マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!

2010年04月16日

まずは皮膚科へどうぞ

 フィットネスクラブ、概ね風呂の脱衣場と別に、いわゆる「パウダールーム」なるものが存在します。鏡があって洗面のカランがあってドライヤーがある。

 パウダーってなんですかね、女性の方が粉はたいてる部屋、って辺りから来たのでしょうか、良く分かりませんが。それは置いといて、私の通うクラブで気になるのは、そのスペースでの男性会員の方のドライヤーの使い方で。

 ドライヤーっつうのは頭髪を乾かすモノだと、私は思ってたのですが、会員の皆様方、胸毛は乾かす、脇の下に熱風を送る。酷い人は足の親指と人差し指、って足の場合は言うんですかね、の間とか。ひどい人になると仕上げに股間辺りに温風を振りかけてる。

 んと、腋臭に水虫にインキンですか?
 なればフィットネスクラブの前に、皮膚科に通ってほしいのですが。

 何回か、それはあんまりだろうと、注意したこともあるのですが、「コレくらいどこのクラブでも普通にやってる」と開き直られる始末。

 自宅でおやりになる分には、全然構わないですが、多分、自宅でそんなことをやってたら、あなたの奥方は暫く口を利いてくれないと思うのですがねぇ。

 少なくとも私は、あなた方が沈沈辺りを乾かしたドライヤーを、その後に使って頭皮を乾かしたくは無いわけで。
 本当にどこのクラブでもそうなのか、分かりませんが、少なくとも私が通ってるクラブではスタッフに事情を話したところ、翌週からパウダールームに注意書きが掲示されるようになりました。

 その上で、その注意を守るかどうかってのはまた別の話ですけど。クラブ側の見解が示されれば、注意もしやすいし、言うこと聞かない人が居ればスタッフ呼んでくれば良いわけで。

 当たり前だと思ってやってる方には、当たり前ではありませんよ、と申し上げるとともに、不快に感じてらっしゃる方は、スタッフに一言申し述べる勇気を持っていただきたいと思うのですよ。
posted by waku at 02:52| 宮崎 ☔| Comment(0) | 筋トレ・運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

きょうの筋トレ馬鹿

 遅い出勤の日でして、会社に行く前に3時間ほど時間が空いたのです。
 こういうときは出勤前にひとっ風呂、てのもいいかなとフィットネスクラブに出かけたのです。まぁ風呂だけじゃ時間も潰せないんで、その前に軽く一汗、トレッドミルで走ればいいかな、とトレーニングウエアも持って。

 でも、筋トレは休日である次の日にしっかりするつもりで。本当に軽く走るか歩くかするだけのつもりで、ジムエリアに足を踏み入れたならば、週末にも関わらずウエイトトレーニングのエリアがガラガラじゃないですか。
 「んー、筋トレの日は明日なんだけどなぁ」
 「んー、でも明日、こんなにウエイトのエリア空いてるか分からないしなぁ」
 「んー、でもこれから仕事だし、筋トレで疲れて仕事に差し支えるのもなぁ」
 などと逡巡すること数瞬。仕事を控えている社会人の選択としてここはキッパリと!

 筋トレしましたぁ。
 ガッツリしましたぁ。
 いい感じで重いウエイト、挙がりましたぁ。
 案の定、仕事中眠いの眠くないの、どっちかと問われれば眠いの。

 チョッと時間があれば筋トレ、って、なんかヤバイ領域に入っているような気もしないでも無いのですが…

 まぁ何とか仕事は無難にこなせたし、休日の明日はフィットネスクラブに行くことなく、嫁さんやセガレと遊べる時間を確保できたので結果オーライってことで。
posted by waku at 01:38| 宮崎 ☁| Comment(0) | 筋トレ・運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

鉄1キロと水1キロ

 なぞなぞです。
 「鉄1キロと綿1キロ、重いのどっちだ?」
 
 
 正解はもちろん「どっちも一緒」。
 まぁ綿1キロなんてどれだけ嵩張るか知りませんが。

 でわ2問目。「鉄10キロと水10キロ、重いのどっちだ?」
 正解はもちろん「どっちも一緒」の、はずなんですが、ねえ。

 我が家では飲み水や料理に使う水、生協などに置いてある水の自販機から買っております。RO水、とかいう奴。1ガロン100円、3ガロンの大きなボトルで買えば200円とちょっとお得。
 田舎とは言えさすがに県庁所在地、しかも海っぺたの最下流に位置するとなると、水道水をそのまま飲めるほど水質は良くは無いのです。
 浄水器を設置する、という選択肢も考えたのですが、本体購入価格に加え数年に1度フィルター交換しなきゃいけない、そのフィルター代含めメンテの費用や浄水器自体の寿命を考えたときのリッター当たりの値段は、と吟味した挙句、「買った方がまし」という結論に落ち着きまして。
 んで、3ガロン、約11リットル強の水を、水分を多く取る夏場は週に2回以上、最寄の生協に買いに行くのですが。

 11リットル=11キロですよね、水って。
 なのになぜにこんなに重い?

 10キロや11キロや12キロのダンベルなんて、片手でヒョイっと持てるのですよ。それを両手に持つのも、大して苦ではありません。なのにたった11キロ強の水が入ったボトル、重いったらありゃしない。両手にその大ボトル持って、自販機から駐車場の車まで歩いたのですが、手首がちぎれるかと思いました。

 まぁボトルの取っ手の位置とか力点とか作用点とか重心の問題とか、いろいろ小難しい話になってくるのでしょうが。ベンチプレスで60キロ挙げられるからといって、同じ姿勢で60キロの人間を挙上できるか言うたらそれは無理でしょうし。

 でも少なくともなぞなぞの2問目の答えは個人的に、「鉄10キロより水10キロが重い」、と。
posted by waku at 01:51| 宮崎 ☁| Comment(0) | 筋トレ・運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月02日

トレッドミルだけでは足りない

 多少事情のありまして先日、トレーニングでもないのに走らなくてはならない場面に行き当たりまして。
 靴は普通の革靴。下は固いアスファルト。背中にはデイパックに入った3キロほどの荷物。とは言え距離はわずか1キロほど、時間にしてたったの5分程度。
 週に2回は、フィットネスクラブのトレッドミルの上で20分から30分は走っている身です。息が切れることも、汗をかくこともなかったのです。そうそのときは。

 今になって両足のすねの部分、筋肉痛が痛むのです。いわゆる「弁慶の泣き所」からちょっと外側の部分が激しく。わすか1キロ、たったの5分だったのに。

 前にもチラッと書いたことがあるのですが、所詮トレッドミルは走るという動作の擬似行為であって、動くベルトの上で跳びはねてるだけの運動に過ぎません。よって、心肺機能はある程度鍛えられても、実際に走るにあたって使う筋肉全てが鍛えられるわけではありません。
 さらには衝撃を吸収するように設計された動くベルト。その上でいくら跳びはねたところで、固いアスファルトの上を走ったときに刺激される筋肉をすべて鍛えることは不可能なわけで。

 モノの本で読んだところによりますと、トレッドミルの上でのトレーニングしか経験ないにも関わらず、フルマラソンを走りきった、という猛者の人もいらっしゃるようですが、それはあくまで特異な例かと。やはり走るという行為は実地での積み重ねが不可欠ではないかと思う次第です。

 まぁ私は高校卒業と同時に、レースに出るとかいうのは卒業したんで関係ないんですがね。
posted by waku at 02:07| 宮崎 ☀| Comment(0) | 筋トレ・運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

記録更新ブラボー

 本日もまた、筋トレ馬鹿ネタになりますが。

 今週は自分の中で決めている通り、週に2日の筋トレをこなしました。にも関わらずいま現在、上腕三頭の筋肉痛が半端ない。
 理由は2つ。上腕三頭のトレーニングの重量を増やしたことと、上腕三頭を補助的に使う大胸筋のトレーニングで、最高重量を更新したこと。特に後者の効能が大きいのではないかとほくそえんでいる次第です。

 いわゆる筋トレを趣味にしている方々の中に放り込まれれば、私なんてスペックを晒すのも恥ずかしい、そのスジの方々が「ガリ」と呼ばれる部類に入ります。
 スミスマシンでのベンチプレスで挙げる重量が、自重の1.5倍に届かない程度。
 なので「筋トレ」とか「ボディビル」とか、それに類するキーワードでかなりの方が拙ブログにお越しいただくのは、大変心苦しいものがありまする。いやホント、何も有用なお話は出来ないッす。

 その上で、スミスマシンとは言え、1.5倍超に近付きました今回。自分的にはたいへんブラボー。
 とは言え、一度マシンではなく、フリーウェイトのベンチプレスでドコまで挙げられるか、試してみたいところではありますのですけれどね。
 まぁ「ガリ」なんでね。ボディビルの方々が集うジムとか、敷居が高くて近寄れないんですけどね。
posted by waku at 02:43| 宮崎 ☀| Comment(0) | 筋トレ・運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

美味いプロテイン

 さて、10年来のなんちゃってトレーニーなんですけど。
 筋トレに励んでる身として、プロテインの摂取は筋肥大に欠かせないモノだと、ここ数年実感する日々なのです。
 20代後半の頃は食生活だけで何とかしようとしてましたが、若さとトレーニング量だけでは思ったほどの効果も出ず。
 30代半ばから再開したときに、プロテインを取り入れたことが、20代の頃の自分を追い越せた要因の一つではないか、と思う次第です。

 しかしプロテインと言えば「不味い」「飲みにくい」というイメージが付きまといます。
 20年以上前の話になりますが、私が通ってた高校にも全国レベルを誇る部活動がありまして、そこに所属してた部員は練習後、プロテインの粉末を溶かした牛乳を飲んでいたものです。しかし、牛乳の中に振り込んだ粉、どれだけシェイクしても、ダマになって溶けやしない。さらにはそれだけは不味くて飲めないので、たっぷり蜂蜜を溶かし込んで。蜂蜜の量が少なかった時の吐きそうな顔は、今でも脳裏に焼きついています。

 今でも当時と同様の商品はたくさんあります。が、一方で飲みやすい、むしろ様々なスポーツドリンクと比べても「美味い」というプロテインも、最近ではあるのです。やれやれ、ようやく本題ですが。

 で、私の愛用しているプロテインはザバス(SAVAS) アクアのホエイプロテイン100。

 プロテインで唯一、クエン酸を配合しており、爽やかな飲み口と、疲労回復にも一役買ってくれるというお得感。お値段もリーズナブルです。

 あと、DNSのプロテインホエイ100もお薦めです。個人的にはマンゴー味が、一番美味かったように思います。

 実勢価格ではザバスより安いかも。

 なんちゃってトレーニーによる、「飲みやすい」という観点からの紹介なので、コアなプロテインユーザーの方々による「それは違う」という反論は受け付けませんので悪しからず御免しやして。
posted by waku at 02:33| 宮崎 ☁| Comment(0) | 筋トレ・運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

筋トレ馬鹿の日常

 seesaa、今回は大してトラブルも無くメンテ、終えましたことですね。めでたし。

 さて先日、職場の休憩室でたまたま横に座った新人君が訊ねるのです。
 「wakuさんは一日どれくらいのプロテインを飲んでいるのですか?」と。

 また本日、昼食の席で隣になった後輩君が訊ねるのです。
 「wakuさんはご飯の量が少なめなようですが、やはり炭水化物は筋トレの敵なのですか?」と。

 まずはお答えしますと、プロテインは週2回のトレーニングの後、30グラム程度を水に溶いて飲んでる程度です。ものの本によると、「就寝前にも飲め」とか「毎日の食事で足りないタンパク質の補給に摂れ」とか書いてるんですけど、一方で、過剰な摂取は決して体に良くはないようで。まぁなんちゃってトレーニーですんで、そこまで気は使ってないです。
 次に、炭水化物はトレーニングに必須です。ローカーボダイエットとか一時提唱されてましたし、ボディビルの中の人も一時期、コンテスト前は炭水化物を絞るみたいな方法論が一般化してましたが、行った方の実体験として「パワーが落ちる」「記憶力や思考能力が低下する」と。
 単純に考えても、炭水化物は筋トレを行うためのエネルギー源です。筋トレ馬鹿だからといってタンパク質だけ食ってりゃ良いかというと、やはりバランスの取れた食生活が、体づくりには欠かせないわけで。単にそのとき昼飯食い行った先が焼肉屋だったんで、飯粒より肉食いたかったから、ご飯の丼に半分くらい飯が残ってただけです。

 つうか、食生活までそんなにガチガチに頓着はしてません。するのも疲れますし、ソッチがストレスになっちゃ、ストレス発散に筋トレしてる意味もないし。
 けれどあくまで、そんな風な目で職場の新人や後輩や同輩に見られてる、そんな筋トレバカの日常の一こまでした。
posted by waku at 00:51| 宮崎 ☔| Comment(0) | 筋トレ・運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

さて筋肉バカの壁

3日ぶりに筋トレの日、だったんですけど。
 何かねえ。筋肉膨らむ感じがないというか
 まぁいつもどおりのメニューはこなしたのですが、
 いつものように筋肉が張るって感じがないまま、本日のトレーニング終了。

 まぁ、ノルマは果たしてるんで、現状維持は出来てるとして
 現状からの発展が無けりゃ駄目だろって話で
 モチベーションどう維持しましょ
posted by waku at 01:34| 宮崎 | Comment(0) | 筋トレ・運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

ガッチャン ガッチャン

 ちなみにアラレちゃんたら言う漫画の話ではございませんで。

 フィットネスクラブで、マシーントレにせよフリーウェイトにせよ、
 タイトルに書いたような擬音を響かせてトレーニングしてる人が、結構いらっしゃるのですよ。
 扱ってるウェイトの重さとかから判断するに、筋トレ中級者ぐらいの方々から上級者。のはずなんですけれど。

 どう言う事かというと、マシーンなら勢い付けることでウェイトがこすれる、フリーウェイトなら放り出したり放り投げたりって動作をすることでガッチャン、と。

 本人は何か自己満足でもしてるかも知れませんが、これ、周りに居るときってものすごく不愉快なのです。音もそうですし、放り投げる放り出す反動つけて制御できない、って、ちゃんとトレーニング出来てないって話なのですよ。でも本人は自慢げ。「うーあっ!」とか声絞り出して放り投げてガッチャン、とか。
 もうアホかと、バカかと。

 最後の最後、筋肉がウエイトを放り出せ、と要求してるところで丁寧に置くと、そんな些細なことが、あなたの筋肉を鍛えるのだと言うことが、分からないうちはナンボ重いウエイトを扱えても、上級者とは程遠いのですよ。
 早いところそういったことに気付いてほしい人、いっぱい居ることですねぇ。
posted by waku at 01:50| 宮崎 | Comment(0) | 筋トレ・運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

研修頑張れ

 毎年この時期、専門学校生が実習と思しき様子で、私の通ってるフィットネスクラブのフロアに入ってくるのです。
 まぁ微笑ましいです。彼ら彼女らがどんなジムのスタッフになるか、どんなレッスンのイントラになるか。是非とも頑張ってほしいものです。

 で、先日、私が筋トレをしてるときに、正確には筋トレのインターバル中に話しかけてきた実習生君が居たのです。

 実)「こんにちわ。私、今実習でコチラにお邪魔させていただいて…」
 私)「ああ、お疲れさん」
 実)「いい体、されてますけど、何かスポーツされてるんですか?」
 私)「うん、ここでウエイト挙げ下げしてる」
 実)「…」
 私)「…」(間が持たず、水でも飲んどく)
 実)「あ、飲み物とかやっぱり拘ってます? スポーツドリンクとか…」
 私)「…これ、水」
 実)「…」
 私)「… あ、じゃ次のセットやるから」
 実)「…あ、お疲れ様です」

 …

 いやぁ彼ら彼女らには是非とも、良いイントラとかジムスタッフとかになってほしいですね(棒読み
posted by waku at 00:54| 宮崎 ☔| Comment(2) | 筋トレ・運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

ストレッチポールなるもの

 本日はフィットネス用品のご紹介

 ストレッチポールというグッズがございまして。ざっくり言いますと、発泡スチロールで作った円筒に、合成皮革のカバーを被せた、そうですねえ、直径20センチ、長さ1メートルくらいでしょうか、のポール。
 この上に寝そべったり手足をバタバタさせることで筋肉をリラックスさせる、という道具です。

 私の通ってるフィットネスクラブ、ストレッチゾーンの片隅にこのポールが3本ほど転がってるのですが、込み合っているときはオバサマ方妙齢のご婦人方が奪い合うくらいの勢いで引っ掴んではその上でコロコロしたりバタバタしたりしてるのです。

 でね、「ホンマかいな」と思いつつ、私も見様見真似でやってみたのですよ。そしたら、…最初の感想は、正直「気持ち悪い」。なんかね、骨から筋肉が外れるんじゃないか、ってね、そんな感じがしたのです。以来、半年位は手を出さなかったのですが。

 雑誌とかネットとかで取り上げられるわけですよ、筋肉のアライメントを整えるだの腰痛が改善されるだの。リアルの知り合いとかも「良いですよコレ!」って絶賛で。また、ものの本によると「長い時間使いすぎたり正しい使い方をしないと体によろしくない」みたいな解説もあってですね。んじゃ、正しい使い方を教えてもらおうじゃないの、と、このポールのスタジオプログラムに参加してみたのです。したらば。

 もう最高。
 背中の張りや凝りはいなくなるは、歪んでた感じのあった腰周りはすっきりするは、何かホントに「筋肉が正しい位置に戻る」とか「筋肉がリセットされる」とか、そんな感じが味わえました。

 不思議なものでねえ、イントラの「斜めに伸びるのを感じてください」とか「今、○○の筋肉が伸びています」とか言われると、そんな感じがホントにしてですね。気持ち良くいろんなところが伸びる気がするのです。これ、一人でやっててもなかなか意識するのが難しいのですね。と言うことで、今も最低月に1回は、スタジオプログラムに参加している次第です。

 なので、気持ちが良い、そして体に良さげと言うことは請合いますが、最初から自己流ではやらず、レッスン参加するなりイントラに教えを請うなどしていただきたいとは思います。
 まぁ一回覚えてしまえば、家でも簡単お手軽に出来るディープなストレッチ。所要時間は1回15分ほど。なかなかにお薦めです。

 冒頭にリンク張った正規品は9000円だか7000円だかするようですが、ご家庭用ならそんなにオゼゼかけなくても十分ではないかと思うのですが、いかがでしょう。
 
posted by waku at 22:28| 宮崎 ☀| Comment(0) | 筋トレ・運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

サウナでは溶けません

 事あるごとに「サウナサウナ」連呼してる筋肉馬鹿です。どうもこんばんは。風邪が治るとかインフルに罹らないとか好き勝手言ってますけど、ホントに思い込みですからね。突き詰めれば「単に気持ちいいから好き」ってだけの話です。健康云々の効用については、鰯の頭くらいに考えてもらえば、と思います。

 とは言えサウナ、ホントに体にも、チョッとはいいんだよ、ってのをネット上で検索するとですね、
 「酸素摂取が良くなる」、「高温による刺激で中枢神経の興奮が高められストレス解消」、「血管が拡張して血圧低下」、「血行が促進され肩こりや筋肉痛解消」、「汗腺からの老廃物排出」など、様々な効果があると。ここら辺は疑いないところだと思いますが。

 世のお父さんお母さんの方で、大いなる誤解があるように思うのです。即ち「サウナで汗をかくと痩せる」と言うような。
 私の通ってるフィットネスクラブで、いわゆる入浴会員の方々、サウナ大好きですわ。で皆様、女湯の事情は知りませんので男湯に限定して話をさせてもらいますと、揃いも揃ってサウナの中で立派な太鼓腹を揉んだりさすったりされてるのですよ。

 あのですね。皆様のお腹に詰まってるのは脂肪の塊でありまして。普通に豚肉とか牛肉とかを想像してもらうと分かりやすいと思うのですが、沸騰したお湯の中に豚肉とか牛肉とか投入して、その中で揉み解してれば赤身の中にサシで入っている脂身が溶けてなくなるか、っつうと、そんなわきゃ無いのであります。まあ少しは溶け出して上澄みに脂が浮いたりはしますけどね。
 とは言え、沸騰してもない摂氏80度くらいのサウナの中で、あなたがたのお腹の脂肪が溶けることはありえませんでして。

 せいぜい、摂りすぎた水分が、毛穴から噴き出すくらいの話です。それにしたって1リットルも2リットルも出るって訳ではなく、つまり1キロ2キロの単位で体重が減るなんてことはありえないのです。逆にサウナでそれだけ痩せたとしたならば、人間にとって致命的な量の水分が体内から放出されたってことで、点滴なり緊急の手段を用いて水分補給したほうが良い、と言うことになります。

 「熱いの我慢して座ってるだけで痩せる」なんつうのが可能なら、世の中に太ってる人なんて今の1割も居ないんじゃないか、って話なのですよ。
posted by waku at 02:07| 宮崎 ☔| Comment(0) | 筋トレ・運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

筋肉痛

 出張をしてたために、毎週最低2回と決めているジム通い、先週は1回しか行けなかったのです。これ、てきめんに影響がでるものでして。
 週2回のペースを守ってる限り、そんなに筋肉痛も出ないのですが、週1回しか行かなかったその翌日はほぼ100%、筋肉痛に悩まされます。

 筋肉痛って、筋肉を使ったことで筋繊維に微細な傷がつく、その炎症によって起こる痛みだと思ってたのですが、それならばトレーニングをしたその度に起こらなければ変です。一方、筋肉痛が起こらなかったからと言って筋肥大が起こらないかと言うと、そんなことはないのです。私の経験からすれば、週2回程度のトレーニングを重ねて行けば、大きな筋肉痛がなくとも筋肥大はしていきますのです。

 でもまぁ、たまに筋肉痛に襲われますと、「ああオイラはこんな歳になっても頑張って体鍛えているんだなぁ」って気持ちにはなりますことですよ。
posted by waku at 01:44| 宮崎 ☁| Comment(0) | 筋トレ・運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

踊り場越え万歳

 この日のブログで書いてた踊り場越え、間違いないっす

 いやあ、今日のトレーニング、気持ちよかった。
 ことごとく、うまく行く。回数も最大回数をマークする。何よりターゲットとする筋肉に効いている感覚が味わえる。まぁコレが一番ですな。

 で、大胸筋のトレーニングであるベンチプレスでしっかり大胸筋を言わせたにも関わらず、先日書いた上腕三頭筋のトレーニングで、先日同様目標としていた重量、回数をこなせました。間違いなく、しばらく停滞していた踊り場から、一段上に上ったと思います。

 何かきょうは某巨人軍が県都中心部でパレードしてたり西武のゴールデンルーキーが来宮したりしたとかニュースで言うておりますが、別にどうでもよくてですね。
 頑張ったオイラの体、万歳と

 あ、いや失礼しました。明日以降、報道陣や観光客など、多くのお客さん引っ張ってきてくださいね>西武や巨人の皆様方
posted by waku at 00:15| 宮崎 ☁| Comment(0) | 筋トレ・運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

久しぶりに買いました

 何を、と言われれば某Tarzan

 肩こり腰痛の特集を1年ぶりに組んでたんで。久々に買いました。
 肩こりはないんだけど腰痛は昔からひどいのです。
 特集内で触れられているストレッチポールなどは、通ってるフィットネスクラブでレッスンを受けたりしてるんですけど、それ以外のストレッチとか施術とかに興味を覚えての購入です。

 何とか劇的な改善って、できないモンかなぁ、と。

 ちなみに、ものすごく気になったの、整体とマッサージを融合したようなゴッドハンドの紹介もあったのですが、首都圏でその人しかやっていない上に、70分2万円超の施術料だとか。交通費入れたら4万円以上。絶対無理だってば。
posted by waku at 01:41| 宮崎 ☁| Comment(0) | 筋トレ・運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

踊り場越え?

 先日、ウエイトトレーニングにおきまして、しばらくぶつかってた壁をクリアすることができました。
 上腕三頭筋のトレーニングについての回数が、目標としていたものをクリアできた、ってことなのですが。

 微妙な部分もはらんでまして。そのトレーニングをする前にいつも行っている、ベンチプレスと言う種目があるのです。主に大胸筋を鍛える種目なのですが、補助筋として、上腕三頭筋も使うのです。
 ので、今回クリアできたのが、このベンチプレスで力を出し切らなかったからではないか、って疑惑も、出てくるのです。

 まぁ、疑惑つうか、匙加減なんですけどね。

 近いうちに、「ベンチプレスで手を抜かなかったし、その上で三頭のトレーニングで目標を超え、踊り場を越えた、と確信する」と。そういうことが可能なのではないかと思います。

 んで、そのときにはまた大はしゃぎでブログに書き込むんじゃないかと思うのですが。
 頑張ったぞ俺、って感じで。
posted by waku at 02:00| 宮崎 ☀| Comment(0) | 筋トレ・運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

商品には罪はないのですが

 腹筋運動をすれば全身痩せる、みたいなことを謳う通販会社の商法には正直、腹が立ってしょうがないのですが。
 売っている商品全てに効果がないとか、その商品に価値がないなぞとは思ってないのですよ。

 かつて流行った、鉄パイプを複雑な形に曲げたアブなんたら、言う器具も、確かに首に負担を掛けず、ダイレクトに腹筋に効かせる運動をするというだけなら、責めはしないし優れた道具であったかも知れません。
 筋肉に電気刺激を与える、私が言うところの筋肉ピクピクマシーンですが、例えば骨折で特定部位をギブスで固められている人に効果的な使い方をすれば、ギブスを外したときもそこまで筋肉が萎縮していない、などの効果は見込めることでしょう。また、良くは分かりませんがCMに出てる某ハンドボール選手のように発達した腹筋を手に入れている人にとっては、ソレを使う意義もあるのかも知れません。

 何がアカンのか、と言われれば、そういうダイエット商品を売る立場からすれば当然持っているであろう知識を意図的に歪曲し、事実は隠すわ嘘を吐くわ、そうやって売りつけた商品を数ヶ月なり数年なり経ったら自ら否定する。「あの商品は駄目でしたが、この商品なら確実です」などと次から次へと売りつける。こういった商売の姿勢です。
 画面の片隅に小さく「個人差があります」みたいなエクスキューズが入ってますが、本当にその商品を使ってお腹回りが痩せたとか全身痩せたって方のほうが、非常に特異な個人差の持ち主ではないかと思うのです。

 もうね正直、腹筋鍛える、もしくは刺激を与えるだけで全身ダイエットできる、って言う通販番組の商品、私に言わせればことごとく公共の電波を使った詐欺ですわ。なぜにコレを訴える人が居ないのか、不思議なくらいで。「続けられないから痩せられなかった」なぞと思う前に、ホントに番組で謳っているだけの効果がある商品を販売しているのか、購入されて効果の無かった方はお近くの消費生活センターに駆け込んでもいいくらいの話だと思うのですよ。
posted by waku at 02:02| 宮崎 ☀| Comment(0) | 筋トレ・運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

「引き締め」って何JARO?

 きのうのエントリを書いてるちょうどそのとき、テレビ通販の番組をやってまして、こりもせず筋肉をピクピク震えさせるだけで腹筋が鍛えられ脂肪が落ち腹筋バキバキの体型になる、という機械なぞ売っていたのです。
 いつまで詐欺まがいの商売を続けることやら、そろそろJAROとか公取委とか、はたまた消費者庁とやらは動き出さないといけないんでないの、なぞと思いながら見ていたところです。
 すると、その番組の中でアニメーションが流されまして。その機械を1日2回各30分つけると、見事なメタボ腹が引っ込み、替わりに腹筋が浮き出て、「このように引き締まるのです」なぞとのたまう。

 こういうところにも、筋肉が脂肪に置き換わる、脂肪が筋肉に変換するなどと誤解を生み出す一端もあるのだな、とあらためて思った次第でありますよ。
 この通販番組を作っている会社は、意図的に筋肉と脂肪を混同して、自分とこで売っている機械を使えば腹が「引き締まる」なぞといい加減なことを言っているのですわ。

 そも、腹が引き締まるとは何ぞや。

 脂肪が無くなれば腹回りはすっきりします。ソレは「引き締まる」といっても間違いはないでしょう。
 では何が嘘か。この通販番組は「腹筋に刺激を与えることで腹が引き締まる」とのたまうのです。
 腹筋に刺激を与えるとどうなるか。常識的には刺激を受けた筋肉は太くなります。刺激を受けて細く引き締まる筋肉なぞ存在しません。で、筋肉が太くなることは普通「引き締まる」とは言いませんわね。「腹筋が肥大する」と言うのが正しい言葉遣いです。
 その上で。腹筋が肥大することと、腹回りの脂肪が消えて無くなることはイコールではありません。世のお父さんお母さんが腹筋台に寝転がって何百回シットアップやクランチをしようが、それだけでは腹回りの脂肪は消えてなくなってはくれません。腹筋運動で脂肪が消えない以上、この会社の言う「腹筋を刺激することで腹が引き締まる」というのは、明らかな嘘です。

 この嘘は「脂肪と筋肉は一体である」という偽りの前提で話を進めれば、いとも簡単に解決するのです。腹筋に刺激を与えることで、脂肪が筋肉に変換し、結果として腹回り全体が引き締まる、と。その前提を信じ込ませるために、件の通販番組はあえて脂肪と筋肉を分けて考えさせないような、インチキなアニメーションを作って繰り返し見せているのです。こんな番組を四六時中見せられたら、何の知識もない人たちは「筋肉が脂肪に変換する、その逆もある」なんてでたらめにとり付かれてしまうのも、むべなるかな、と思います。

 何度も言いますが、腹筋は鍛えれば太くなるのであり、腹筋に刺激を与えても腹回りの脂肪は消えてなくなりません。
 百歩譲って筋肉をピクピクさせる機械によって腹筋が収縮したとしても、それによって腹の脂肪は消えませんし、何度見返しても件の通販番組は、その疑問に答える根拠を示しておりません。
 コレは10数年前、アブなんたら言う器具がテレビショッピングに登場して以来、全く変わっていない、通販会社の大嘘商法です。

 お値段、3万円以上もするんですねえ。どれだけ売れているか存じませんが、こんなインチキ商品買うくらいなら、3カ月フィットネスクラブに通うことを、私としてはお薦めする次第です。
posted by waku at 01:34| 宮崎 ☁| Comment(0) | 筋トレ・運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

絶食は危険

 さて、運動をしなければ筋肉が痩せる、という話をきのう書きました。

 筋肉が痩せる、細くなるのは非常に簡単なのです。まずはソレまでしていた運動をしなくなれば、筋肉は急速に痩せます。極端な例ですが、骨折してギブスで固定された人が1カ月なり数ヶ月なりしてギブスを外すと、腕や脚が固定されていなかったほうに比べて数回り細くなっている、などという話を見たり聞いたりしたことはないでしょうか。まさにこれが、筋肉が急速に痩せたという状況です。

 もう一つ筋肉を痩せさせる要因が、必要なタンパク質なりの栄養をしっかり摂らないこと。数日前のエントリの繰り返しになりますが、日常生活を送る以外に全く運動していない人でも体重1キロ当たり1グラム、日常的にトレーニングしている人間なら2グラム、プロスポーツ選手やボディビルダーなど激しい運動をしている人なら3グラムのタンパク質を、人間は1日に必要としています。
 筋肉がその質量を維持するためには、タンパク質を始めとした栄養素が不可欠なのです。外から栄養が補給されなければ、体は体内にその栄養素を求めます。砂漠を旅する駱駝のコブが徐々にしぼんでいくように。で、駱駝ではない人間の体はどうするか、というとなんと、筋肉のタンパク質を分解して、必要なタンパク質を確保しようとするのです。つまり、しっかり食事をしなければそれだけで、筋肉は痩せてしまうのです。ちなみにその分解されにくさから、体脂肪が栄養に回されるのはだいぶ後の方である、と言われています。

 筋肉が痩せれば、当然体重は減ります。しかしコレは危険な痩せ方です。筋肉は人体においてエンジンに例えられるほど、エネルギーの消費が大きい組織です。基礎代謝、などという言葉をお聞きになったことがあると思いますが、筋肉量が多ければその分、普通の生活をしていても消費するエネルギーの量は多い、と言うことになります。その筋肉量が減ればどうなるか、推して知るべし、ですね。
 なお、そんな筋肉が痩せるダイエットで仮に体重は理想体重になっても、体脂肪率は変わっていない。きっと見た目もぷよぷよなのではないでしょうか?

 その状態で、体重が減ったことだけに満足してダイエット前の食生活に戻そうものなら、あっという間に逆戻り、どころか基礎代謝量が減った分、元以上の体重に増えてしまう、コレがいわゆるリバウンドですね。

 もちろん消費カロリーに見合わない過剰な食事は論外なのですが、食事抜きや絶食など摂取カロリーの制限だけに頼るダイエットは、筋肉のみを痩せさせリバウンドしやすくなる、危険なダイエットである、と言えるでしょう。

 さて、ここ数日とりとめも無く栄養摂取とかダイエットとかについて素人の分際が偉そうに書いてますが、なんか基本的な大間違いとかあったらご指摘ご指導いただくと幸いに存じます。
posted by waku at 02:05| 宮崎 ☔| Comment(0) | 筋トレ・運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

では運動を止めたなら

 きのうのエントリに、コメント欄で質問いただきました。ので、本日はソレのお答えと関連事項など。YUKIさん、ネタ提供 ありがとうございます。

 で、頂いた質問はコチラ↓
 >ではでは一度鍛えた筋肉は運動をやめてしまったら、どうなっちゃうのでしょうか?

 答えはですね。はい、痩せます。正確には細くなります。

 「筋肉が増える」などと申しますが、筋トレなどで筋量が増えると言う事象は、具体的にはもとからその人が持っている筋繊維が太くなることを指します。10本の細い繊維から成っている糸の束を想像してください。筋肉が太くなると言うことはそこに、新たに1本ずつの繊維が増えていくわけではなく、今ある1本1本の断面積が太くなっていく、と言うことなのです。

 で、トレーニングをやめると、その1本1本の繊維が、トレーニング前の状態まで細くなるのです。ちなみに、何年トレーニングを積んで筋肉を増やしていたとしても、3カ月も休めば元に戻ってしまう、と言われています。筋トレ馬鹿が、何かに憑かれたかのようにフィットネスクラブなりに通う理由はここにあります。

 ただ、ここで言う「痩せる」「細くなる」という言葉を誤解してほしくないのですが。あくまで筋肉が、という話でして。確かに筋肉が痩せれば体重は落ちるし一旦はやせて見えるかも知れません。が、それはいわゆるリバウンドしやすい、太りやすい体質になる危険性が高いのです。

 ここら辺から、きのうのエントリの最後に書いたあたりにつながっていくのですが、申し訳ありません、もう眠いんだパトラッシュ。

 ってことで、興味を抱かれた方は、また明日以降覗いていただければ幸いです。いや無理くり引っ張ってるわけじゃなくてホントにもう寝ないと明日大変なんだってば。

posted by waku at 02:19| 宮崎 ☁| Comment(2) | 筋トレ・運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ポチッとお願いします→ にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・タバコへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。