マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!

2009年10月20日

なぜにそんな映像を

 ぼーっ、と、酒呑みながら点けてた深夜のテレビ。
 90年代のドラマと歌謡曲の関係を探る、みたいな特集をやってたのです。
 多分首都圏では1カ月以上前にやってた番組だと思うのですが。ので、そこいら辺で当ブログをご覧の方々が「昨日そんな番組やってたかいな」と検索されても、100%引っ掛からないと思いますのでご注意ください。

 ともあれ、90年代の、いわゆるトレンディドラマの画像とか、90年代に活躍された歌手の方々のPVとか流れてたのですよ。
 で、かなりの確率で出演者がタバコ吸いまくり。
 
 90年代ってなんて、喫煙者に寛容な時代だったことでしょう。

 さらには、ダイジェスト版で邪ニさんトコの木村さんチのタクヤ君が写る場面では、必ずタバコ持ってるか吸ってるか、そんな部分を拾ってVTR編集するテレビ局。
 このご時世にいい加減にしませんかと。

 やっぱり元専売公社さんは、今でもTV局にとって影響の大きいスポンサーなのだな、と思わざるを得ない番組構成でしたとさ。
posted by waku at 03:00| 宮崎 ☀| Comment(0) | 喫煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月16日

しつこいッたらありゃしない

 ナンか最近ですね、またタバコ吸う悪夢に取り付かれてるのですよ。
 結構「吸っちゃった」感もリアルで、ひょっとしたら酔っ払ってる間に近所のコンビニに走ってタバコ買って吸ってるんじゃ無いか、と思うほど。

 まぁ田舎ゆえ、近所のコンビニつっても1キロ近くの距離があるわけで、酔っ払った身で走って行ける訳もなく。

 で、そういう夢を見たときの寝起きって、だいたい自分の口臭が酷い時だったりするのです。
 前の晩に酒飲み過ぎて、だとか、寝る前の歯磨き億劫に感じて、だとか。
 結局、かつて喫煙者だった時代に自ら発していた臭いの記憶に、自分の怠慢で生じた口臭をブレンドして、寝起きの脳みそにエラくきっつい映像を再現していると言う。

 喫煙者に対して、人間関係を破壊するほど必要以上に厳しく当たってみたり、いつまで経っても変な喫煙感覚が消えなかったり。
 止めて3年以上になるのに振り回されるニコチンなるもの。
 本当に、摂取されている方は早々に止めるべきだし、
 摂取の一歩手前におられる方は踏み止まってほしいものであることですよ。
ラベル:喫煙 禁煙 悪夢
posted by waku at 02:50| 宮崎 ☁| Comment(4) | 喫煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

格好良くはないらしい

昼間、ぼんやりバラエティ番組なぞ眺めていたのですが、

 その中で、10代から60代まで、あらゆる世代の女性にアンケートを取り、その結果を想像して点数を競う、というゲームをやっていたのです。
 で、お題は「女性が見てグッとくる男性の仕草」
 いろいろ答えが出て、煮詰まってきた終盤、回答者になった爆笑問題・太田光が「あ、タバコ…」と言った瞬間、メーンの司会のタモリさんが「タバコ関係は、はっきり言って(答えの中に)全然ありません」
タモリさんグッジョブb

 爆問・太田はヘビースモーカーを世に喧伝してる上に、こんな本書いてる方なんで
 未だに「タバコを吸ってるってかっこいい」なんて誤解、勘違いも抱いているのでしょうね。

 かつては、某ホットドッグとか某プレイボーイとか、「かっこいいと思う男性の仕草」的なアンケートで、必ずと言っていいほど、タバコを吸う男性の姿の何がしかが、1位2位ではないにせよ、トップ10には入っていたのですよ。20年にも満たないほどの昔には毎年。
 それを考えると、隔世の感がありますなぁ。

 ということで世の男性諸君。もう、タバコ吸ってる姿は、異性から「格好いい」と賞賛されるものではない、と言うことのようです。
 ますここを基本に考えていただいた上で。
 自分の体に良いはずは無い喫煙を始めた理由は何か、そして今後も喫煙を続けていく理由は何か。
 いま一度考えてみてはいかがでしょうか、と。

posted by waku at 00:11| 宮崎 ☀| Comment(0) | 喫煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

汗臭いですよ?

 何度も何度も何度も書いている話で恐縮なのですが。
 タバコ止めると、臭覚がそれまでと比べてとてつもない性能を発揮するようになるのです。それに伴い、タバコ臭以外の臭いについても、とても敏感になるわけで。

 まずは自分の体臭について。「自分の臭いは分からない」ってかつて、コメントいただいたことがありましたがとんでもない。それまで気付かなかった自分の臭いに気づくようになりました。一日風呂も入らずシャワーも浴びないと人間って臭うのですね。
 かつては真夏以外は「新陳代謝の激しい子どもや若者でも無いのに毎日風呂なぞ入らんでも良いわ!」なぞとほざいてたのですが。
 タバコの臭いと相俟って、非常に臭い物を周りに撒き散らかしていたのではないかと、思うと穴があったら過去の自分を入れて上からたっぷりコンクリでも流し込みたいくらいの心境です。

 んで、自分の臭いにすら敏感になるということは、他人に関しては言わずもがな。確かに喫煙者の皆様方、タバコを吸わない人間よりタバコ臭以外の多くの臭いをまとっていらっしゃる。

 秋とは言え、まだまだ日中は気温の高いこともある日々です。喫煙者の皆様方、せめてシャワーくらいは浴びといたほうが、必要以上に煙たがられることはないかと存じますですよ。
ラベル:喫煙 禁煙 体臭
posted by waku at 02:00| 宮崎 ☀| Comment(3) | 喫煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月07日

反面教師

 子曰はく、「吾、(途中略)四十にして惑はず。(再び略)六十にして耳順ふ。七十にして心の欲する所に従へども、矩を踰えず」

 と、孔子先生はのたまっておいでですが。…


 例えば携帯電話、いついかなるときでも、着信があれば取ります。もちろん会話します。電車に乗ってようが、映画館であろうがお構いなしです。
 「携帯ご遠慮ください」と書いてある場所も関係ありません。「ご遠慮ください」って言葉は「遠慮がちに話せばOKです」って意味でしょ? って思ってます。まぁ遠慮がちにも話しませんよ。だって大きな声で話さないと、先方に聞こえないじゃないですか。
 ちなみにマナーモードとか、したこと無いです。着信に気付かなかったら、電話かけてくれた相手に失礼ですし。もちろん着信音量は最大に設定してます。

 あと、例えばフィットネスクラブ。特定のマシーンで、使用時間が制限されてても、自分には関係ありません、年寄りだからいろんな予備動作に時間が必要で、「30分に制限させてもらいます」って貼り紙があっても、自分だけは1時間使っちゃいます。年寄りだからいいですよね?
 運動後のサウナは、私らの独壇場です。昨日のゴルフの話、心行くまで仲間と語り合います。サウナで大声で話すななんて野暮な貼り紙は、無視です。なんて野暮なことが書いてあるのでしょう。

 さらには、例えば喫煙。路上喫煙が禁止されている区域でも、裏道ならOKと考えます。もしくは、携帯灰皿持ってるから、何処で吸っても平気です。なぜ禁止されてるか、考えたことはありません。なんせ自分はタバコを吸う高額納税者です。そんなことを考える必要はありません。


 …50代後半から70代くらいまでの、最近私の周りにいらっしゃる方、周りにいらっしゃった方の行状をまとめてみました。
 ナンかねえ。子どもとか社会人1年生とかに教育しなきゃいけない、良い歳食った大人がコレですわ。あんたらどの面下げて「いまどきの若いモンは」とか言いますか? って話で。もう、反面教師として「あんな大人になっちゃいけませんよ」と、子ども世代の教材にするしか無いわけで。

 それともアレですか 社会的に守らなきゃいけない常識とか規範とかって、会社を定年退職するあたりで免責されて自由にしてよし、ってルールが、実は日本にはあったりするのですかね?
 そういえば先日毒づいた飲食店の親父も、60オーバーだったよなぁ…
posted by waku at 02:57| 宮崎 ☁| Comment(0) | 喫煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

どうしようもない親父の店

 毒づき足りないので、昨日の続きを本日も

 そも、客に「禁煙をお願い」しといて、自分はカウンターの中で吸っといて、
 で、自宅に招いた客の喫煙を許さないホストに対しては「客を客扱いして無い」と憤る
 んと、そのスゴイ矛盾は何なのですか、と。

 アンタんとこの店ではタバコ吸えないんですよね? 客は。店主はカウンターの中で吸えるけど。
 招いたどころか、金払ってアンタんトコロに来る客に対するその扱いって、客を客扱いして無いことにはならないのですか?

 それとも、カウンターに貼ってあった禁煙ご協力依頼のステッカーはひょっとして、所属の飲食店組合か何かの統一見解で嫌々貼ってる代物ですか。
 ソレが意に沿わないモノなら、そんな方針を掲げる団体に喧嘩してでも異を唱えろよ、と。ナンなら抜けてしまえよ、と。まぁソコんトコロは想像だけ逞しくしてるのですけれどね。

 コチラもブログ、匿名で書いてる身なんでですね、なんぼ腹が立っても店の名前晒すなんてコトはしないのですが。なんかヒントぐらいは出しときたいのです。いわゆる頑固親父の店です。宮崎駅から西に向かって伸びてる大通り沿いにあります、って位は許容範囲じゃ無いでしょうか。
 まぁ、カウンターで飯喰らいながら、頑固親父じゃなく単なる「糞親父」の店だったか、と認識した次第です。
ラベル:飲食店 喫煙
posted by waku at 01:44| 宮崎 ☁| Comment(2) | 喫煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月04日

タバコ嫌いは迷惑ですか

 少し前の話なのですが
 とある飲食店に久々に昼飯を食いに行きまして。カウンター席に座ると、その横っちょに「禁煙にご協力ください」なぞというステッカーが貼ってあるのです。
 あれ、この店の大将、バリバリの喫煙者だったよな、タバコ止めたんかいな、なぞと思いながら、出てきた注文の品を喰らっていたら、
 カウンターの中で大将、普通にタバコ吸い始めましたがな。

 以下、カウンターに座ってた私以外の常連客に話してた、大将のお言葉。
 「カウンターの中ですごい換気扇回ってるのに、そっちにタバコの煙出て行かんやろ」
 「そもそも、タバコ嫌うやつは、煙とか臭いが嫌いじゃなくて、吸ってるって行為が嫌なんやろ」
 「俺が腹立つのは、『俺の家は禁煙や』と言って、客を客扱いしないやつ。そんなヤツの家には、絶対行かんし、うちの店にも来んでいい」

 上から順に反論させてもらいましょか
 1、煙、カウンターの外に出てきてました。臭かったです。もし、ソレが無かったにせよ、タバコのヤニが染み付いた指で、お客さんに食べさせる食材いじるのは勘弁してください。
 2、だから、煙や臭い、カウンターの外に漏れてましたってばよ。タバコの煙や臭いが「そんなに広がらない」ってのは、喫煙者の自己中心的な思い込みです。
 3、確かに吸ってる行為は嫌いです。が煙も臭いも迷惑です。以下略
 4、んー、客をお客さん扱いしていないのはあなたのお店では無いですかと小一時間。まぁ、あなたを私の家には端から招こうと思いませんし。あなたの店に行くのももう止めようと、常連さんとの会話を聞いて思いましたですよ。

 結局、タバコ脳ってどうしようもない、ってコトになるのでしょうか。

 まぁ、あなたのトコより美味しい店は会社から余計に5分歩けばあって、さらに今後はそこまで往復する分、体には優しい、って話にはなるのでありがとうと、そう思えば良いって話なのですかね。
ラベル:喫煙 禁煙 飲食店
posted by waku at 02:30| 宮崎 | Comment(0) | 喫煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月30日

だから接客業の人間は…

 今日は仕事の合間を縫って散髪してきたです。
 もう長年通ってる理髪店なのですが、で、以前もチラッと書いたのですが、ここの理容師のお兄ちゃんたち、喫煙率がものすごく高くてですね。
 当然、自分が喫煙してた頃は全くそんなこと気にならなかったわけですが。今となってはもう。
 以前に書いたとおり、息が臭い。ニコチンまみれの服が臭い。何より今回は自分の頭をこねくり回してくれるその指が臭い、と来たもんだ。

 …まぁ、最後にシャンプーで流してくれるから、良いっちゃ良いのですけれど。

 コレも以前に書いたのですが、喫煙者当時人に迷惑をかけた分のしっぺ返しを喰らってるんだろうなぁ、と思います。最初からタバコ吸わない人は、そこまでタバコの臭いが鼻につくことがない、ってのは、実は免責されて居るんじゃなかろうか、などと思うきょうこの頃です。

 今日書くつもりだった筋トレ布教第2弾はまたあらためて。
 忘れちゃいけないロッテのアクオ。いい息さわやか。
posted by waku at 01:43| 宮崎 ☔| Comment(1) | 喫煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

次郎はヘビースモーカーか否か

 「白洲次郎」のキーワードでお越しになる方がここ数日、かなりの数いらっしゃったようです。そうですか、例のドラマ、ようやく最終回が放映されたですか。保守本流のど真ん中だったような人の生涯を描くドラマで、それが長年保守を背負ってきた政党が、結果的に下野した選挙に絡み放映が延期されたと言うのも何かの因果なのでしょうか。

 まぁそこら辺の話はさて置き、実はワタクシ、最終回見ておりません。1話見て、ナンか演出とか主演の方の演技だとかに違和感感じまして。2話目の再放送もチラッと見て、さらにその感を強くいたしまして。
 なんかねえ、熱っ苦しい。まぁ熱い男だったとは思うのですが、私の中でコレまでの出版物などからイメージしてきた白洲次郎という男とは違う、と言う。まぁ単に私の感じたものと、ドラマ制作に関わった方たちの中にあるイメージとの差異でしょうけれど。それはやはり、自分の感覚を大事にしよう、と言うことで、最終回はあえて見なかったです。

 でもまぁ、拙ブログの訪問者は相変わらず「白洲次郎」と「タバコ」のキーワードをセットにして訪れていらっしゃるようなので、最終回でもタバコを吸いまくってたのでしょうね。
 で、次郎は本当にあのドラマに描かれていたごとくヘビースモーカーだったのか。今んトコロ、私には分かりませんです。
 ただ、どっちかつうと彼にはシガレット並みに細く巻かれた葉巻が似合うんではないか、と勝手に妄想はするのです。パイプのイメージはないですね。あ、強く断っておきますけれど、単なる個人的に抱いているイメージですんで。

 そうそう、白洲次郎と夫人の正子に関する展覧会が、11月から我が居住地で開かれるようなのですよ。題して、「白洲次郎と正子の世界展 〜「風の男」と「韋駄天夫人」の物語〜」だそうで。詳細はコチラ
 興味のある方はぜひ、高速1000円の間にお越しくださいませませ

 で、今日も忘れず「いい息長持ち! ロッテのアクオ」と。
ラベル:喫煙 白洲次郎
posted by waku at 01:59| 宮崎 ☀| Comment(0) | 喫煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

休みの日の飲食店

 お休みでした。
 シルバーなんたらは関係なく、先日休みの日に出勤した代休が、たまたま休日に当たっただけなのですが、まぁ休みは休み。家族と外食したりお買い物をしたり、と言うマッタリした一日を過ごせました。さらには昼から生ビールかっ喰らったりして一日飲んだくれてやりました。ウエッ〜ハッハア〜。
 教育上ヨロシクナイ気もするのですがキニシナイ (・∀・)。

 さて、昼の外食は団地の中に最近出来たお店。リーズナブルで家庭的で味も良くて、って評判だったんで行って来たのです。お店の方の対応やお味は噂に違わず評判どおりで満足でした。店内禁煙でないことをのぞけば。そして店主のお友達と思しき常連さんが、店内込み込みの状態にも関わらず委細構わずカウンターでタバコに火を付けまくってたことを除けば。彼らも昼からチューハイ飲みまくってたんで、きっとお休みだったんでしょうけど。酒はともかくタバコはもう少し周り見よう、と。狭い店内で、あんたら以外、お子様連れのファミリー客だったでしょう?と。 夜の飲み屋なら別に咎め立てもしないのですけれど。

 まぁ実際はこちらが一見で、彼らが常連だったので咎め立ても出来なかったのですが。夜の営業時間はともかく、ランチタイムとか休日の昼間とか、ちょっとお店のほうに配慮を求めたいところではありますね。

 そういう店が増え始めた自らの喫煙者時代、舌打ちしていたことは内緒。

 そうそう、イライラしたときはガムなどいかがですか? 今はロッテのアクオなぞお薦めですが。
 
posted by waku at 00:01| 宮崎 ☁| Comment(0) | 喫煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

百害あって一利なし

 さて、一応は連休中、と言うことで、わが社でもお得意様がいる営業系の人間はお休みなのです。
 お付き合いもあり、ストレスもあるのでしょうが、彼らってものすごく喫煙率高いんですよね。
 ちょっと前までねえ、私も外回りの仕事してた時は、相手方の事務所でタバコにシュボッ、とかやってたんですけど。今はそんなんとても無理でしょうし。となると、喫煙者は移動中の営業車の中とかでニコチン補給、ってコトになるんでしょうか? あとは相手方のオフィスがあるビルに入る前に吸って、とか。

 ただ、世の営業マンに一言申し上げたいのですが、取引先の、しかも立場が上の担当者がもしタバコ吸わなかったりタバコ止めた人であったりしたら、直前にニコチン補給するようなことはやめといたほうが無難ですよ。絶対に良い印象は持たれませんから。これは断言しときます。
 ましてや飛び込みの営業とかだったらなおのこと。相手がタバコに対してどういうスタンスか分からないなら、ニコチン補給なんて営業の邪魔以外の何物でもありませんぜ、と。

 タバコ止めて、もしくは化学物質のアレルギーなどがあって嫌煙の人間にとって、タバコ吸ったばっかりの人間と密室で同席し、なおかつ顔突きあわせて会話するのって、結構な拷問に近いくらいのダメージがありますから。

 そんなときはこちら
 口臭をデザインする「いい息、長持ち!LOTTEの ACUO」(棒読み
 ってことでよろしくお願いします
ラベル:喫煙 営業
posted by waku at 00:19| 宮崎 ☀| Comment(0) | 喫煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

世界は嘘だらけ

 って和訳で良いんでしょうか、映画「ワールド・オブ・ライズ」

 虚実入りまくり。ミッションインポッシブルシリーズを、リドリー・スコットが監督したらこうなる、って感じでしょうか。
 付いていけなくはないですが、あっちゃこっちゃ話が飛ぶは、そのタイミングがちょっと変だわ。残念ながら映画館で金払って見るまでのモンでは無かったですな。まぁ100円レンタルあたりが妥当かと。映画館で見られた方にはご愁傷さまでした。

 後は、分かりやすいタバコのアイコン。悪者は吸う。善人は吸わない。アラブは吸う、メリケンは基本吸わない。大物は葉巻、小物は紙巻。メリケンで唯一葉巻吹かしてた、大物とは言い難い役どころのラッセル・クロウは、さて何処に分類しましょうか。中途半端な小役人ではあったのですが。

 それよりラッセル・クロウ、何ですかねえあの太り具合。あれ、いわゆるデニーロアプローチですか? あそこまで太らなきゃ出来ない役でもないでしょうし、あそこまで太ってまで是非とも取りたい役だった、とも思えないのですが。制作側が「ぜひラッセル・クロウに」と言ったとしても、あそこまで太らす必要はないでしょうに。つうかあそこまで太ってたら、言われなきゃラッセル・クロウだって分からないと思うのですよ。

 ってわけで、タバコネタよりラッセル・クロウの行く末が心配なのでした。まぁ次の出演作品では元の体型に戻ってるようで何よりですが。
 
ラベル:禁煙 喫煙 映画
posted by waku at 00:46| 宮崎 ☁| Comment(0) | 喫煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

喫煙と便通

 さて、お題もお題だけにお食事中などの方は読み進めていただかないほうが良いかと思われますが、どうしてもと言う方は自己責任でお願いしたいところなのです。

 で、きのうウンコの話が出たので、ついでに「タバコと便通の関係」などを題材にひとつエントリをでっち上げようと言う次第で。
 経験上、ちょっと出が悪い、と、個室で踏ん張ってみるけど按配がよろしくない、と言うときにシュボッと一服してみたらアラ不思議、するっとお生まれになる、という経験が多々、あったのです。

 が、経験則だけ。先ほど「でっち上げよう」と書いたのは、結果から言うと、ちょっと調べてみたぐらいでは医学的な根拠とか、分からなかったのです。
 多分、タバコ吸うことによる交感神経の刺激とか副交感神経の鎮静作用とか自律神経の緊張などが関係してくるのではないかと思うのですがって済みません、知ってる言葉適当に並べました。全く根拠レスです。てへ。

 あと考えられるのは、喫煙によって呼吸を深くしたことにより、便通が良くなったという効果はあるのかなぁ、という気もするのです。「んなバカな、タバコ吸うのと深呼吸が同じわけない!」とのたまう喫煙者の方もいらっしゃるかと思いますが、深呼吸をバカにしちゃいけません。長年タバコを吸ってるあなた方は、タバコの力を借りないと満足に呼吸もできない、という状況に陥ってるのかもしれませんよ?

 とまれ、喫煙が胃腸をはじめとする消化器に打撃を与える、と言うことは、これまでにも何度か主張してきたかと思います。で、またしても私の経験則なのですが。タバコ止めて以降、タバコの力を借りないと排便できない、気持ちの良い便通がない、と言う状況はここしばらく、経験がないのです。
 こうなると、タバコを吸ったから便通が良くなったと考えるより、タバコを吸うことで慢性的に便通が悪くなりタバコを吸うという刺激で一時的に改善した、とみることもできそうです。

 あくまで推測に過ぎないのですけれど。
 あ、あと申し送れましたが、消防法等の絡みもあって商業施設等多くのトイレは禁煙になってるようですし、最近ではライターやマッチに反応するセンサーも付いてるようですので、不用意に個室で火を点けることはお薦めしませんです。
ラベル:喫煙 禁煙 便通
posted by waku at 00:37| 宮崎 ☁| Comment(0) | 喫煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月04日

習慣、ではありません

 出勤中の車で流してるFMラジオでまた、電子タバコを扱うラジオショッピングをやってたのです。で、大物俳優や芸人が使ってると、まぁそこまでは確かに間違いないようなのですが

 その人たちが「禁煙のために使ってる」と言うのはどうなのでしょう。寡聞にしてそんな話は聞いたことがないのですが。JAROさんトコロの基準に引っ掛かったりはしないんですかね。あと、大物俳優や芸人はともかくとして、電子タバコを使うことで満足して、本当のタバコを吸わなくて良いようになる、と。これこそJAROさんトコロの基準には引っ掛からないのでしょうか、と

 タバコを吸うのは「習慣だ」と、喫煙者の方は仰るのです。かつて喫煙者だった私も言っていました。本当でしょうか?

 例えば私の友人で「ランニングが習慣だ」、とのたまう人間がいます。一日平均5キロ、ほっとくと10キロくらいは走るランニング馬鹿です。「走らないと気持ち悪いんだよね」などと、こちらが気持ち悪いことをつぶやきます。そんな彼でも、雨の日に合羽を着てまで走るかというと、さすがにそこまでは行かないようなのです。

 「習慣」で「走らないと気持ち悪い」という彼ですら、走れなかったからと言って、灰皿ひっくり返してシケモク探すような行動は取ってないようです。

 「習慣」とか「癖」とか「日常」とか、色々言いますが、結局は体からニコチンが抜けていく、そのタイミングで再補充させよう、体から仲間を抜けさせないようにしよう、という、ニコチンのニコチンによる、ニコチンに支配された体と精神によって行われる作業にしか、実際のところは過ぎないのですよ、と

 まあ、今現在ニコチンに支配されている人には理解されない文章だと分かって書いているのが少々空しいのですが。
ラベル:喫煙 禁煙 習慣
posted by waku at 02:51| 宮崎 ☔| Comment(0) | 喫煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月02日

歌におけるタバコのアイコン

 たまたま外を車で回ってるとき、「スイートピーの花から作ったお酒」みたいな話題をラジオでやってたのです。スイートピーは我が県産。途中から聞いたので、そのお酒を造ってるのが何処の酒造会社かは聞き取れなかったのですが。そう、あまり知られてないけど宮崎って全国的にも結構なスイートピーの産地なのですよ。マンゴーや地鶏ばかりでなく、ぜひお土産にいかがでしょう。

 で、その話題が終わった後、お約束のように某松田さんの某赤い花の歌が流れるわけですが。

 歌の歌詞に出てくるタバコ、最近あまりないですか? 最近の歌知らないだけですかね。
 まぁともかく、松田さんの赤い花の歌の中ではシャツからタバコの臭いがした云々。ぱっと思いついたところで、パチンコ屋さんの跡取り息子で俳優兼映画監督に嫁いだ某ウタダさんの初めの恋の歌では、キスの時にタバコの臭いがした、とか何とか。
 喫煙しない女性だから気付く臭いだろうと思われるのですが、ということは決して快い臭いでは無いと思われるのですが。何でしょうねえ歌詞の中ではいい感じのものとして謳われている。なんか、「私はオトナのオトコと付き合ってるの!!」みたいな。

 男の歌だと、やはり某尾崎さんが15歳の時の歌ですかね。覚えたばっかりのタバコを噴かして自由になった気がしたという、これもやはり「オトナ」を意識した歌詞でしょうか。

 タバコを吸うことが「オトナっぽい」という、歌におけるタバコのアイコン。実は喫煙者ってタバコが切れた途端、「うわあタバコタバコ、タバコないかタバコ!」って着てた服から車から押入れからひっくり返し、無ければどんなことをしても自販機やコンビニに走り、それも無理な状況なら灰皿ひっくり返してシケモクあさる、とても子どもに見せられない姿を晒すおコチャマなのですけどねぇ。ええ、自戒も込めて。

 
ラベル:喫煙 オトナ
posted by waku at 23:53| 宮崎 ☁| Comment(2) | 喫煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月30日

キャンプと喫煙

 さて、キャンプといえばテント、な訳ですが、実はテントにいる時間ってそんなに長くないんです、テントはいわば寝室。寝るときだけ入るもので、圧倒的に過ごす時間が多いのはタープの下なのです。
 タープ、日本語に訳せば「天幕」でしょうか。
 通常のものは一枚の布をアルミなどのポール、細引きなどを使って張り、雨や露、直射日光を防ぐものです。その下にテーブルや椅子などを置いてくつろぐ、キャンプにおいては「リビング」に相当する空間を演出するものです。

 今回、私んトコロのキャンプで使ったのはスクリーンタープ。天井だけでなく、壁に当たるメッシュ素材のものが四方を取り囲んでます。ああもう面倒だ、こんなヤツです。夏など虫が多い時期に使用すると、ある程度虫の侵入を防げて、食物と一緒に虫の踊り食いをする羽目に陥ることも無くなり、冬になればメッシュとは言え風がある程度遮られ、寒さが和らぐ、という、なかなか広い用途に使えます。もちろん壁がある分、収納時は重くてかさばるし、開いたときでも普通のタープほどの開放感はありません。そこら辺はトレードオフの関係にありますんでお好みで選んでいただくしかないです。

 で、かつてはこのスクリーンタープの中で、タバコ吸い放題だったわけですよ。独身の時の、当時のお仲間とのキャンプで。全員が喫煙者だったら問題もないのでしょうが、まぁ、主なメンバーは喫煙者だったのですが。たまに参加する、メンバーの彼女だったり奥さんだったりが非喫煙者なことも当然あるわけで。
 メッシュとは言え風が遮られて暖かい、ということは風が抜けにくく中に空気がこもる、ということの裏返しでもありまして。今から考えると一人ガス室状態。いやあY氏の嫁さん、当時は本当に申し訳なく思う次第で。

 「自然の中で吸うタバコはうまい」と、バカなことを言いながら、煙噴かしてたもんですねえ。確かにそう感じてたんだから、ニコチンつうのはつくづく怖い代物であることです。
ラベル:喫煙 キャンプ
posted by waku at 13:40| 宮崎 ☀| Comment(0) | 喫煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月08日

いや、煙いし臭いし

 喫煙者の方が、抱いている誤解がありまして。

 それはまず、「タバコの煙の匂いは、そんなに臭いモノではない」
 さらには「喫茶店などで向き合っていても、煙が相手の方にいかなければ、相手は煙くも臭くもないはず」
 そもそも「タバコの煙を『煙い』とか『臭い』とかいう人間は過敏すぎる」、と。

 かつて全部、自分が思っていたことです。だからこそ、喫煙者の皆さんにあらためて言わせていただくと

 全部不正解。

 タバコの臭いは数メートル、数十メートル離れてても臭いですし、喫茶店で向かい合ってる状態で吸われて、煙くないはずが無い、そもそもタバコの煙が「煙くない」とか「臭くない」なんてのは、あなたが麻痺してる証左なのです、と。

 昨日の飲み会を経て、あらためて思う次第で。なんで備忘録的に残しておこうと思うわけです。
 
ラベル:喫煙 禁煙
posted by waku at 02:37| 宮崎 ☀| Comment(0) | 喫煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月06日

トイレdeタバコ

 今は去ること10数年前、現在所属している会社の、入社前研修を受けていたときのことです。
 研修の合間の休憩時間、成年に達していた私を含む喫煙者は普通に喫煙所で一服点けてたのですが、高卒で採用された組の2人が、怪しい動きを見せて居たのです。即ち休憩時間ごとに、2人揃ってトイレに行き、同じ個室に入る、と。いや、ホモの中の人ではなかったようですけれど。

 まぁ、まだ当時、高校の卒業式も済ませておらず、詰襟の制服を着たまま研修に参加していた彼らのことですから、当然、私らに混じって喫煙室で堂々と、というわけにはいかなかったことと思います。まぁなんともカワイイ事よと、同期入社の私らだけでなく、研修を担当していた採用担当者諸氏もほほえましくみていたような覚えがありまs…ゲフンゲフン

 …未成年者の喫煙は身体、精神に多大な悪影響を与える可能性が大きい上、日本においては法律で厳に禁止されています。

 話を替えまして、と
 さて、昨今、大きなショッピングモールなどのトイレ、
 女子トイレは存じ上げませんが、男子トイレの、主に個室には大概、貼り紙があるのです。

 曰く、「禁煙です」「炎感知器が設置されています」「マッチやライターを使うと警報が鳴り、警備員が駆けつけます」などなど。

 こういう注意書きが出回り始めた頃にはもう私、タバコ止めてたモンで、チャレンジすることも無かったのですが、ホントに「シュボっ」ってやったら警報鳴って、警備員駆けつけたりするのですかね? そういう場面に出くわしたことも無いのですが。

 やあ、制服の高校生諸君には、またも試練ですねえ。つうかちょっと見てみたいので誰か挑戦を…
ラベル:喫煙 トイレ
posted by waku at 01:27| 宮崎 ☁| Comment(0) | 喫煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

タバコと親父臭

 アクセス解析、「永作さん」に対する喰いつきが凄いのですが、当方は彼女が、日常的にタバコを吸ってるかどうか、なんて話は存じ上げないのですよ。私もググった結果、「日に40本吸う」なんて言ってる人も居ましたが、裏は取れなかったです。

 同級生であっても喫煙者だとしても、年齢も不健康も超越している人ですね。で、その人はちょっと置いといて

 40歳リーチの人間としては別に気になる問題があるのです。それは加齢臭。ちなみに私のPCは一発目に「華麗秀」という語句を提示しました。どれだけ飼い主に気を使ってるんだか。

 まぁ40もリーチ掛かれば、もう「高齢」だか「加齢」だか言われてもしょうが無いわけなんですが、やっぱり「親父臭い」だとか言われるのは出来るだけ先送りにしたいのですよ。いや親父なんですけどね。ここら辺微妙な親父心といいましょうか。

 で、いわゆる親父臭、喫煙者だといっそう顕著だな、と、親父が別の親父の臭いを感じて思うわけですよ。喫煙者って親父臭、キツイんちゃうか、と。

 長くなってきたんで、明日に続きます。
ラベル:喫煙 禁煙 加齢臭
posted by waku at 02:28| 宮崎 ☁| Comment(0) | 喫煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

女優と喫煙

 なんたら40、と言う目薬のTVコマーシャルに最近、永作博美さんが出演なされているのです。生まれた年が同じでして、こんな同級生が居たら凄いな、と常々思っていた女性なのです。

 で件のなんたら40って目薬、あれ、かすみ目とか言うぼかした表現で、老眼入ってきた40代の人向けの商品だったんじゃないの? と思って、自分の歳やら彼女の歳やら数えたら、なんだ、もうすぐ40歳じゃないですか。わあビックリした。
 年月の流れるのは早いものですね皆さん。

 ところで永作博美さんなのですが、映画などでタバコをお吸いになる役柄が結構多いのです。最近では、松山ケンイチ君と共演している他人のセックスがどうたらこうたら言う作品とか。映画見る限りでは、本当に吸っているかとか、お肌の具合がどうか、とか言うことまでは見て取れないのです。

 タバコ吸う方って、男性女性に関わらず、お肌、荒れます。
 生気が薄れます。ニコチンの作用によって血行が悪くなるため、肌色、くすみます。太っている人は顔色、黒ずみます。痩せてる人はしわが深くなります。医学的にはどうか知りませんが、私の経験則と観察の結果はそうです。

 翻って永作さん、まぁメークもあるでしょうし、作品でも、テレビ番組等でも分かりませんね、肌の具合がどうなってるか。私生活で喫煙者かどうかも不明ですし。でも、たまに雑誌に出るグラビアなどではとてもお綺麗に見えるのですよ。とても同級生には見えないほど。

 もし私生活でタバコ吸う方であったのなら、なんとも凄い芸能人マジックであるのでしょうが。
 一方で、普段は吸わない方であるのならば、そしてもし、役者にタバコ吸わせるような演技を強要することがあるのならば!!!

 …ひどい世界だと思います。が全て想像の世界の話でして

 なんかありそうな話だと思うんですがねえ。まぁ思うだけ。

 
posted by waku at 00:11| 宮崎 ☁| Comment(0) | 喫煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ポチッとお願いします→ にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・タバコへ