マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!

2010年11月29日

痛いの痛いの

 1週間ほど前から、両肘に痛みがありまして。
 そんな中で本日、日付け的には先日、フィットネスクラブに赴きましたのです。

 やはり筋トレの中には肘に負担の掛かる種目もあるわけですよ。
 その種目をやろうかどうしようか。
 痛みの種類としては、腱鞘炎ぽくて。もし腱鞘炎なら、治療法は「安静」しかありえません。
 筋トレで負荷かけて、ってのは、悪化させる以外の効果はありえない。
 ので、「腱鞘炎じゃ無いと良いなぁ」と、様子を見ながらやるしか無いのです。

 で、肘に負担を掛けるトレーニングの1セット目、ちょっと痛い、やっぱり腱鞘炎かしら?
 2セット目。終了後、あら? ちょっと痛み引いてない?
 3セット目、終了後、あら? 完全に痛み、引いてない???

 実際のところ、トレーニングの後に痛み、引いたのですよ。
 もし腱鞘炎であったとしたならば、負担の掛かるトレーニングをして痛みが引くことは考えられないお話でして。
 トレーニングメモを見ると、肘痛が出た3日前のトレーニングの日、まさに肘に負担が掛かるトレーニングが、時間の都合で出来なかった旨の記述がありまして。

 トレーニングが出来なかったから、その部位に痛みが出て、その後トレーニングをすることによって痛みが治まる、って。
 普通はありえないはずなのですが。でも少なくとも私の経験の中で一度ならず二度までも。

 まぁ今のところは、「不思議な体験ですね」というくらいで、留めておきたいと思う次第です。
posted by waku at 01:52| 宮崎 ☁| Comment(0) | 筋トレ・運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ポチッとお願いします→ にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・タバコへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。