マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!

2011年01月27日

なんか話が違うよね

んー、一夜明けて新聞なぞ読んで見たらば出水の鳥フル疑い、話が変わってきてますが。

鹿児島・出水で鳥インフル陽性 鶏8羽、詳細検査を実施  

 鹿児島県は25日、同県出水市の養鶏農場で20日から25日までに鶏計164羽が死に、鳥インフルエンザの簡易検査で9羽のうち8羽が陽性となったと発表した。詳細検査を実施、結果は26日未明にも判明する見通し。感染が確認されれば、この農場が飼育する約8600羽を殺処分する方針。
 農林水産省の統計(2009年)によると、鹿児島県は卵も含めた養鶏産出額が771億円と都道府県でトップ。06年の市町村別統計では、出水市の鶏の産出額は97億円で、宮崎県都城市に次いで全国2位だった。
 鹿児島県は25日、半径10キロ圏内の養鶏農場約160カ所を対象に、鶏約525万羽と卵の移動自粛を要請した。
 国内最大のツルの越冬地として知られる鹿児島県出水平野では昨年12月以降、ナベヅル6羽の感染が確認され、県が養鶏農場に防疫の徹底を呼び掛けていた。
 県によると、今回の農場はツルのねぐらがある場所の近くにあり、採卵用の鶏を飼育。20日以降、1日当たり4羽〜10羽が死に、23日と24日は30羽ずつ死んだ。


 うまいソースが見つからなかったのですが。我が県紙によりますと。
 20日から25日の5日間の間に79羽が死んでいたのですが、その間国に届出ず、
 農場主とその専属獣医師は「別の病気を疑っていた」との事。

 あれま。先の口蹄疫では「宮崎の防疫の意識は低い」とか、典型的な口蹄疫の症例ではないと見逃した県の獣医師に対して「甘い」とか何とか、隣県の方からはえらく批判をされた様な気がしますが。

 いやまぁねえ、自分とこが批判されたからって仕返しのつもりはありませんがね。
 とまれ、非難合戦はひとまず置いておいて、本当に防疫拡散防止終止符、って事にしたいところなのですが。

 まぁ恨み言の一つぐらいは言わせて貰っても、罰は当たらないと思う今日この頃
posted by waku at 00:16| 宮崎 火山灰| Comment(0) | 鳥フル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ポチッとお願いします→ にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・タバコへ