マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!

2014年01月12日

遠征〜

今年の登り初め。いつも通っているジムとは別のボルダリングジムへ。

NEC_0009 (2).JPG
壁、でかくてきれい。奥までずっと一枚岩みたいな。

こちらは昨年10月に宮崎市北部にオープン。平日昼間だけあってほぼ貸しきり状態でした。
むー、40万人程度の人口規模で商業ジム2件ってどうなんだろう。適正なんだろうか。
選択肢が広がるのは喜ばしいことではありますが、共倒れだけは避けてほしいところであります。まぁ大きなお世話ですね。

んで、5級課題はほぼ1撃。んーグレード付けはやや甘めでしょうか。
1本だけオンサイトできなかった薄かぶりの5級課題も、よれよれになりながら最後の最後に撃破。
ムーブをほぼ全部、スタッフさんに教えてもらったのは内緒の方向で。
ちなみに4級課題は2本登れただけで、後は一手目から跳ね返されまくりました。うんグレード付け適正かも。

てなわけで今年もじわじわ攀じっていこうと思います。
posted by waku at 12:46| 宮崎 ☁| Comment(0) | ボルダリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月11日

キャラバン ロックソックス

さて私のクライミングシューズ、こちら
「靴が伸びて、もしくは慣れて、薄手の靴下履いてちょうどいいくらい」いう話をしました。
もともと汗かきなんでね、スキー靴なんて一旦履いたら完全に乾かすのに半日ごとに新聞紙取替え取替え4〜5日かかるほど
クライミングシューズは裸足で履くのが常識のようなのですが、
足汗は足臭を呼びますわね。なんで、どちらかと言うと靴下履けるようになって好都合

そんな折、こんな製品があることを知ったのです。

世界初の、クライミング専用靴下だそうで。
極薄、かつつま先に縫い目の出ない製法で足裏感覚を失わない、そして特殊繊維で吸汗速乾・抗菌防臭、と。
まぁ足裏感覚なんて何それ食べれるの言う素人、かつ初心者向けのガチガチソールのシューズじゃそれは余り恩恵ないものの
臭いを抑える言うのは魅力じゃありませんか。
というわけで、某ファーストリテイリングさんトコ行ったら4足くらい買えるくらいのお値段で一足、お買い求めてみました。

みましたんですけどねえ。
いや、履き心地はいいです。無印とかの薄手のソックスに比べて、やはり縫い目が少ないというのはアドバンテージ。
また、伸縮性が高いことも相まってか、シューズの中でよれたりすることもなく。まぁ快適。

ただですね。まだ2ヶ月ちょっとしか履いてないのに、これはどうよ? (以下、軽く閲覧注意)




表から
NEC_0007 (2).JPG
ちとピンボケですが、ちょっとは分かりますかね。

裏から
NEC_0008 (2).JPG
まぁ見事な毛玉ダマ
少し落とした後なので前のほうは少ないですが、足裏にびっしり毛玉。
これ、洗濯2回くらいでこんなんなりました。

某巨大掲示板に相談したところ「俺のはそんなことない」と言う回答が今のところ1件
単に私がハズレを引いただけという可能性も高いのでしょうが
まぁ履き心地には影響しませんのでね、引き続き使いますけれども
2足目を買うのは正直勇気いるなぁ
posted by waku at 18:20| 宮崎 ☀| Comment(0) | ボルダリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月19日

ボルダリングその後

腰痛で2ヶ月ほどブランクがあるのですが、通算して平均すると週1ペースで約3ヶ月くらいの我がボルダリング歴
自分的には順調に進んでる気はするんだけどどうなんだろう。

一応メインは宮崎市内の商業ジム、たまに木城町のキャンプ場併設のジムに行っております。
で、木城のジムで始めたこともあってか、たまにしか行かないこっちのほうが慣れた感じがあったりします。
グレード付けも少し易しいのかな。テープ課題で7級まで足自由の課題あるし。先週行ったとき、足限定課題の5級までは何とか落として来ました。困ったときには、少し遠かったりしても助けてくれるホールドが見つかる、逆に言えば、ちゃんと全部のホールドの位置を把握しとけば、理詰めで登れるような

一方宮崎のジムは、9〜8級を除いてすべて足限定課題。6級の課題は残り一つなのですが、これが落とせそうな気がしない。落とした課題にしても運と力技で無理クリ落とせたようなのが数課題。木城みたいに理詰めで落とせた満足感が少なかったり。5級も1本は何とかしたものの、ほかは垂壁の課題でもどうやればいいか、初手から意味不明だったり。
でも。宮崎のジムで足限定課題に取り組んでたからこそ、木城の足限定課題も落とせたような気もするし…

木城で、子供の付き添いで来てた未経験のお父さんが、自分が1ヶ月くらいかけてやっと登れた7級の課題、いきなり登っちゃったりするのを目の当たりにして
「ああ、自分は壁の才能なんてある人間ではないのだなぁ」などと思い知らされて
でも、急激に登れるようになると指を痛めることも多いとか、そんな経験者の方のブログを見るに
「焦らなくてもいいんだよ」って言われてる気がしたり

何にせよまだまだ全然初心者。触りまくって落ちまくって、じわじわ上達するしかないですなぁ
posted by waku at 23:58| 宮崎 ☔| Comment(0) | ボルダリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月18日

マイ1stクライミングシューズその後

9月はとうとう更新ゼロ、10月もすでに半ばを過ぎました。ただでさえ辺鄙なのに、更新すらないこんな場末のブログにお越しいただいている方には、まことに申し訳ないことです。

さて、本業が少々忙しく、ブログの更新もままならなかった昨今ではありますけれど、腰痛も消え、再開したボルダリング。細々と続けております。がんばって週1回。2週間以上の間隔は、なるたけ空けないペースで。それ以上の頻度は職場が変わらない限り、物理的に不可能す。

ま、仕事の都合はさておき。早々にゲットしたマイシューズの話でも。

IMGP1018.JPG
同じの履いてる人、いまだに見かけませんので「特定すますた」とか言われるのもやなんで、表は晒しませんけどね。とりあえずは「ぎゅうぎゅうに足を詰めて、指を折り畳んだ様な状態で履くもの」ぐらいの予備知識をもって地元のアウトドアショップに行き。経験豊富な店の親父さんのアドバイスに従いつつも、「もう一つ小さいサイズでいいかな」とかつぶやく親父さんに、「いやいや、これ以上小さいのなんて無理」と言って、お持ち帰ったマイファーストシューズ。店では何とか10分ほど、我慢して履けてたのですが、家であらためて試し履きしたらば痛くて痛くて。普通に立つこともままなりませんでした。

「こんなの履いてクライミングとか無理〜〜」と、某巨大掲示板に助けを求めたりもしたのですが「そのうち慣れる」「もう1〜2サイズ小さくても大丈夫になる日が来る」としか言われませんで。しょうがないってんであきらめて、ドライヤーで温めては我慢して履いて足踏みしたり階段上り下りしたりしてたら
本当に慣れてしまったでござる。どころか、本来は裸足で履くべきものなのですが、薄手の靴下履いてちょうどいいくらいになっちゃったり。あらら、本当にあと1サイズくらい小さくても良かったかも。

「1足目から適正サイズにあたるのはほぼ不可能」といわれるクライミングシューズ。今では私も某巨大掲示板で、「こんなのでクライミングなんて無理〜〜〜」って助けを求める人に「そのうち慣れる」と応えておりまする。
posted by waku at 23:08| 宮崎 ☔| Comment(0) | ボルダリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月12日

ボルダリングde腰痛

さて、趣味に追加したばかりのボルダリングで腰をやっちまった過程は以下の通り

週に1回ペースでジムに通い始めて4回目。
その前の回、傾斜の深い壁の課題にチャレンジして、ちょっと腰を痛めてました。
ただまぁ、立ったり座ったりするとき少し痛いな、程度でたいしたことは無く、この日までにほとんど痛みも引いていたのですが。
そして臨んだこの日、ウオーミングアップを終えて1本目の課題、
あと1手でゴール、というその1手が取れず、どうしても取れず
握力無くなって「もう駄目!」と、ゴール手前だから約3mの高さから
身長分を差し引くと約1.5メートルほどの高さから落下しました
クライミングジムって、どこも壁の下にはクッション性の高いマットを敷いておりまして
まぁその高さから飛び降りても、足から着地すればほぼ間違いなく、万が一腰や尻や背中から落ちてもほぼ大丈夫なようになっております
キャンプ場に併設されてるジムなどでボルダリング初めて数年、何回も何回も落下し、どこかを痛めたりしたことなどありませんでした

そう、この時まで…

ちゃんと足から落ちました
が、着地した瞬間、前の週に痛めていた部分を中心に「びきびきびきっ」って感じに痛みが走り
今にして思うと、着地の瞬間ひざを曲げてショックを和らげる、って落ち方ではなかったかもしれません
落下の衝撃を背骨のアーチが全部引き受けることになったのかも知れない

それでも「あたた。腰痛めた」って言いながら、しばらくは動けました
が、時間の経過とともに、だんだん動けなく…
立ったり座ったり、一歩踏み出すたびに痛みが腰全体に走り、
そのうち立ってるだけ、座ってるだけでも痛く
約2時間、一緒に行った子供が満足する間、時間とともに激しくなる痛みとただただ戦って
その日はもう、壁には取り付くどころの話ではありませんでしたとさ

それでも、なんとか車を運転して自宅に帰り、
そしてその日と次の日、完全に寝たきりに
寝た状態から上体を起こすのも辛く、そこから立ち上がるのなんて論外。
どんな動作をするにも、痛くない腰の形はどれか、少しずつ探りながら
それでも、突然「びきっ!!」って痛みが走り息が止まり、の繰り返し
「世に言うぎっくり腰ってやつなんかなぁ」って、ひたすら耐えた2日間でした
以下、明日以降に続きます
posted by waku at 21:37| 宮崎 | Comment(0) | ボルダリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月23日

趣味、に追加

ゴールデンウイークに行ったキャンプ場に備えられているボルダリングのウォールで
ここ数年に無く課題がこなせた
って言っても8級って課題が全クリできたくらいなのですが
多分にそれを理由に、
ああ、もうこれは、人生折り返しを過ぎたであろうこれから先の、新たな趣味に付け加えようと

IMGP1022.JPG

こんな本を買ってみて

IMGP1023.JPG

ちょっと勉強した気になって

IMGP1024.JPG

ああ、やっぱりマイシューズを手に入れるべきなのねと、その気になって

IMGP1018.JPG

最寄のアウトドアショップに駆け込んでしまったきょうこの頃。
詳しくはまた後日

それにしても三浦雄一郎さんはすごいですねえ。
80歳でエベレスト。無事降りてきてもらいたいものです。







posted by waku at 23:04| 宮崎 | Comment(0) | ボルダリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ポチッとお願いします→ にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・タバコへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。