくないことこの上ないのです。

 せっかく買ったDVDの1枚目だけでもいいですから続けて見て、運動を継続することをお勧めします。
 隊長の動き全てをトレースすることが無理なら、出来る範囲で良いんです。たとえ今日は4しか出来なくても、明日5か6できれば良い、そんな気持ちでやれば、いつかきっと、全部出来るようになるはずです。そうやっていつしか2枚目に手を出し3枚目をクリアし、
 …って言うのが正しいダイエットの道なのです。と思うのです。

 さて、禁煙に関して言えば…
 難しいですね。何も補助を使わずスパッと止めるのが一番なんでしょうけどね。
 とりあえず私は経験上、何らかの補助の道具を使ったほうがストレスなく止められるのではないかと言うことを薦めているのです。それが上で述べているダイエットに当てはめれば、「出来る範囲でやっていく」のあたりにつながっていくのです。

 で、ですね。ダイエットにせよ禁煙にせよ、補助を担うものは正しく選ばなければならないと思うのですよ。

 ビリーズ・ブート・キャンプやヒップホップ・アブス、離煙タバコはあり
 脂肪ブルブルマシンと筋肉ピクピクマシン、電子タバコは無し、ですよ。
 
posted by waku at 03:05| 宮崎 ☀| Comment(0) | 筋トレ・運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

一日にして成らず

 はてさて、どうにも毒吐きすぎですかね。人間歳は食ってもなかなか丸くはならないものですねって私だけですか?

 さて、きょうは久々に健康講座に戻りたいと思います。
 そういえば、ここしばらく、フィットネスクラブに行ってもジム内にいる人間の数が明らかに少ないのです。
 これはきっと、ボディビルのコンテストシーズンが終わったから、……では無くて、薄着の季節が終了して、気が緩んだからですね、多分。まぁ実にもったいないことであるよ、と思うのです。個人的には人少ないほうがマシンの順番待ちしたりしないで済むので願ったりなのですが

 毎年のお話なのですが、フィットネスクラブ、季節によって通ってこられる方の数に変動があるようでして。私が見た限りでは、夏が一番多い。薄着になったり水着を着る機会があったり、そんな姿を人前に晒す機会が多いことから、体ヲ動カシテ引キ締マッタ体ヲ手ニ入レヨウ!、って気分になるのでしょうかどうなのでしょうか。

 ただ残念なことに、人間の体は動かしたらすぐ引き締まったり(以前も書いたとおりこの言葉には少々抵抗があるのですが)目に見えて痩せたりはいたしません。あくまで運動の成果は継続の結果として現れるもので、それには概ね3カ月前後の月日が必要となります。
 夏にナイスバディを披露しようと思ったら、遅くとも春先からトレーニングしないと効果ありませんよ、ってことです。

 一方で、3カ月はあくまで体を鍛え始めた効果が出始める、というだけの目安です。ちょっと効果が見えたから、と言って、そこで運動を止めてしまえば、人間の体は急速にもとの状態に戻ります。
 なぜにそうなるか。鍛えて筋肉量が増えれば、日常的に多くのカロリーが必要となります。その、言ってしまえばエネルギー効率の悪い筋肉を保持することは必要最小限にとどめ、いざというときのための脂肪の備蓄を優先させるのは、有史以来長い期間、飢えというものと闘ってきた人類のDNAが備えた合理的な本能ではないか、と想像できるのです。学術的に正しいかどうかは保証しかねるのですが。

 夏の間にナイスバディを作る、という今年の目的には間に合わなかったにせよ、長い目で見れば来年も夏は訪れるわけで。そのときにまた慌てて体作りを始めるより、今から細々とでも継続していく、と言うのは実に正しい戦略では無いか、と思う次第です。
posted by waku at 00:13| 宮崎 ☔| Comment(2) | 筋トレ・運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

汗かきに来たんですよね?

 出勤前に中途半端に時間が空いたモンで、フィットネスクラブにでも行こうかと思ったんですが、暑さにかまけて結局だらだらと何もせず。

 夏になるとプール使う人多いんですけど、フィットネスのプールって、一年通して30度くらいの温水に保ってるトコ多いんですよね。プールってだけで涼しそうな印象はあるのですが、別に泳いで涼しくなるわけじゃないんですけどねえ。でも、施設全体には冷房掛かってるんで、「プールサイドは涼しいけど、プールは生ぬるい」って変な状態になるわけで。

 ジムエリアもおかしいことだらけですねえ。自宅から車で通ってきて、「駐車場代が高い」と文句を言いながらエアロバイクを漕いだりトレッドミルで走ったりラジバンダリ。
 自宅から自転車で、もしくは走ってくれば、駐車場代も掛からないだろうしウォーミングアップが出来て筋トレや各種レッスンに臨めるでしょうに。

 いや、私はウェイトトレーニングがメーンなんで、走っていったりしないですよ。でも、汗かきに来てるはずが、「冷房が効いてない」とか、トレッドミルで走ってる前に扇風機持ってくる輩とか、もう死ねばいいのにとか何しに来てるのかとか思いますね。

 あと、レッスンの合間にせっせと階段を往復してニコチン補充してるお姐さんも。活性酸素と一酸化炭素のダブル摂取って、かなり体に悪そうなんですけど。
posted by waku at 02:12| 宮崎 ☁| Comment(0) | 筋トレ・運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

寝る子は育つ

 昨日の更新以降、なんか気になって、ここしばらくのアクセス解析、あらためて見直してみたら、日に1件以上、「筋トレ」とか「筋肉」+「喫煙」、「禁煙」とかのキーワードで拙ブログに辿り着いている人が居るじゃないですか。

 まぁ辿り着いて過去ログ読んでいただければ良いのですが。それすらもメンドい、って方もいるでしょうから、あらためて。

 喫煙は、筋トレに悪影響を及ぼします(経験上)
 タバコ止めたら、筋トレの効果は増加します(経験上)
 有酸素運動の効果も上がるので、一石二鳥です(経験上)
 有酸素嫌いなトレーニーも、筋トレで息あがることが少なくなります(経験上)

 もうね、目的がパフォーマンス向上でもパワーの向上でも単なる筋肥大であっても、そのいずれにも役に立たない毒物を摂取しながら「影響ないでしょうか?」と訊ねる、「影響ないですよね?」というエクスキューズをネット上に求める、様なことはそろそろお止めになったほうがよろしいかと思う次第で。
 そんな検索かけてる間にタバコ止めてトレーニングするなり、しっかり睡眠とって成長ホルモンの分泌促したりするほうが有意義ですぜ、と。
 
posted by waku at 02:43| 宮崎 ☁| Comment(0) | 筋トレ・運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月02日

巻いただけでは痩せません

 あ、そういえばEMS使った腹筋マシーンの話、でしたね、忘れてました。
 「核心に迫ってきた」などと書きましたが、結論はご推察どおりです。「百歩譲ってあの類の器具で腹筋は鍛えられるかもしれませんが、脂肪は決して落ちない」、これに尽きます。

 某ハンドボール選手は決して、件のベルトを腹に巻いただけであのもの凄い腹筋を手に入れたわけではありません。そして彼がハンドボール選手として活躍している間、一度として彼の腹回りを、分厚い脂肪が取り巻いたことはないはずです。さらに言うなら、そのベルトをCMのために付け始めて以降、腹筋運動はベルトに任せてそれ以外の腹筋のトレーニング、クランチやシットアップなどを怠っている、ということは無いと思います。断言しても良いです。

 番組内で「実験台」に駆り出された人間にしても、腹回りの脂肪がいなくなったことについて、その器具を腹に巻いた以外の運動をしたかどうかについて、触れられることはありません。
 繰り返しになりますが、腹を取り巻いている脂肪は腹筋のためのエネルギー源ではありませんのです。それを取り除くためには全身運動たる有酸素運動が不可欠であり、腹筋運動だけでは何十分続けようと、その脂肪を燃焼させるには不十分なのです。

 なれば、番組内で、数週間そのベルトを巻いて「腹の周りの脂肪が減った」とのたまっている実験台さんたちは、間違いなくベルト巻く以外の有酸素運動を、かなりの高負荷でやっているに違いありません。これも断言していいと思います。

 もうね、通販会社の方々が作り上げる「楽して痩せる」という幻想、その発想力とインチキな誇張され放映されるCMの誘惑に対処するのは大変だろうとは思いますけど。
 「腹を凹ますため」の不良債権をこれ以上、お家に溜め込まないためにあらためて言わせてもらいます。

 走る、泳ぐ、踊るなど、とにかく有酸素系の運動をしなければ体脂肪率は変わりませんし、寝ながらテレビを見ながら腹回りの脂肪が消えてなくなる魔法のギアは、今のところこの世に存在しません。

 んーっと、禁煙は、すみませんどっかに忘れてきたです。次回までに取り返してきます。

 
posted by waku at 00:48| 宮崎 ☁| Comment(2) | 筋トレ・運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月30日

引き締めって何ですの?

 またも深夜の通販番組を見てたのですが、新たな腹筋マシーン、またぞろ売ってましたのですよ。
 よくもまぁ次から次に、と思いますねえ。番組内で、確か3ヶ月前まで「絶大な効果が!」って売っていた「ぶるぶる震えるだけのマシーン(番組中の文言のママ)」に駄目出しているところで大笑いさせていただきました。

 数ヶ月したらこの商品も、自分トコの番組でこき下ろすのか、と

 で、今回の品、スレンダートーンなんたら。目新しい技術ではなく、EMSという、電気刺激を筋肉に与えることで筋肉を太くする、という技術を応用して製品化したものです。

 これまでも、この理論を用いた腹痩せグッズは何度も販売されてました。確かに、「寝たきりになって運動できない人に対して、筋萎縮を抑え、場合によっては筋肥大させる」という効果は学術的に認められている、と理解しています。ぢゃ、健康な人間がこれをやってどれだけの効果がでるのか、と言う点では疑問符が出ていたとおもうのです。

 そう言う疑問に対して、今回はプロ宣言したハンドボール選手を引っ張ってきてましたが、それはまた後日、あらためて。

 前置きが長くなりすぎましたが、番組内でやたら繰り返していた、「腹筋を引き締める」という言葉遣いについて。この定義が曖昧なのです。
 電気刺激を与えることで、筋肉を鍛えるという製品です。で、筋肉は鍛えれば太くなります。鍛えたから引き締まって細くなる筋肉、ってのは存在しません。陸上のマラソン選手の足が細いのは、脂肪が取れてなおかつ、長距離走には短距離選手ほどの筋肥大が必要ないからこその、効率良い体だと言うことが言えます。

 それでも番組内では、筋肉が太った人間を捕まえて「引き締まった」と表現します。確かに番組に登場するモデルさんは、ビフォーアフターで腹筋が盛り上がり、脂肪が少なくなっています。腹筋が逞しくなっていることについて、そのマシンの効果がなかったとはいえません。しかし、脂肪が減ったことについては、そのマシンの効果は検証されませんし、なおかつ番組中では、「そのマシン以外に運動をしたか否か」について、決して触れられることはないのです。

 書いてて核心に迫ってきた感があり。長くなった上に、某ハンドボール選手の話とあわせて、自分なりの結論はまた後日、記したいと思います。
posted by waku at 02:37| 宮崎 ☁| Comment(0) | 筋トレ・運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

「3カ月」を再び強調 〜ダイエット講座17

 「筋肉バカ」「筋トレバカ」などと職場で褒めそやされる昨今です。
 「女性陣のみなさーん、春日の筋肉はアナタ達のものですよ、ヘッ!」なんてことを言うほどはトチ狂ってはいないのですが。へっ!!

 先日、ウエイトトレーニングで、具体的言えばスミスマシンに依るベンチプレスで、ここ一年ほど突き当たっていた壁、挙上することの出来なかった重量を挙げることが出来ました。
 もう年齢的に、週2回程度のフィットネスクラブ通いと適当な食生活では超えられない壁なのかな、とあきらめていたのですが、さにあらず。単に踊り場が長かっただけというのと、トレーニングの仕方次第でどうにでもなるのだなと、いうことが判明しました。

 以前のトレーニングノート見返してみたら、今年4月アタマに、風邪引いたことをきっかけに、セットの組み方換えてたんですよ。それまでの持久力系から瞬発力系に重点を置くように。どうも、その効果がやっと出た、と思われるのです。

 で、表題に戻りますが、それまでのメニューの組み方から劇的に換えて、効果が出たのがちょうど3カ月後ってことになるのです。以前も「運動してその効果が体に跳ね返るのに3カ月」って書いたことがあると思うのですが、ちょっと自分でも忘れがちだったのですが、あらためて認識できたし、3カ月単位で運動の効果、検証してみたらきっと変わってるはずですよ、ってことで。

 ついでに禁煙ブロガー的視点を忘れずに。タバコ止めました、で3カ月、って人。ほとんどの方、もう吸いたくなくないですか?
posted by waku at 01:57| 宮崎 ☁| Comment(2) | 筋トレ・運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

部分痩せの可能性 〜ダイエット講座16

 夢の部分痩せ、二の腕だけ痩せる、腹回りだけ痩せる。基本的には無理だというお話を、以前からしております。二の腕を取り巻いてる振袖は、腕の筋肉のための燃料タンクではないし、お腹周りの脂身は、腹筋運動のためのエナジーではないのです。

 ただし、という条件が最近の研究でつき始めたようです。誰のどんな論文かとか、調べるのもめんどいんで、健康雑誌などで読んだ記事を私の脳内で適当に咀嚼したものを、そのまま垂れ流させていただきますが。その理論とは

 「筋トレなどでよく動かしている部位には、脂肪がつきにくい」と。

 これに拠れば、痩せたい部位をしっかり鍛えることは部分痩せにつながるということらしいです。
 私の経験上から補足させてもらうと、男性で二の腕に振袖、ってあまり有り得ないのです。前述の理論から考えると、男性は女性に比べ、二の腕の筋肉を使う運動をすることが多く、女性よりその部位の使い方が優れているため、結果として脂肪が付きにくいと。
 なら、女性も二の腕を使う運動をすれば、振袖は解消できる、という理屈になりましょうか。

 盲信してしまえば、私の大嫌いな「腹筋運動すれば腹回りの脂肪は減る」という、トンデモ理論にもつながりそうです。
 ただ、残念ながら、腹回りはとても脂肪をためやすい構造になっているようで。経験から言いますと、私、しっかり筋トレをやってるにも関わらず、有酸素運動が少なかった頃に軽く、お腹周りを脂肪が取り巻いたことがあります。その後、有酸素運動の割合を増やしたら居なくなりましたが。

 あくまで私が経験しただけの話なんで。
 部分痩せなんて簡単って方の体験談を聞きたい方は、そういう方のブログに行っていただければと思う次第です。

 なんせここ、禁煙ブログですし(爆 
posted by waku at 00:17| 宮崎 ☁| Comment(0) | 筋トレ・運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

イントラと仲良く 〜ダイエット講座15

 さて、総アクセス数は増えてるにも関わらず、禁煙カテゴリに登録してるブログランキングからのアクセスは減ってる禁煙ブログです。閲覧者の皆さんいかがお過ごしですか。
 そろそろカテゴリ変更かな、なんてこっちの都合は置いといて、禁煙に成功した方がフィットネスクラブに通い始めたとしたら、という場合のおせっかいアドバイスを今日もひとくさり。

 インストラクター、略してイントラ、ジムで揃いのウエアを着て、胸に身分証ぶら下げてる彼ら。フィットネスクラブに通うのであれば、彼らと彼女らと仲良くなっておくことをお薦めします。運動初心者はもちろん、過去に体育会系の部活動をやってたけど、ここしばらくは運動から遠ざかっていた、という方もです。

 イントラと呼べる程も無く、単なるスタッフじゃん、ってクラブもあるっちゃあるのですが、しっかりしたクラブなら、なんたら指導士だとかなんたらアドバイザーだとか資格を持った人が多いのです。たとえ資格を持ってないにせよ、そっち系の専門学校を卒業してたりトレーニング歴が長かったり指導の経験が豊富だったりって人が多いです。そうでなかったら何でそんなところに就職できてるの、って話です。

 概ね、フィットネスクラブで初心者であることを表明すれば、そういったイントラ勢が、目的に合わせた運動のメニューを組んでくれることになります。ダイエットでもメタボ解消でも筋肥大でも。有酸素と筋トレをバランス良く。施設によっては食生活についての相談も。そして最初の何回かはマシンの使い方も手取り足取り。
 経験者の方、「そんなのイラン!!」と思われるかもしれませんが、体を鍛錬するノウハウは日進月歩です。現役のイントラの彼ら彼女らは、あなたの知らない最新のトレーニング情報やスキルを持っているかもしれませんよ。あ〜だからそこのお父さん、うさぎ跳びはトレーニングではなくて足腰に悪いんですってば。

 何より彼ら彼女らは、総じて話好き、指導好き。ひとつ聞けば引き出しの許す範囲で、こちらが受け取れないほどの指導をしてくれることでしょう、ってそこまで指導好きな人は、実は困るんですけどね。優秀なイントラは多すぎず少なすぎず、こちらの体力その他レベルに合わせ、適切な指導をしてくれるモンです。
 昨日の会費の話ですが、フィットネスクラブへの出費というのはそういう、的確な指導をしてくれる人間への授業料も含めてお金を払う、と言うことになります。

 え? 私ですか? トレーニング中は「イントラであっても近寄るな!!」ってオーラを撒き散らしてるって評判ですが何か?  (・∀・)
 
posted by waku at 03:01| 宮崎 ☁| Comment(0) | 筋トレ・運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

ご利用は計画的に 〜ダイエット講座14

 さて、当然フィットネスクラブに通うとなるとおゼゼが掛かります。やらしい話ですが、資本主義社会に生きている以上、しょうがないですね。

 しかし、私思うのですが、例えばフィットネスクラブの滞在時間がチェックインから運動して風呂入ってチェックアウトするまで3時間だったとして、もしそれだけの時間、パチンコ屋に滞在して1回もビッグもボーナスも確変も引けなかったとしたら、…すみません最近パチンコ業界から遠のいているので言葉が古いかもしれませんが、まぁぶっちゃけ2万や3万や4万じゃきかないと思うのです。10年近く前、当時趣味と言えばスロットくらいだったのですけれど、勝率はとてもwww上では晒せませんのですけれど、初めてフィットネスクラブに足を踏み入れてはまって、「ああ、これくらいのお金で時間って潰せるんだ」と感動したことを覚えております。

 話を引き摺りもどしますと。
 最近は「入会金」取るようなクラブも少ないかと思います。もちろんセレブ御用達とか都心のホテルの最上階にあるとか宮崎でも超高級な45階建ての中にあるとか、そう言う場所のことは存じ上げませんが。
 んで、普通のトコなら、そうですね、一箱300円のタバコを1カ月かけて灰にするのと同じくらいのお値段、+英世さん1枚くらいでフル会員の月会費、賄えると思います。
 またほとんどのクラブで、イブニング会員や週末会員、平日会員など、お安いプランも用意されていると思います。また、一回いくら、と言うクラブもあると聞きます。懐具合やライフスタイルに合わせて、イロイロお選びいただけるかと。

 あとはそうですねえ、「しっかり元を取ってやる」という決意も、ダイエットを後押ししてくれるのではないかと思うのです。1万円の月会費払って一カ月間で1回しか行かないのと週2回程度通うのとどちらがお得か、って話でして。

 もちろん30回行って毎日運動しろ、なんてムチャなことは諸刃の剣、素人にはお薦めでk(ry
posted by waku at 01:14| 宮崎 ☁| Comment(2) | 筋トレ・運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

フィットネスクラブに行こう♪ 〜ダイエット講座13

 昨日の最後、「フィットネスクラブなんて運動できる人ばっかりしか居ないんじゃないかと、そんな不安があろうかと思います。でも決してそんなことはありませんのです」から続けます。

 もちろん、フィットネスクラブには本格的に体を鍛えている人、何かの競技に打ち込んでいて、その補助的な運動をしに来ている人もいます。
 しかし、クラブに来る理由は人それぞれ。ダイエット目的の人もいれば、なんとお友達をつくりに来てる人すら居ます。最近は、メタボ健診で「アウト」言われて来てるお父さんたちの姿も見受けられます。

 大きな目的としては多分、「運動しに来ている」のでしょうが、そのレベルや体型は千差万別、スレンダーな女性やマッチョな男性だけが居るわけではないのです。一回ご近所のクラブに見学など行って頂けたら分かると思うのですが。

 で、ですね、初めて足を踏み入れた場所で他人の目が気になる、というのは分からないでもないですが。
 ずっと通ってる人間からしたら、正直自分が体鍛えるのに精一杯で、そんなに他人のことなんか気にしていない、ってのがぶっちゃけた話です。
 さらに言えば、ごく一部の人を除いて、最初から万能の運動神経を備え、何をやってもうまく行く、すぐに痩せた、筋肉質になった、なんて人は居ないわけで。みんな時間かけてステップが上手になったり重いバーベル挙げられる様になったりしてるのです。

 よっぽどルールが守れてなかったりマナーがなっていなければ、失笑や冷笑、舌打ちの対象になりますが、そこはそれ、世間一般の常識を守っていれば大丈夫かと思います。初心者だからって笑いものにするような意地の悪い人間って、少なくとも私は見たこと無いです。よって、他人の目が恥ずかしいから行かない、行けない、と言うのはかなり本末転倒でもったいない話のような気がするのです。

 フィットネスクラブの話、次回以降も、も少し続けたいと思います。
posted by waku at 00:56| 宮崎 ☀| Comment(0) | 筋トレ・運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

運動する環境 〜ダイエット講座12

 さて、禁煙したら太る、じゃあ痩せなきゃ、ってことで話をいろいろしてきたのですが、3日坊主4日坊主、下手したら「思い立ったときは運動したけど、その1日だけで終わった」って人も多いと思います。

 自宅で運動とか、近所を走るとか、実は結構続かないと言うことはよく分かります。
 小学生や中学生ならいざ知らず、運動って30歳や40歳にもなると、非日常の世界になります。それを日常の延長線上である自宅周りでやるって、結構苦しいモンですよね。

 運動の経験や蓄積があり、それが日常になれば気にもならなくなるのですが。ちょっとお腹が出始めた、じゃあ家の周りを歩いてみるか、でもご近所に、Tシャツと短パン姿でおっきなお腹見せて回るのも嫌だな、ってことになりがちかと推察します。

 んじゃ、どうするか。私はフィットネスクラブに通うことをお薦めしたいと思う次第です。
 思いっきり非日常の世界ですよ。運動したいという人ばっかり集まってるんですから。あそこいったら基本、運動するしかないのですから。

 もちろん、近所でジョギングする以上に二の足を踏まれる方も多いと思います。フィットネスクラブなんて運動できる人ばっかりしか居ないんじゃないかと、そんな不安があろうかと思います。でも決してそんなことはありませんのです。

 そこら辺の話はまた明日以降。
posted by waku at 01:18| 宮崎 ☀| Comment(0) | 筋トレ・運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

ブルワーカーなるもの 〜ダイエット講座11

 さて、いい加減、気を取り直して、と。
 昨日のエントリ書いてて、久々に思い出したので、ブルワーカーの話でもしたいと思います。

 私と同世代か、その前後の男性の方なら説明は不要かと思いますが。
 浜辺で貧弱な体を晒していた色白の男の子が
 「女性は私のことを『貧弱なボウヤ』と馬鹿にした」と述懐始める漫画のCMは、当時どの週刊少年誌にも掲載されていましたね。
 その少年がブルワーカーを使ったトレーニング始め、マッチョな体を手に入れ、女性にモテモテになる、という。

 筋肉に7秒前後の、ごく短く軽い負荷をかけることで筋肉を鍛えるという器具です。アイソメトリック(等尺性筋収縮)というらしいですが、積極的に筋肉の収縮を伴わないものの、負荷をかけることで筋肉が鍛えられるという代物でした。
 
 で、浪人生くらいのときに買って試して、大学時代は思い出したように使っていたのですが、ぶっちゃけ私には、あまり効きませんでした。
 まぁ、今にして思うと、器具や、それによって為し得るトレーニングの性格からいっても、即効性がある代物とは思えないのですよ。大きな負荷がかかるわけではないですから、筋肉痛なども起きませんし。
 「トレーニングは3カ月以上継続して」などと今では言ってる私ですが、若い頃っつうのは即効性を求めがちで。多分、せいぜい1カ月くらい続けては「効果が無い!」ってほっぽり出して、しばらくしたら、また体鍛えなきゃって気になって、もったいないからって引っ張り出して、また「効果が無い!」って… その繰り返しだったような覚えがうっすらと。

 ジムに通って本格的な器具を使ってウエイトトレーニングする、とか、インストラクターにメニュー組んでもらって有酸素に励むとか。そんな状況になれば、ある程度はみんな頑張れると思うのですよ。入会金や月会費など結構なおゼゼ、払ってるってのもモチベーションを保つ理由付けになると思うのです。でも、家で一人トレ、一人運動の時って、さぼり始める理由を探すのは簡単ですし、ましてや運動した気になっても効果が薄かったら、ねえ。

 で、長々何を言いたかったというと、それでも何かを始めようと思ったならば、頑張って、3カ月なり半年なりの単位でやらないと、なかなか効果は見えません、ということで。
 
 多分ブルワーカー、実家の押入れにまだ、眠ったままだと思います。今度帰省する事があったら、引っ張り出して、ちょっと本腰入れて試してみようかな、と思います。
posted by waku at 02:52| 宮崎 ☀| Comment(2) | 筋トレ・運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

とりあえず3カ月 〜ダイエット講座 10

 で、ダイエットを始めたとして、の話なのですが。
 とりあえず3カ月は、頑張って継続してみてくださいな。
 経験上、トレーニングの新しいメソッドを試して、体に跳ね返ってくるのにだいたい3カ月かかるのです。

 単なる私の経験上の話だけでなく、結構、いろんなところでこの「3カ月継続」説が囁かれている、というのも補足しておきます。根拠が何かについては諸説ふんぷん。ごめんなさい、よく憶えてないのですが。

 一応、それらしい話をどっかから引っ張りだして見ると、人間の細胞は日々新陳代謝を繰り返し、3カ月経つとそれ以前とそっくり中身が入れ替わる、というようなことは言われています。参考までに。

 ただ、これだけははっきりしているのですが、ダイエットにしろ筋トレによる筋力強化にしろ、効果は1次関数の、一直線を描くグラフでは現れない、と言うことです。体重をグラフにしてみると、ちょっと下がっては、同じ運動をしているのに踊り場のようにビクともしない期間が出てくる。それでも運動を継続していればまた下がり、また踊り場が来る、と言った具合です。
 毎日計測していれば、その日の食事量や運動量によって、逆に下がらずに上がる日もあるかと思います。それに一喜一憂することなく、とりあえず3カ月。細胞が全て入れ替わったときにどうなってるか。それを想像して、毎日頑張っていくことが大事なのです。

 しばらく運動継続してると、レベルが一段上がった時、明らかにそれを実感できるもんですよ。
 
posted by waku at 00:27| 宮崎 ☔| Comment(0) | 筋トレ・運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

ムキムキ、なんて無理ですから 〜ダイエット講座 9

 筋トレも大事、みたいな事を言うと「ムキムキにはなりたくない」「マッチョは嫌だ」という反応をされる方が、非常に多いのです。
 が、その心配は、ほぼ無用です。

 かつて、昭和40年代には、落語家でさえもボディビルをしていたと言うのに、昨今の、「フィットネスやマラソンやトライアスロンは健康的だけど、ボディビルダーは気持ち悪い」的な風潮は何なんですかね。
 まぁ流行り廃り、人の趣味嗜好は移ろいやすいって話ですよね。ちなみに高校時代、陸上部に所属していた私は毎日のように「ただ走るだけで何が面白いの?」って同級生に聞かれてたのですが、そんな奴らがもし、青島太平洋マラソンに出てたらどうしてくれようか、などと妄想を逞しくしている今日この頃です。

 大きく逸れた話を元に戻しますと、ボディビルダーのような体型、いわゆる「ムキムキ」とか「マッチョ」とか揶揄されがちなあの体型、普通の方はあんな体になるのは絶対に無理です。あの人たちは緻密な計算に基づいて食生活を組み立て、なおかつ血尿が出るほどのトレーニングを重ねてあの体をつくっているのです。「なりたくてもなれない」というレベルでして、「なりたくない」なんて思ってる人は近付けもしないと思います。

 最近でこそ職場で、「筋肉バカ」などと誉められることが多くなってきた私ですが、誉められてませんかそうですか、週2回のペースで3年間、まぁ同年代ではおそらく、トレーニングをしっかり積んでいるほうにカウントされるだろう私も、マッチョだのムキムキだのという体型からは程遠いところに居るのです。

 韓国から来日されて芸能活動を行っている女性が一時期、「筋トレでこんなに腕が太くなった」ってネタにしてましたが、特に女性はホルモンの関係上、よっぽど資質に恵まれた上で激しいトレーニングを積まない限り、そこら辺の男性より太い腕になるなんてことは、まずありません。
 ので、安心して腕立てなり腹筋なり、筋トレに励んでいただきたい、と思う次第です。
posted by waku at 02:25| 宮崎 ☁| Comment(0) | 筋トレ・運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

筋トレも大事〜ダイエット講座8

 サブタイトル、長すぎるんで省略させていただきます。
 ってこうなると、どこが「禁煙ブログ」なのか、って話になりますがキニシナイ (・∀・)

 ダイエットをするに当たり、有酸素運動や食事制限と共に筋力トレーニングをすることは必須である、と言われています。初耳の方もいらっしゃるかと思いますが必須なのです。

 あらためて整理すると、正しいダイエットとは、
 1、バランス良い食事を、1日3回以上に分けて摂り
 2、摂取カロリー以上の運動をする
 3、そして、効率よく脂肪を燃焼させるために、筋肉量を増やす
 という、3本柱の上に成り立っています。

 なぜ、筋肉量を増やす必要があるか。
 人間の筋肉は、車で言うとエンジンに例えられます。そのエンジンが燃料とするのが、車ならガソリン、人体なら糖質や脂質、いわゆる脂肪。
 車で、同じ重量であるなら、排気量が大きいほうがガソリンは多く使う必要があります。
 ざっくりと、人体も同じことと例えるならば、体重が同じならば、排気量がでかい、つまりエンジンたる筋肉が占める割合がでかいほど燃料を多く喰らう、すなわち燃費が悪いと言うことになります。

 車ならエコに反しますが、ダイエットを志す人間にとって、燃費が悪いはイコール、「効率的に脂肪を燃焼させることが出来る」と言うことになるのです。

 長くなりました。続きはまた今度
posted by waku at 01:45| 宮崎 ☁| Comment(2) | 筋トレ・運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

食べる内容もね 〜禁煙成功者のためのダイエット講座 7

 さて、食事回数に加え、食事内容も、と言いたいところなのですが

 すみません、この分野に関してはちょっと勉強不足で。私自身の「感覚」メーンでしか話せないのですが。

 一時期、ダイエットの世界では「炭水化物が悪だ」みたいな事が言われていたわけですよ。米食うなとかラーメン食うな、とか。
 もちろん、飲み会の最後、家に帰ったら寝るだけって状態にラーメンとか雑炊とかって炭水化物の摂り方は、まぁ毒に近いのではないかと思うわけですが。

 日常生活していくうえで、あるいはトレーニングする前にも、炭水化物ってのは、運動のエネルギーたる糖質な訳です。それを全くカットして、たんぱく質摂ってるだけで筋トレやダイエットの効果が出るか、というと、それは疑問な訳で。

 何が言いたいかと言うと「何かを食べたり、何かを食べなかったりということで成り立つダイエット法は間違いである」という、
 数多い私の師匠の中の一人が仰っている、そのままなのです。

 ので、皆さん、バランス良く食い、バランス良く運動を
posted by waku at 02:13| 宮崎 ☀| Comment(0) | 筋トレ・運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

食事も大事 〜禁煙成功者のためのダイエット講座 6

 さて、ダイエットとくればセットになるのは食事です。

 「食わなきゃ痩せる」、これはある意味真理です。が、必要とされる量や栄養素を摂取せずに痩せるのは、「衰弱している」と同義語です。これをダイエットと呼ぶのかいかがなものかと思うのです。
 正しいダイエットはあくまで、ちゃんと食ってそれを上回る運動をして脂肪を燃やす、というものであるべきだと思うのですがいかがでしょうか。

 賛同いただけた方だけ読んで貰ってることにして話を進めます。
 とは言え、飯の食い方にもひとつ、ダイエット効果をもたらす方法がありまして。それは「食事の回数を多く」。
 もちろん、一回の食事量そのままに回数多くしたらカロリーオーバーです。いま現在食べている量を多くの回数で割る、ということです。

 私たちの遠い遠いご先祖様たちの時代、農業を始める前の、いわゆる狩猟で食っていた時代、獲物にありつけない時に備え、食事の数が少なくなったとき、体に出来るだけ脂肪を蓄えるような仕組みに体を変えていったと言われています。そして、その当時のDNAが未だに存在しており、食事の回数を減らすと私たちの体は「脂肪貯蓄モード」に突入する、というのが、いま定説とされています。

 したがって、1日2食より3食、3食より4食、と増やせば、体は貯蓄モードではなく燃焼モードになると言われています。
 ちなみにダイエットの達人(というイメージはあまり普通の方は無いでしょうが実はそうなのです)であるボディビルダーの方たちは、1日の食事を5回から6回に分けて摂る、というのを常日頃から実践されているのです。

 というわけで、最低でも1日を均等に分けて3食摂るということは、しっかりダイエットの一部でもある、ということです。

 オチを付ける元気も無く眠くなってきましたんで今日はこの辺で。
 いつもたいしたオチなんか付いてないだろって突っ込みは受け付けませんのであしからず
posted by waku at 02:36| 宮崎 ☁| Comment(4) | 筋トレ・運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

何が必要か 〜禁煙成功者のためのダイエット講座 5

 さて、禁煙成功して太ったから、とダイエットを始めるにあたり、必要なものは何か。

 いちばんお手軽かつリーズナブルなのはウオーキングであるということは既に書いたとおり。ただ歩くだけ、っつってもやはり、「これは持っておいたほうが良い」ってモノはあるのです。

 まずは靴。ちゃんとサイズが合った運動靴。ウオーキング用とかランニング用とかトレーニング用とかレース用とか、種類は細かに分かれています。まぁ、レース用を選ばなければなんでもいいのですが。個人的にお薦めなのはランニング用です。あと初心者用とか上級者向けとか言うカテゴリもありますので、そこら辺は行ったお店の店員さんと相談してくださいな。

 注意点が2つほど。そういった相談しても的確に答えてくれる店員さんが居る、最低でもスポーツ用品の量販店に行きましょう。サイズがちゃんと合ってるか、なども、靴の種類と使う用途によっても異なります。ので、「ドン」で始まる何でも売ってるディスカウントストアみたいなところで靴を買うのは、酸いも甘いもかみ分けた上級者になってからにしていただいたほうが無難かと思います。

 あと、ちゃんとした店に行けば店員さんがアドバイスしてくれると思いますが、購入する商品の目安は1万円前後がよろしいかと思います。材質とかそれにまつわるコストとか考えると、膝や足首を痛めないような配慮がされている製品はというと、最低でも概ねそのあたりの価格になろうかと思われます。ちょっとお高いかもしれませんが安心料と思ってください。

 次にウエア。これは安い物でも構いません。新品を買う必要もないです。ただ、綿100%のTシャツとかは運動には向きませんで。ポリエステルなりなんなり、化繊で作られたものが良いです。なに、某ファーストリテイリングさんとこの、土日は野口英世さん出してお釣りが来るくらいのTシャツや短パンで十分です。もちろん、お高い高機能ウエアなぞを買って、自分にプレッシャーを掛ける、というのもありだと思いますが。

 心拍数の話を先日書きました。心拍計はあったら便利かもしれません。まぁ私は通ってるフィットネスクラブのマシンが心拍計を備えてますので持っていませんが。

 さて、ウエアは揃えた、ギアも買った。買い物から帰ったそのときは「さぁ明日から頑張るぞ」と思うのです。しかし、歩こうと思っていた朝、雨が降ってたり寝坊したりすると「ああやっぱり無理だ」と、ネガティブ思考に陥り、結局道具買っただけで終わってしまう、という話もよく聞きます。

 結局、ダイエットに一番必要なモノは「絶対痩せる」という、強い意思だったりします。
posted by waku at 02:23| 宮崎 ☁| Comment(3) | 筋トレ・運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ポチッとお願いします→ にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・タバコへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。