マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!

2011年02月02日

SPACE BATTLESHIP ヤマト

 こちらで書きました
 「SPACE BATTLESHIP ヤマト」 ←公式サイトに飛びます
 希望通りロングラン公演してくれて、3回目の映画の日を迎えましたので先日、漸く見てまいりました。

 キムタクがキムタクであるのは、もうしょうがないとして。そこは諦めて観に行きましたが。
 それでもそこまで酷くない、と言うか「酷い出来ではないか」という前提の元で観に行きましたのでね。そこそこ、ちゃんと見れました。

 まぁ、一番最後の戦闘シーンが艦内のガタガタだけで外の様子が映らなかったのは明らかに予算も時間もなかったのだろうとか、なんであそこでいきなり黒木メイサとラブラブぶっちゅーになっちゃうのとか、佐渡先生はともかく乗組員全員酒飲み杉だとか、あまつさえ宇宙船の中でタバコまでってどんだけ居酒屋ヤマトなのかとか。突っ込みどころは山ほどあった挙句。

 もちろん宇宙空間の艦で重力働いてるのはなぜかとか、下から敵来たらやられ放題じゃんなんて原作アニメを踏襲した突っ込みどころは当然ながらそのままですがね。

 さはさりながら、テレビ版アニメと劇場版「さらば宇宙戦艦〜」をがっちゃんこしたストーリーと、随所にちりばめられた名台詞名場面。「技師長、焦らず急いで正確に!」には思わず涙が浮かびましたですよ。

 惜しむらくは。せっかくのヤマト、艦隊戦にせよ宇宙をゆったり飛んでいる姿にせよ、もっと長く見せてもらいたかった、と言う気はします。なんと言っても「ヤマト」の主人公は決して古代進でも森雪でも沖田艦長でもなく、ヤマトという艦なのですから。

 …あ〜それでもやっぱりなぁ…
 コスモゼロ、折れちゃうの? ってのと
 ガミラス上陸戦、最初からアナライザー出しとけよ、って場面では
 そう感じたの私だけではなかったようで。40人ほどの入りだった劇場が笑いに包まれましたです。
 思い起こせばR2が飛んだときも同じ様な反応でしたなぁ…

 あとはやはりの伊武雅刀w
posted by waku at 00:41| 宮崎 ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ポチッとお願いします→ にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・タバコへ