マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!

2010年07月31日

高野連グッジョブ!

甲子園始球式に高鍋農主将 全国高校野球選手権大会  2010/07/30 16:09 【共同通信】

 日本高野連は30日、兵庫県西宮市の甲子園球場で8月7日に開幕する第92回全国高校野球選手権大会の始球式を宮崎県立高鍋農業高校野球部3年の田村栄二主将(17)が担当すると発表した。
 日本高野連によると、高鍋農業高校は口蹄疫の被害を受け、実習用に飼育していた牛53頭、豚281頭が感染の疑いがあるとして、殺処分されたという。宮崎大会は口蹄疫の拡大を防ぐために、開会式を実施しなかった。日本高野連では口蹄疫被害から復興するための励ましとして、畜産農家の野球部員がいる高鍋農業高校の主将に決めた(後略)


 いやいやいや、日本高野連も粋なことをしてくれます。

 今夏の甲子園宮崎県予選、まず大会前の対外練習試合は禁止になるわ、日程はころころ変わるわ、いざ大会が始まったら無観客試合だわ、と、ことし主力の球児たちには非常にかわいそうな状態だったのです。まぁ、しょうがないと言えばしょうがない。全県的な危機で高校生のしょせんは趣味のスポーツぐらいは我慢してもらわなきゃ、って話なのですが、当の高校生達にしてみれば、これほど理不尽極まりないことは無いわけで。せめて自分たちの仲間の部員がタバコ吸ったり、ってんならまだ諦めも付くでしょうが。

 そういった中で、激震地の児湯郡、しかも高校生自ら育てていた牛が殺処分となった高鍋農高。
 今大会は開会式もなく、簡易に選手宣誓が行われて始まったのですが、その宣誓の中でも、大会最後に優勝した高校の主将インタビューでも、高校生たちは不満も見せずに「口蹄疫で疲弊した地域を活気付けたい。野球が出来ることに対して恩返しがしたい」などと言うのです。

 ああ、なんて出来た子たちだろうか。

 高鍋農高の主将、夢の舞台での始球式、ぜひ頑張ってください。
 あと、宮崎県代表になった延岡学園の生徒達。「口蹄疫で参ってる県民に…」なんて気負うことは無いですよ。君たちは君達が頑張ってきた、その成果を甲子園で発揮することに集中してくださいな。変に宮崎や口蹄疫を背負わなくても、甲子園は1年2年3年間、野球を頑張ってきた君たちへのご褒美です。
 口蹄疫の問題は、大人がちゃんと何とかしますから。ホンと気にせずに頑張ってきてくださいな。
posted by waku at 00:35| 宮崎 ☀| Comment(0) | 口蹄疫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ポチッとお願いします→ にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・タバコへ