マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!

2012年04月26日

BATTLE SHIP

 スペースもヤマトも付かないバトルシップたら言う映画、先日見てきました。

 公式HPはこちら 音が出るようですんでご注意

 封切数日後ってタイミングだったんでね、ど田舎の映画館でも結構な混み具合でしたことですよ。8割がた、ってトコでしたかね。
 ただ平日でしたのでですね。8割のうちの8割くらいが、リタイヤされた高齢者の方々とお見受けしました。やはり海戦モノなので、そういった方々が血沸き肉踊る、ってことなんでしょうかね?
 日本代表で、浅野忠信が海自将校役として参戦。結構な存在感でした。とはいえ、まぁやっぱりハリウッド映画、世界を救うのはアメリカさんなんでしょうねえ。ちょっとおいしい所は貰ってたものの、「所詮日本人は卑怯な戦術で戦うのが得意」みたいな役割振られてたように見えたのは被害妄想でしょうかねえ
 あと、敵さんが攻撃してくるときとしてこないとき、映画だけ見る限りではどこに基準があるのか、よく分からず。パンフレットでも買えば分かったんですかね? まぁご都合主義なんでしょうけど。

 とまれ、アルマゲドンやインディペンデンスデイ臭さは満載でしたが、まぁ「ザ・ハリウッド映画」満載で楽しめたことは確かでする。

 んでね、詳細は述べませんが。まさかタイトルがオチだったとは。なかなかアメリカさんもやりますな、と感心したしだいで。ええ、詳しくは劇場でどぞ。

 あと、続編も視野に入れてるかのようなフェイクエンディングがありますので、「損した〜」思いたくない人はエンドロールまでお付き合いいただいた方が良いかと思います。まぁ、見ると逆にモヤモヤしますけどね。
posted by waku at 00:37| 宮崎 ☔| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ポチッとお願いします→ にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・タバコへ