マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!

2010年10月27日

結局、建前だったらしい

本日は読売新聞さんから記事をお借りしまして

引き上げたばかり…たばこ増税、来年度は見送り
政府税制調査会(会長=野田財務相)は26日、2011年度税制改正で厚生労働省が要望しているたばこ税の引き上げを見送る方針を固めた。
 たばこ税は10月に1本あたり3・5円という過去最大の引き上げを行ったばかりで、販売量などへの影響を見極める必要があると判断した。
 五十嵐文彦財務副大臣は政府税調終了後の記者会見で、「事前の買いだめの規模が大きかったので、(10月の増税から)3か月くらいでは、影響が見極められない」と語った。
 政府税調は26日、11年度の税制改正要望について厚労省などから聞き取りを行った。小宮山洋子厚生労働副大臣は、国民の健康のために、欧米の先進国並みの1箱600円台への引き上げを求め、700円台に上げても、たばこ税収は減らないと主張した。
(2010年10月27日00時24分 読売新聞)


 当初は「喫煙者を少なくするために増税する」「増税によって喫煙者が減れば国民が健康になり、それだけ将来掛かる医療費が減るので一石二鳥である」と言うていたわけですな、現政権与党の方々は。
 まぁ確かに現在、国の財政は逼迫しておる上に、未曾有の円高など想定外の事態で、それ以上に化けの皮がはがれてきて長期政権なぞ望めそうもないと気付いたためか、長い目で見た財政運営とかって状況に無いのかもしれないですな。

 しかし、あとが無いかも知れないからこそ、それが本当に自分たちの理想であったなら「政権与党であるうちにやっておけ」って事にはならないのですかねえ。それすらも出来ず、結局目先のおゼゼのために自らが言っていた「国民の健康のために」って旗を降ろすなら、結局のトコロ政権を獲りたいという目的がためだけに、耳障りの良いことばかり言ってきたとしか思えませんですねえ。

 まぁ今となってはそんなことは既に白日の下に曝け出されてる上に、こんな辺鄙なブログで言うまでもなく、いろんな何かが剥がれ続けてるボロボロの政権ですけどね。
 
 政権批判ついでに。某前首相の「辞めるの止めた」はさすがになんですな。前政権与党で最大派閥の番頭やってた本県の困ったちゃんの遥か斜め上を行きますですよ。我がトコの県でもそうでしたが、アレ、支援者であっても困るんじゃないですか? ちなみに2ちゃんのスレで1から1000まで見事に一個も擁護の無い、「死ね」オンパレードの政治家って、初めて見た気がします。
posted by waku at 02:36| 宮崎 ☁| Comment(0) | 喫煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ポチッとお願いします→ にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・タバコへ