マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!

2009年03月06日

悪夢は続くよ、三度

 久々に重いのが来ました。
 夢の中で手に持ってたのはチェリー
 「うわ、きついなぁ」と思いながら3本ほど立て続けにチェーンスモーク。目が覚めるか覚めないか、という辺りで「うわ、やっちゃったぁ」と自己嫌悪。「また禁煙しなきゃ…」、「いいやもう、これ1箱は吸っちゃえ!」なんて考えがぐるぐる渦巻きながら覚醒。
 いやぁ、最悪の寝覚めでしたね。

 心当たりは多少。前日、職場で、名うてのヘビースモーカーの方が私のデスクに来て3分ほど話し込んでいかれたのです。補充した直後のニコチン臭をもわんもわん漂わせながら。
 うわぁ臭え、と思いながら、口に出すわけには行かず。用件は分かったから早よあっち行けとも言えず。
 ダイレクトではないにせよ、久々に濃厚なタバコの臭い嗅いだ事が引き金になったような気がします。

 だからと言って、安いオバサンの香水に鼻腔を破壊された日の夜、安い香水に溺れる夢は見ないのですがねぇ。
ラベル:喫煙 禁煙
posted by waku at 01:00| 宮崎 ☁| Comment(0) | 禁煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月05日

続々・防煙キャンペーン

 防煙キャンペーン
 どうやらホントに県の事業だったらしく、4日未明に県のHPに、キャンペーン活動告知のページができました。それがこちら

 3月1日からのキャンペーンで1日にHPになかったのは、そうかぁ、1日が日曜日で休日だったからかぁ♪
って、

ならなんで2日、3日にはできてない!!


 もしくは2月中に作って、1日にアップできるようにタイマーでも掛けとけばいい話と違いますかね。
 「卒業・入学(就職)シーズンを迎えた今、特に、未成年者を対象としたキャンペーンを通して、たばこの健康に対する影響等の知識の普及を」などと言うなら、県立学校の卒業式があった日までに仕事しないと駄目でしょ?
 あまり批判ばかりもしたくはないので、ちゃんとお給金分くらいのお仕事はしていただけませんか?

 それと、SEO対策もばっちりのようで、ごおぐるさんの検索では私のブログの上に出てきますけど、この薄っぺらなページ一枚で終わりですか? 某ポータルサイトの中途半端なアンケート以外、具体的には他に何するの?

 「なくそう!未成年者の喫煙(防煙)(「健康みやざき行動計画21」県民の実践指針)」

 というお題目は立派だけど、なくそう! と言うてるだけでは、何もなくなりもしませんし、未成年者がタバコ吸ってる状況は変わりませんよ?

 あと、やほおさんの検索では相変わらず「応援キャンペーンではないですか?」って心配されますけど、大丈夫ですか?

posted by waku at 00:28| 宮崎 ☁| Comment(0) | 禁煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

続・防煙キャンペーン

 未成年の煙草を防ぐから防煙。まぁネーミングはちょっとアレですけど、理念は大変よろしいのではないかと思います。ちなみにマラソン好きが知事になる前からやってた施策みたいですね。全然知らなかったですけど。
 そしてですね、案の定、やほおさんで検索かけたら「応援キャンペーンではないですか?」としつこく訊かれましたよ。さらには、ごおぐるさんで検索かけてみたら、私のブログがトップに上がってきたんですけど。
 本気でやるならちゃんとSEO対策くらいしませんかね。
 ていうか今のところ、県のホームページには「防煙」のぼの字もありませんが、これホントに県の事業ですか?

 という、さらなるグダグダぶりが判明したわが県の防煙キャンペーン、WEB上でやってるアンケートの内容はご覧いただけましたでしょうか。
 怪しいリンクなど踏みたくない、という方のために抜き書きするとですね、主な質問項目は3項目。
1、あなたは煙草を吸いますか? 吸いませんか?
2、煙草を吸い始めたきっかけは?
3、煙草が嫌な(吸わない)理由は?

 で、あとは自由意見欄と年齢、お住まいを訊ねる。これだけ。

 えーっと、この意識調査とやらを、どうやって未成年者の喫煙防止につなげていくつもりですか?
 本気で未成年者対策としてやるなら、WEB上で中途半端にやるのではなく、県内の小中学校高校大学すべてにアンケート用紙持って行ってやらないと、資料としての意味すらないでしょうに。
 この中途半端な調査の仕方で集まった質問に答えの積み重ねが、どんな「防煙」施策につながるのかも、正直見えません。

 こんな中途半端な意識調査より、例えばCOPDの患者さんに協力いただくなどして、中学校で講演でも企画したほうが、なんぼかましと思われます。
posted by waku at 02:03| 宮崎 ☁| Comment(0) | 禁煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月03日

防煙キャンペーン

 ふらりと入ったハンバーガー屋で、注文した品が載ってきたトレイに
 「○○○○防煙キャンペーン2009」って紙が敷いてあったのです。
 3月1日から31日まで、私の住んでる県が主体となって未成年者の喫煙を防ごうとさまざまな取り組みをする、ということのようです。
 てっきり総務省か厚労省が旗を振って全国の都道府県がやっている取り組みかと思ったら、どうもわが県独自でやっているキャンペーンのようです。偉いぞわが県。さすが知事はマラソンが大好きなだけの事はある。

 と、評価しかかったのですが、
 「防煙キャンペーン」で検索して、今の時点で唯一引っかかるサイトに掲載されている「アンケート」とやらに愕然とさせられるわけです。
 そのアンケートとはこちら

 なんか私は脱力しちゃったんで、続きは次回。
 もし良かったら、県外の方にアンケートに回答していただくのも良いかもしれないと思います。
posted by waku at 02:14| 宮崎 ☁| Comment(0) | 禁煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

煙草とSさん

 かつて仕事の関係で親しくさせていただいた、某町の職員の方がいらっしゃいます。仮にSさん、としましょうか。
 あるとき数人と酒席でご一緒させていただき、座も盛り上がり、歌やギターや笛や太鼓が飛び出し、ふと気付くとSさんがタバコを吸ってらっしゃる。それまで、一ケ所しかない役場の喫煙室でSさんの姿をお見かけたことは一回もなし。あれ、Sさんってタバコ吸ってましたっけ、と周りの人に聞いたら「酒飲んだときだけ吸う」と。
 へー、そんな人もいるんだ。と。当時は喫煙者だったので余り深くも考えず納得したのですが。

 今にして思うと「あり得ね〜!」 

 その後、Sさんのお宅で開かれた酒席に招かれたこともあるのです。
 Sさんと同居されてるお父様、70過ぎでらっしゃいましたが、喫煙者。酒席の間中スッパスッパ。それを見ながらSさん、タバコ吸わずにニコニコ。当時私、喫煙者だったんでスルーしてましたけど、今にして見ると、なんだ? この人、って話です。

 Sさんの奥様に話を聞きました。「結婚前は煙草、吸ってました。結婚した後、いつの間にかやめてました。外で酒を飲む席では吸ってるようですが、家で飲むときには吸いません」

 何重にもありえない。
 喫煙者なら我慢できない状況で吸わない、嫌煙者なら我慢ならない状況で煙草を許し、なおかつ自分も吸って、酒席を終えたら煙草も終わる。

 ある意味理想の喫煙者かな、と思いつつも、とてもじゃないけれどこんな真似は、
 素人にはお薦め出来ない。 だからいまさら吉野家コピペですかとか言うな。
ラベル:禁煙 喫煙
posted by waku at 00:31| 宮崎 ☔| Comment(0) | 禁煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

原点回帰;1本お化け

 ん、毎日毎日ネタ切ればかりを嘆いてもいられない。ここらで原点回帰。自分自身の禁煙ネタに戻りましょう。 一度書いたエントリの焼き直しって話もありますが。

 さて、あらためて、自分の中では9割9分9厘、喫煙の習慣が再開されることはないと確信してるのですが、いや、9割9分8厘くらいかな。7厘にしとこうかな…。ネットの中をさまようと、禁煙できたのに再喫煙、って方も、かなりいらっしゃる。あ〜、明日は我が身かも、と気を引き締めて、と。

 実は、人の体験談散々っぱら読み倒した今にして思うと、かなり危険なことを私、やっております。以前さらっと書いたのですが、「1本だけお化け」に見事にしてやられてるのです。
 「あ〜、もう1年半もタバコ吸ってないし、今吸ったらどうなるのかなぁ」と。
 ちなみに酒の席で、気持ち良〜くアルコールにラリってる状態です。
 悪条件てんこ盛りです。よく無事に生還できたモンです。げに無知とは恐ろしい。

 で、なぜそれで喫煙者に逆戻りしなかったかと言うと。
 「肺にまで煙を肺の奥底に入れる気になれなかった」と以前書いてます。
 具体的に言うとですね、火点けて、こわごわ吸い込んで、口の中で煙転がしてる段階で、その煙が見えたような気がしたのです。紫がかった白い、もわもわとした、毒ガス。
 「あ、無理」と、次の瞬間、思いっきり吐き出してました。んで、多分2ミリも進んでなかった火口を灰皿に押し付けてトイレ行って口すすいで、
終了。

 ただ、分岐点だったことは確かで、この一服、一服以前の一口で「もうオイラの人生に煙草イラネ」ってなったことは確かです。
 しかしこれをやると次からニコチン受容体にマークされると言う危険も伴う、諸刃の剣。素人にはお薦め出来ない。 いまさら吉野家コピペですかとか言うな。
posted by waku at 01:00| 宮崎 ☁| Comment(2) | 禁煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

ブログネタ

 ようこそ、ネタ切れをネタにしている禁煙ブログです。

 どこかでもチラッと書いた覚えがありますが、禁煙ブログってあまり長生きしない代物だと思います。
 失敗してフェードアウト、という方は当然いらっしゃるでしょう。
 そうでなくても、禁煙なんて「どこまでで成功!」という線引きがあるわけでもありませんで、ある程度吸わない日々が日常と化したら書くこともなくなり自然と終了、というパターンが多いように思います。
 当然「卒煙成功」と宣言し円満に終了、もしくは別のテーマに移行される方もいらしゃいますが。
(コン太郎さん、黒はとさん、ご卒業おめでとうございます。)

 そこ行くと私の場合、いきなりハンデ背負っちゃってます。なにせ、タバコ吸うの止めて2年半後からのスタートです。「ああ吸いて〜」とか、「きょうは吸わずに乗り切った」とか、禁煙ブログとして一番おいしい部分が遠い記憶の彼方です。3ヶ月間ぐらいの禁煙期間の話、わずか半月で終わっちゃいましたし。もう少し引っ張るつもりだったのに…

 まぁ、何を今更、という泣き言なんですがね。とりあえず、そろそろブログのタイトルとテーマ変更の布石を打っておこうというですね、で、いろいろ考えてみたですよ。
 
 ・筋トレ   「週2回じゃなぁ…」
 ・スキー   「九州だし…」
 ・子育て   「最近寝顔しか見てねー…」
 ・キャンプ  「年に一回か二回だなぁ…」
 ・ダイビング 「数年に一回だよなぁ…」
 ・バイク   「埃かぶってるし…」
 ・カメラ   「カビ生えてるし」
 ・映画    「子供と一緒にポケモンかケロロ…」
 ・釣り    「食べたことないじゃん!」
 ・ゴルフ   「舐めたこともないじゃん!!」

 えーっと、、、
 当面は「禁煙できちゃった」でお願いします (・ω・ )  
ラベル:ブログ 禁煙
posted by waku at 02:41| 宮崎 ☁| Comment(4) | 禁煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

「やめたら」

 うん、ひどいですね、昨日のエントリ
 黒はとさんご指摘の通り、完全書きながら意識飛んでますわ
 ま、それはそれでたまにはいいかと。何が? と聞かれても困ります。

 さて、「身の回りのネタも尽きてきたので、またも他人が書いたネタに乗っかろう」シリーズです。
 かの大橋巨泉さんが「やめたら」という本を上梓されました。巨泉さんが日本に対して残す遺書だそうです。

 さまざまなものに対して「もうやめたら?」と問いかけるわけですが、嫌煙家として名高い巨泉さん、当然のごとく2番目に「タバコをやめたら?」とおっしゃいます。ちなみに1番目は自動車レースでした。

 その中で、某元専売公社について「民営化したとはいっても、実際は国営のままである。だから税収が減ることを恐れて、タバコの値段は1000円にならない」という旨のことを書いておられます。
 なるほど、と思います。例えば民間の会社が知恵を絞って開発した発泡酒に関しては、国は容赦ありません。法改正も辞さず抜け道をつぶし、庶民のなけなしの財布から税を搾り取ります。
 一方、某元専売公社は確かに、大株主は財務省のままです。1000円は極端にせよ、値上げしたことで税収が増えるのか、タバコ止める人間が増えて税収が減るのか、お役人が前者であると判断したのが、今回のタバコ増税回避の内幕なんだろう、と。

 多くの人がタバコを止めることで医療費の総額が減るという話もありますが、目先の税収が減ることと、因果関係が立証できず即効性を求めるべくもない医療費減とを天秤に掛けることなど、きっとナンセンスなんでしょうなぁ霞ヶ関の方々にとっては。

 というわけで、嫌煙家の方々がいくら「タバコは毒物だから法律で禁止しろ!」と青筋を立てても無駄であろう事は、容易に想像がつきます。国は国民の健康を守ってくれそうにありませんので、自衛するしかありませんな。で、巨泉さんの言葉をお借りすると、「やめたら」と。

 ちなみに巨泉さん、ご自身も20年以上喫煙された末にお止めになっているのですが、卒煙後30年以上経った最近、ようやくタバコを吸った夢を見て飛び起きることがなくなった、との事。
 私なんてまだまだ、と思う次第です。
posted by waku at 14:12| 宮崎 ☔| Comment(0) | 禁煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

卒煙した人々の…

 昨日から続きます

 私の周りの、かつて喫煙者だった方々がタバコ止めた後どうなったか。
 さすがに喫煙歴禁煙歴喫煙中の体重卒煙後の体重その間の生活習慣その他、根掘り葉掘り聞くわけには参りませんで。私が見た範囲、知ってる範囲の情報を記したいと思います。

 ケース1) 職場の先輩A
 年齢 40代前半  禁煙歴 3年以上5年未満
 卒煙後、サーフィンを始め、ほぼ毎日海へ。
 卒煙後の体重増加の有無  無

 ケース2) 職場の先輩B
 年齢 40代前半  禁煙歴 5年以上7年未満
 卒煙前後に自転車やマラソン、水泳を始め、現在週5日はフィットネスクラブに通う。
 フルマラソンでは4時間を切る。
 卒煙後の体重増加の有無  無

 ケース3) 職場の同僚A
 年齢 30代後半  禁煙歴3年以上4年未満
 卒煙前後、フィットネスクラブに通い始め、週に2回前後、主にプールで泳ぐ。
 卒煙後の体重増加の有無  無

 ケース4) 職場の同僚B
 年齢 30代後半  禁煙歴2年以上3年未満
 卒煙後、何故かランニングに目覚める。急激な運動のため脚を故障し、一時ドクターストップがかかったものの、徐々に走る距離を延ばし、来年はフルマラソン出場を画策。
 卒煙後の体重増加の有無  無

 …偏りすぎてますね。でも、私の周りの卒煙者、こんなのしか居ないんだもの。
 とにかく、ジャンルは違えどちゃんと運動すれば、タバコ止めても太ることはない、って事で。

 ちなみに職場の先輩B、腹筋6つに割れてたりするんですよ!
ラベル:喫煙 禁煙 体重 運動
posted by waku at 02:40| 宮崎 ☔| Comment(2) | 禁煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

禁煙と体重

 禁煙ブロガー仲間のwwpowerさんにお題を頂きましたので、禁煙と体重増加について、私見を述べさせていただきたく思います。

 「タバコを止めて太るのか」、と問われれば、以前も書いたとおり「むべなるかな」と思います。
 「それではお前は太ったのか」と問われれば、いわゆる「禁煙太り」はしていないように思います。

 禁煙した時期と、一時期中断していた筋トレを再開させた時期がほぼ同じだった、という事は、以前にも書きました。で、体重自体は確かに、タバコ止める前と比べて3、4キロ増加してるのですが、体脂肪率はほぼ変わってません。
 ので、禁煙した後に増えた体重は、筋トレによって増えた筋量の増加分と考えて間違いないと思います。
 ちなみに体重増えた現在でもBMIは21ちょっとですんで、太ってるとは言えないでしょう。

 しかし、仮に筋肉だけで体重増えたにせよ、その材料たる食い物の摂取量は、禁煙前に比べて確実に増えてるわけです。筋トレをしたから食う量が増えたのか、タバコを止めたからそれだけの量を食えるようになったのか、鶏が先か卵か先かみたいな話になりますか、ちょっと違いますか。
 なんにせよ、私は筋トレをしてたために、主にお腹周りに余計なものを抱えなくて済んでるのかもしれません。
 また、私個人の話に限定すれば、甘いものが苦手、と言うのも禁煙太りにつながらなかった要因であろうかと思います。タバコ止めて口寂しいから飴やガムを、何てこともなかったし、砂糖の入った缶コーヒーなんて二十歳過ぎてからこの方、口にしたことはありませんし。

 こんな私の話だけでは参考にならないかもしれませんので、次回は私の周りの、最近禁煙し方々の話をしようと思います。
posted by waku at 00:10| 宮崎 | Comment(1) | 禁煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

禁煙と嗅覚

 タバコを止めたことで「嗅覚が敏感になった」と、そして、「タバコレーダー」が私に装備されたことを、以前このブログで書きました。
 しかし悲しいかな、鋭敏になった嗅覚は、タバコの臭いだけをキャッチするだけでは留まらなかったのです。
 それまで知らなくてすんだ情報を、私の脳に送り込んでくれるのです。それは何かと言うと…

 体臭

 もっと正直に言えばワk …いやっ! これ以上書けない!!

 …嘘です。書きます。腋臭です。

 タバコ喫ってるときは余り分からなかったのですよ。ところが、タバコ止める前後、臭覚か敏感になってきたあたりから、アナタもアナタもアナタもですかあっ!ってほど、腋臭の方の臭いが鼻を衝く。

 いや、しょうがないと思うのですが、あれってどうなんでしょう、本人は分かってるんでしょうかね? 分かってなかったら教えてあげたほうが親切なのでしょうか? 教えてあげたら何か策を講じるのか、それとも策を講じた末にああなのだから、黙ってあげてたほうがいいのか。
 
 あと、口臭もですね。
 タバコ喫う人間には「タバコ臭えから寄るな」って言いますけど、そうじゃなくて臭う方、どう対応したもんですかね。

 知らなくて良かった世界でプチ悩まされる、タバコ止めてからよくあることです。
ラベル:喫煙 禁煙 臭い
posted by waku at 01:24| 宮崎 | Comment(2) | 禁煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

禁煙、できるかな?

 かつて私が禁煙できちゃった「ドクタースモーキング」
 類似の商品としてお薦めした「離煙パイプ」

 喫いながら止める、と言うことで、非喫煙者の方には理解されないかも知れないけれど、体から徐々にニコチンを抜いていくという方法論で、無理なくタバコを止められるグッズだと、今も信じて止みません。

 いや、それが唯一絶対とかいう気はないし、チャンピックスとかニコチンパッチとか、いろいろやり方はあると思うんですよ?。でも私は体験上、自分が経験した事から薦めてるだけで。

 でも過去に、薦めたのにあまり成功率も高くなかったのがこの「喫いなが止める」方法だったわけでもあり…

 というわけで、yukiさん、ホントにお願いします。
 なお、yukiさんがドチラ様かは、私のブログの中で探していただく方向で。
  
 …うーん、離煙パイプは結構成功率高めみたいだし、大丈夫だと思うんだけどなぁ…
posted by waku at 02:25| 宮崎 | Comment(2) | 禁煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

タクシーとタバコ

 えー突然ですが、当方居住の全県下で、タクシーが全面禁煙になります。今度の4月1日から実施で、九州7県の中でどうも最後らしいです。お客さんからの苦情が多く寄せられたからだそうです。びばクレーマー。

 昨年8月に「年内中の禁煙を目指す」って県のタクシー協会で決議したって新聞記事が出たのですが、多少時期がずれ込んだところを見ると、やはりもめたようです。まぁそりゃそうだろうと思います。なんてったって車内で一番喫ってるの、運転手ですから。空車で街流してる時とか客待ちで路駐してる時なんかスッパスッパやってますから。まぁそれは単に私からの見た目ですから。
 あと、前から書いてる通り、喫煙者に優しい田舎ですから。しかも田舎特有の車社会。客層の中心は勢い酔客にならざるを得ず、それ相手に「タバコご遠慮願います」じゃあ、商売上がったりだろうとは思うのです。
 新聞記事によりますと案の定、「喫う人の権利もある」とか言ってるタクシー会社もあるようです。そして、数社が「全車両を禁煙にするには難しいと判断」し、「一部を喫煙タクシーとして運行する」そうです。

 …この内容で何をもって「全面禁煙」などと言い張りやがりますか、宮崎県タクシー協会よ。あと、どの会社が「喫煙タクシー」運行するかちゃんと発表しなさいよ、って話ですわ。

 まぁしかし、取りあえずはブラボーといっておきましょうかね。今までも、我が家の最寄の会社は3分の1くらい禁煙の車両を配備していたのですが、例えば急ぎのときに「禁煙車で」ってリクエストしたとして、「じゃあ10分ほど余計にお待ちいただきます」とか言われたらかなわんなぁ、なんて思ってあえて指定してませんでしたし。ただ、以前は結構利用してたタクシーですが、仕事とかの都合で今は月に1度乗るか乗らないかだということは内緒にしておこうと思います。 

 しかしこのニュース、発表されたのが23日で、新聞とかに載ってネットで見れるようになったのがわずか3日前だというに、多くの禁煙ブログに既に掲載済みですわ。お住まいの地域でもなくご来訪の予定もないだろうに、我がことのように喜んでいただいて 正直めっさ引くわ〜 本当にありがとうございます。
posted by waku at 00:19| 宮崎 ☁| Comment(2) | 禁煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

禁煙本あれこれ2

 「あれこれ」と書いたので、もう少し私が読んだ禁煙関連本、紹介したいと思います。で、第二段は
 「まだ、タバコですか?

 帯に「禁煙したくない人は手に取らないでください」とあります。自信満々です。
 前回こき下ろしたこちらが「情」に訴えるタイプなら、この本は「理性」に訴えるタイプと言えるでしょうか。タバコの薬理作用、精神や肉体に与える影響などを、データや関係者へのインタビューを交え、積み重ねていきます。

 苦笑を禁じえなかったのは、タバコの有害性についての情報を喫煙者がシャットアウトしてしまうというくだり。禁煙外来に長年取り組んでいる医師のせりふを引用します。
 「依存性物質がいったん脳に作用してしまうと、その物質を取り込むための情報は受け入れるのに、拒絶を促す情報は入りにくくなるのです。つまり、喫煙で自分や家族が健康を害する話を聞いたとしても『ヘエー、そりゃあ大変だねぇ』で終わってしまう。自分の問題としてとらえられなくなるわけです。依存性物質をどうやって届けるか、その方法を無意識に考えるようになり、依存性物質に都合の良い意見や理論しか聞こえなくなってしまうのです」

 …長い引用でしたが、喫煙者のタバコを止めない、止めようとしない理屈って、これに凝縮されてるのではないでしょうか?

 この本、タバコを喫ってる時にでも、出合っていたらかなり真剣に禁煙を考えたのではないかと思います。タバコを喫い続けたらどうなるか、大変な目に遭ってる方々の経験談も多く載せられています。喫い続けていたらこういう将来が待っていたのかと、止められて良かったと本気で思いました。私が前にこき下ろした本より、禁煙の動機付けとしてはかなり強烈になる本だと思います。

 あと、びっくりしたのは、タバコ農家の人が、収穫期の畑で気分が悪くなるという話。初耳で驚愕しました。コカインの元となるコカでさえ、畑の葉っぱやお茶にするだけなら無害だというのに。例によって記述内容が事実と違っても責任は取りませんが。
 あと、フィルターちぎったタバコを庭に放置してたけれども、数ヶ月経っても土に還らなかった、という著者の実験が印象に残りました。いや、過去に「フィルターさえ処分すればタバコは土に還るんですよ」なんて人に言ったりしたりしてませんよ、多分(汗
ラベル: 喫煙 禁煙
posted by waku at 00:03| 宮崎 ☀| Comment(2) | 禁煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

禁煙本あれこれ

  昨日から続きます。

 世にあふれてる禁煙本のなかで、私がどうしても駄目、合わないという本は、ご存知「禁煙セラピー」なのです。なんか結構おっきな地雷踏んだ感もありますが、あくまで個人的な感想なんで、こればっかりはどうしようもありません。 9割がやめられるとか言う説もあります。…はい、止められなかった残りの1割です。まぁ、買ってもいないわけですが。立ち読みしただけでげんなりしました。

 曰く「喫煙者は煙草の奴隷になっている」、「吸いたくて吸っているわけではない奴隷」、「止めたいのに止められないという奴隷状態から早く抜け出しませんか?」…。タバコ止めた今でも、コレじゃ止められないよなぁ、と思います。

 好きで喫ってるんだってば、化学物質の奴隷とか言うなよ、放っといてよ、って感じです。止めた今でも、読んで楽しくないです。落ち込ませて凹ませて、「じゃあそういう気分にならないよう、タバコから解放されよう」。…だから大きなお世話だってんです。

 最初から最後まで全部通して読んだらまた、感想も違うのかも知れません。けど、少なくとも私は、立ち読みでパラパラめくっただけで手に取るのも嫌になるような本、金出して買いたくないです。タバコ止められちゃった今となっては、金出して買わずに済めて本当に良かったと思います。

 まぁ所詮、読んでやめられなかった、意識の低い元喫煙者の戯言と思ってもらえれば幸いです。さて私はいったい誰に言い訳してるんでしょう。
ラベル:禁煙 喫煙
posted by waku at 00:17| 宮崎 | Comment(2) | 禁煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

タバコ依存症テスト

 何に引っかかっているのかというと、
 タバコ依存症スクリーニングなるものがあり、それを保険適用の要件にしている禁煙外来の病院が多い、ということなのです。
 ちなみに内容は10個質問があって、5個以上該当する項目があると依存症の可能性が高く、禁煙外来が保険適用で受けられるということです。すべての病院で採用しているわけではないとおもうのですが。
 出典は、許可取ったりしてないんでリンクとか貼らないです。ググればナンボでも出てきますので各自でお願いします。
 すでに禁煙できちゃった身ですが、喫煙ピークだったときの心境を思い出しながらチャレンジしてみたいと思います。

Q1, 自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか。
A1. いいえ。 喫いたいだけ喫ってましたので、「きょうは何本喫うつもり」なんて考えたことないです。

Q2. 禁煙や本数を減らそうと試みてできなかったことがありましたか。
A2. いいえ。禁煙や本数を減らそうと試みたことないです。

Q3. 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか。
A3. いいえ。禁煙したり本数減らそうとしたことないです。

Q4. 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、次のどれかがありましたか。(イライラ、神経質、落ち着かない、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重増加)
A4. いいえ。禁煙したり本数を減らそうとしたr(略

Q5. 上の症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか。
A5. いいえ。禁煙したり本数をh(略

Q6. 重い病気にかかって、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか。
A6. いいえ。重い病気にかかったことはありません。

Q7. タバコのために健康問題が起きていることが分かっていても吸うことがありましたか。
A7. いいえ。タバコのために健康問題が起きていると考えたことはありません。

Q8. タバコのために精神的問題が起きているとわかっていても吸うことがありましたか。
A8. いいえ。タバコのために精神的問題が起きていると考えt(略

Q9. 自分はタバコに依存していると感じることがありましたか。
A9. いいえ。好きで喫っているとは思っていましたけれど。

Q10. タバコが吸えないような仕事やつきあいを避ける事が何度かありましたか。
A10. はい。仕事はしょうがないけど、「完全禁煙のパーティーです」とか言われたら参加したくないですな。まぁ、そんな招待状、お目にかかったことありませんが。

 結果。10項目中「はい」該当1項目。喫煙当事の私は、タバコ依存症ではなかったことが証明されました。つまり当事の私は、このテスト導入してる病院では、保険適用で禁煙治療を受けられなかったことになります。
 
 まぁ、いろんな病院あるでしょうし、端から毛嫌いすることもないのでしょうが。禁煙外来に来る人間が、これまでの喫煙人生をすべて悔い改めて喫煙について罪悪感にかられてタバコを止めなきゃいけないと切実に願ってる…っていう上から目線持ってる時点で、日本のタバコ依存症治療は進展しないんじゃないかと、喫煙者目線からは思わざるをえませんなぁ。
 喫煙が依存症であり、病院で治療する対象のものであると言うならば、 「止める気がない奴は禁煙外来にくるな!」ってのは、本末転倒のような気もしますし。
posted by waku at 00:23| 宮崎 ☀| Comment(2) | 禁煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

禁煙法あれこれ 3

 増税、見送られたようですね。いいんだか悪いんだか。関係ないっちゃないのですが。
 まぁ、こういう議論が国会で起きると、禁煙熱もまたぞろ出てくるようで。私の周りでもいろんなこと試したり検討したりする人が出てきてます。って事でシリーズ第三弾。

 禁煙草
 細かい仕様は省かせてもらってググって頂くとして、ま、要は「ネオシーダー」ですな。
 タバコの代わりにニコチン入ってない薬草を紙巻にして、火をつけて煙を吸い込むことで擬似喫煙体験。そして体からニコチンを抜く、と。職場の大先輩で現在、これ使って禁煙挑戦中の方がいらっしゃいます。味は「まずーい、もう1本!」だそうです。
 頑張っておられる方を前にして言うのも憚られますが、なのでここで書かせてもらいますが、タバコよりまずいものがタバコの代わりになるのか? ってのがちと疑問です。「こんなまずいもの吸う位ならタバコ喫ったほうがマシ」って事にならないといいですね、先輩。あと、ニコチンはカットできるでしょうけど、タールはどうなんでしょうか。

 電子タバコ
 細かい仕様は省かせてもらって、…えーっと、煙が出る禁煙パイポですか?
 紹介サイトによっていろいろあってよく分からないのですが、種類もいろいろあるようですが、中に入れるカートリッジにはニコチンが含まれてるのですか? でしたら仕組み的にはガムやパッチと一緒ですね。でもニコチン含まれてない、って説明している製品もありますね。
 吸うと薬品が気化したモノが煙状に出て、火口が豆電球で光って、これで擬似的にタバコ喫ってる気持ちになれて止められるのですかそうですか。
 使ってる方のご多幸をお祈りします。

 経口禁煙補助薬
 ファイザー製薬のチャンピックス、5月から販売が開始され、禁煙外来で処方されるようになったようです。仕組みとしては、脳内のニコチンが結びついて幸福感を与える受容体に先回りしてブロックし、タバコを喫っても満足感を与えない、結果タバコを「吸ってるだけ」という状態にして、喫煙習慣を絶つ、ということで大筋間違ってないと思います。なんかアレルギー性鼻炎のお薬のCMのようですね。まぁ、人間の脳の機構からしたら、タバコも鼻炎も変わりはない、ということでしょう。

 で、当然私は試してないのですが、どうもこいつは本気で禁煙したい人にとって本命ではないか、と思われます。頭痛とか吐き気とか、はたまた自殺願望だとか、検索かければ副作用も出てきますが、2週間に1回外来を受けながらの処方しか今のところ駄目なようですので、そこら辺のケアもちゃんとしてくれるのではないかと思います。費用も保険が適用されれば、タバコを断つまでに2万円を切るくらい。まぁ正直リーズナブルとは言えませんか。でも、やってる人のブログとかを読む限り、費用に見合う効果は得られそうな気がします。

 …でもねぇ、この禁煙外来ってやつに、個人的に引っ掛かりがあるのです。以下、次回に回します。
ラベル:禁煙 禁煙法
posted by waku at 01:07| 宮崎 ☔| Comment(0) | 禁煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

禁煙法お化け

 いわゆる「一本お化け」のことではなく
 どうしても分からない禁煙法がありまして
 それが「イタリア式禁煙方法」

 ネット上にはいろんな禁煙方法があふれてるのです。そして中にはそれを商売にされている方がいて、
 最終的には「この禁煙法の書かれたテキストを○△※@円でお譲りします」と
 それはそれで、悪いことではないのですが、このイタリア式だけは、そこまで行き着かない。

 いろんなところで紹介されているのです。紹介文自体が画一的で「みんな同じ人が書いたの?」って内容。いや同じ人が書いたのでしょう。しかし、その紹介文を読んでも
 ・イタリアで2006年1月に「新禁煙法」なる法律が施行されたこと
 ・それまで、イタリアは喫煙者にとって天国のような国だったこと
 ・新法が施行されて、イタリア人は禁煙の必要性にかられたこと
 ・「イタリア式禁煙方法」で器具も何も使わずタバコを止めることができる事
 ・どうやら心理学を応用しているらしいこと
しか、分かりませんでした

 その、同じ人が書いたと思しき紹介文を貼ってるだけのブログが多数存在するのも謎です。それらのブログには販売先と思しきリンクが貼られているのですが、これがまた見事に、全部が全部リンク切れ。

 で、それらを使って本当に止められたという人のサイトに当たることも、騙された、金返せ、って告発に当たることもなく。
 私にとっては本当に、お化けのような禁煙法です。

 …単に私の検索スキルが低いだけですかそうですか

 しかしそうではなく、もし、私ごときでは計り知れない何か大きな力が働いているとしたら、このエントリどころか、このブログ自体が闇に消えてしまうかも知れない、という恐ろしさをはらみt …うわ何をするあqswでfrgtyふじこlp;
ラベル:禁煙 禁煙法
posted by waku at 00:48| 宮崎 | Comment(0) | 禁煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

タバコと歯磨きと鼻毛と

 タバコ止めて、何が変わったか。よく聞かれます。もっぱら喫煙者に。
 でもねぇ、「そのくらいしか効果ないんなら、禁煙しなくていいや」って言い訳探すために聞いてるよね、って人が多いです。残念なことに。

 私が最初に言うのは「胃が丈夫になりました」です。朝、歯磨きしてオエってなることなくなりました。これ、間違いなく喫煙によって弱っていた胃が回復したサインです。禁煙して、長年の持病だった十二指腸潰瘍が好転したって人のサイトもあります。確実にタバコは、消化器系にダメージを与えてると思います。
 でも、私に質問した人は言います。「うん、俺、歯磨いてオエってなったことないから、止めなくてもいいわ」。
 …胃がんになっちゃえ、って思います。思うだけです。呪いなんてかけないです。

Τρόπος εσείς και υπάρχει πρόνοια του Θεού στην οικογένεια,

いや、かけてませんってば。

 あと、鼻毛伸びなくなったです。喫煙してたときは、両方の鼻穴からビョンビョン、ぶっとい奴がとび出してました。鼻毛バリカン、必須アイテムでした。でも、タバコ止めたら鼻毛、確実に伸び率が減りました。伸び率って使い方合ってるかな。合ってないよな。まぁいいや。
 タバコ吸わない人でも、東京とか大都会に住む人が田舎に転居したら鼻毛、伸びなくなるって言われてます。タバコの煙っていう有害なガスを止めたら、鼻毛も3割減くらいで必要なくなるのでしょう。

 …うーん、でも歯磨きのときの「オエっ」と鼻毛かぁ。これじゃ「うん、やっぱりタバコは止めなきゃね」っていう、説得力には欠けるわなぁ…
ラベル:禁煙
posted by waku at 00:13| 宮崎 ☀| Comment(0) | 禁煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月30日

禁煙法あれこれ 2

 タバコ止められない理由に「口寂しさ」や「習慣」を挙げる人は多いですな。それをタバコ以外のものに置き換えよう、ってんで、飴玉やガムってアイテムを使う方も多くいらっしゃるようです。
 この方法、致命的なのは、甘いものが苦手な人は無理って事です。かく言う私がそうなのですが、ガムの糖分すら我慢できない。最近ノンシュガーってやつも多いですが、砂糖であろうとなかろうと甘ったるいのがまず嫌なんですから。もちろん飴玉なんて論外です。

 ガムでやってる人が多いんですけど、何ですか、あの白いプラスチックの大きな徳用サイズのケースをデーンとオフィスの机に置いてる、あれ威圧感ありますね。「禁煙しとるんじゃ!」って宣言してるような。私が喫煙してたころなら、冷やかしの対象以外の何者でもないですが。
 あと、飴玉派の人、食いすぎて太る、なんて事はないんですかね? 禁煙できちゃったのならそれでもいいでしょうけど、禁煙失敗するは太るは、じゃあ目も当てられない気がします。

 で、氷って手段を考えられた方がいました。
 「氷だけで禁煙できた! (健康人新書)」中山 康樹著
 これ、禁煙本としても面白かったし、氷で、って手段が斬新で感心させられました。あ、ただ、外回りの仕事が多い人とかは難しいのかなぁ。

 ニコチンパッチやニコチンガム、ってのやってる人も多いです。ニコチンをタバコ以外から補給してやることで、タバコを喫いたいという欲求を弱めさせ、喫煙の習慣を絶つ、というのが正しい使い道のようです。まさに「毒を盛って毒を制す」。ちょっと違いますか。禁煙外来以外でも、最近は市販されているようです。職場の先輩で禁煙外来を受けて3ヶ月間パッチを貼り続け、その間喫煙していないという方がいます。もう少しで卒煙できそうです。頑張ってください。

 一方で、どこかでパッチを買ってきた別の同僚は仕組みが正しく理解できていないらしく、「パッチ貼り始めてから本数が減ったよ〜」などと笑いながら煙を噴かしてます。当たり前だ、このド阿呆、タバコの角に頭をぶつけて死んでしまえ。普通に喫うより血中のニコチン量が過多になると思われますので、決して真似しないほうがよろしいかと思います。ついでに言うなら、パッチ使うならちゃんと禁煙外来受けたほうが、間違いも少ないし心構えも変わると思われるです。
ラベル:禁煙
posted by waku at 01:39| 宮崎 ☀| Comment(0) | 禁煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ポチッとお願いします→ にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・タバコへ