マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!

2010年08月04日

まだ聖域ですか?

 禁煙外来で使われている「チャンピックス」を製造しているファイザー製薬が「全社員対象に禁煙に取り組んでいる」と、さらには新規採用される社員に対しては、入社するまでに禁煙を求めると、言う記事が、地元新聞の片隅に小さく報じられたのです。

 コレは良い記事、と、取り上げようと思っても、ネット上には挙げられてないのはいかがなものなのでしょう?
 ことタバコに関しては、未だに何か、変なフィルターがかかっているような気がします。

 前にもチラッと書きましたけれど、マスコミ、中でも強いて言うならば新聞業界、喫煙率非常に高いんですよねぇ。

 地元のローカル新聞でも最近、「香りを楽しむ」とか言うて、タバコの特集がなされてたり。
 一方で、小学校中学校高校に対してニュースペーパーインエデュケーションたら、「新聞を読んでください」と言う活動を行っている。
 タバコ特集の新聞読んで影響受けてタバコ吸い始めました、って生徒が居たとしたら、言い訳できるのかしら。

 いろんなしがらみがあるのは分からないでも無いですが。
 少なくとも積極的に喫煙を後押しするような記事を掲載するのはこのご時世、田舎の新聞とは言えやっちゃいけないんではないかと思うのですがねえ。
posted by waku at 03:27| 宮崎 ☁| Comment(0) | 禁煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ポチッとお願いします→ にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・タバコへ