マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!

2013年01月08日

SWANS HELI-PDTBS-Nは曇り知らずでした

というわけで果たした初滑りで
こちらで購入をご報告したアイテム

IMGP0935.JPG

SWANS HELI-PDTBS-Nを使いましたのでレビューなぞ

ちなみに

IMGP0977.JPG

右がコレまで使ってた、同じメーカーのファンなし眼鏡対応モデル

IMGP0974.JPG

IMGP0975.JPG

上がHELI-PDTBS-N
並べてみるとHELI-PDTBS-N、5割り増しの厚さでする
フレームが分厚いとどうなるかと言うと、その分視界がふさがれるわけで。
使い始めは多少、視野が狭いなと気になりましたが、まぁ慣れれば気にならない程度。
もちろん視野が狭くなると危険は危険。のでコレまでより大きく首を動かして周りを見なさいよって事は言っておきたい話です。

ただ、そのリスクや首を動かす煩わしさを差っぴいても、この製品は秀逸
もちろんの肝は、フレーム内の上部に付いているファンなのですが、
購入時のエントリで書いたとおりの、急斜面で転倒したセガレをエッチラオッチラレスキューに向かったり
寒さの中フェイスマスクを被ってリフトに乗ったりといったシチュエーションに当面し
これまでなら100パー、ゴーグル内で眼鏡が曇ってどうもならなくなってたのに今回
ゴーグル本体もその下に装着した眼鏡もほとんど曇りなし。
眼鏡でウインタースポーツを楽しみたい、と言う人には、漏れなくお勧めするしだいです。


posted by waku at 17:00| 宮崎 | Comment(0) | スキー・スノボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ポチッとお願いします→ にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・タバコへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。