マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!

2010年09月13日

便乗商法にご注意

 10月からのタバコの値上げを前に。
 喫煙業界でも禁煙業界でもビジネスが活発化している模様で、新聞やネット上でここ暫く、「タバコ」「たばこ」「煙草」の文字を見ない日がありません。
 自分のブログ見れば目に入る、ってのは別にしといて、なのはもちろんですが。

 んで、まぁ喫煙業界のほうで行くと、「タバコの買い溜め」とか「コンビニや量販店で客の囲い込み」とかそんな話でして、これは拙ブログ的にはどうでも良い話なのです。ええ、おゼゼが続く限りずっとタバコ吸ってりゃ良いじゃん、って話で。で、できれば私から遠く離れたところでやっていただく分には全く関わり無いです。頑張ってください。

 問題は禁煙業界のほう。「この値上げを機に、タバコと縁を切ってしまおう」と考える方は、そりゃあもう、当然いらっしゃるわけです。この人たちが、ちゃんとタバコと手を切れるように手助けする商品なり方法なりであれば、何も言うことはありませんのです。
 チャンピックスを処方している禁煙外来や、離煙パイプを製造している販売している方々は、この機にがっつり儲けて…もとい、喫煙者の皆様の禁煙のお手伝いに励んでいただきたいものです。ニコチンガムとかは正直微妙でして、まぁ売れるのでしょうが。ちゃんと正しい禁煙が出来るよう、啓蒙活動をしてほしいし、出来たら利用するほうも、禁煙外来で相談して使ったほうが、失敗は無い様に思われます。
 あと、私には合いませんでしたけれど、某カーさんの「禁煙セラピー」。ここに来てまた売れているようです。まぁ私に合わなかったと言うだけで、コレで止められた、という方もかなりの数いらっしゃるのも事実です。まぁ一度お手にとって見られるのもよろしいかと思います。版元も増刷かけて頑張って儲けて…もとい禁煙のお手伝いをしていただければと存じます。

 問題は、完全なる便乗商法。代表格は電子タバコに禁煙パイポ。これ、どっかの大手の新聞で、「メーカーは売上増を見込んでいる」なんて記事を目にしたのですが、いかに新聞記者さんとやら、それも多分に喫煙者の、が禁煙ということについての正しい知識をお持ちで無いか、ってことで。
 営業妨害するつもりはありませんが、私パイポ銜えて禁煙に成功された方って、少なくとも喫煙者時代含めてここ20年以上、お目にかかったことがゴザイマセン。結果として営業妨害になってしまったら申し訳ありませんが、事実そうなんだから仕方が無い。
 さらには電子タバコ、つい最近カートリッジにニコチン含んでいる製品が見つかって問題になったばっかりでしょうや。消費者センターなり公的機関が「正しい禁煙グッズではない恐れがある」ってな警告を出してた、言う記事も見ました。そんな製品作ってるトコに取材に行ってコメント取ってくるなんざ、不見識不勉強も甚だしいです。

 さらに極めつけは「何とか式禁煙法」。かつて拙ブログで、ワケの分からない得体の知れない禁煙法として「イタリア式禁煙法」なるものを紹介しました。過去ログの彼方に眠ってると思いますんで、興味のある方は掘り起こしていただきたいのですが。そのお化けの尻尾が、よみがえってきたようです。
 ここに来てまたゾロ、情報商材としての「何とか式禁煙法」たら言うものが目につきます。
 ブログで紹介されてて、今までの禁煙法を批判し、それでは何が駄目だったのか、今度こそホントに禁煙したいならコレ、とリンク先が提示され、そのリンクを踏むと、PDFファイルを売る販売ページに飛ばされる、と言うのも、かつての「イタリア式」とほぼ同じ。いつの間にかリンク先がすべてブランクになってしまうのも、同じではないかと予想されまする。

 禁煙するはずだったのに、禁煙もできずおゼゼだけ掛かってしまった、ということが無いよう、禁煙を志す方にはぜひ、より良い選択をしていただきたいと思いますです。拙ブログの過去ログにも、禁煙についてのあれこれはございますんで、もしよろしかったら、タグ検索なりで「禁煙」とか「喫煙」とか探っていただければ幸いです。
posted by waku at 23:47| 宮崎 ☁| Comment(2) | 禁煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まだ禁煙3ヶ月ですがきっかけはパイポでしたんで
一応禁煙パイポで禁煙成功できた人間に入ると思います
私の場合19の終わり頃から吸って喫煙歴4年弱とわりと短めだったのもあるでしょうし
何より禁煙パイポ自体の清涼感が結構好きだったってのもあるでしょうね
2週ぐらい種類を一通り試してみてもういいかなぁしゃぶり続けてると口痛いし(笑)
なんて考えて買うのやめたらタバコも特に吸いたくなくなってました
「タバコの代替物」以上に思えない人であれば効果は無いでしょうね
すぐに「タバコとは違う!!」ってなってしまって、、、
最初からちがうこたぁわかってるって人なら効果はあるかも
いまだにタバコのニオイがそんなに嫌ではないって感覚ですが
まぁ嫌煙家にだけはならないように気をつけます笑文化としてのタバコを否定する気になれないしお香なんかも含めて「煙文化」だと思ってるし
挿し絵のしごとしてますがタバコが絵になるシーンってのもやっぱありますしね
バイクもそうですが危険性が目に付くから否定しちゃうってのはどうもなぁ
Posted by ふーま at 2010年09月16日 09:56
>>ふーまさん
いらっしゃいませ

あ、そうですか。パイポでお止めになられましたか。寡聞にして初めてです。いらっしゃるんですねえそんな方も。ちと認識改めまする。

>嫌煙家だけにならないように
まぁ私もそんなこと考えてた時期もあったりしたのですがね。
近親憎悪とでも申しましょうか。まぁ喫煙者のマナーなり、酷いことに気付いちゃうわけですよ。
さらに、タバコというものの存在を突き詰めて考えていくと、断じて文化などではないです。単なる中毒です。国家に許されてるってだけで、麻薬とかの薬物と何ら変わりないです。

>タバコが絵になるシーン
そうやって、「タバコが格好良いもの」とするのは、子ども達のためにもぜひ止めてやってくださいませんでしょうか。お願いするしかありませんが。
Posted by waku at 2010年09月16日 11:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ポチッとお願いします→ にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・タバコへ