マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!

2010年07月23日

国とのバトルは任せた

国の財政支援大丈夫? 知事、農相対立 2010年07月23日


 未曾有の危機をもたらした口蹄疫への対策で、県は財源の確保に頭を悩ませている。
 “虎の子”の財政調整積立金を取り崩したほか、対策費捻出(ねんしゅつ)のため、各課に口蹄疫で執行できない事業の報告も要請。国にも粘り強く財政支援を訴えている。ところが、トップの東国原知事は民間種雄牛をめぐり山田正彦農水相と“大げんか”。県幹部からは「国が快く協力してくれるかどうか不安」との声も聞こえる。
 「基金はいつになったらできるのか。国に掛け合っても答えがない」。ある県幹部は、口蹄疫対策特別措置法で認められている復興のための基金がいまだに創設されていないことに、焦りを隠さない。県が復興計画を立てたとしても、財源の裏付けがない「絵に描いたもち」となる恐れがあるためだ。


 記事の後段が、まだ朝刊が届いていない現段階では読めないのですけれど。
 県職員の方が国との関係悪化を心配するのは当然でしょうが、東知事の場合それで不利益取り扱いをされればそれに対する反撃の手段を確保しているので大丈夫ではないかという気がしています。まぁ行政の長としてそれが良いか悪いかは、軽々に判断はできないのですが。

 少なくとも全国規模でも、どこぞの山田君より我が県の知事の方が支持を集めそうな勢いなんでね。チョッと強気に出てみようって、ここら辺の空気の読み具合は、うちトコの知事はさすがに長けておりましてですね。

 まぁ全県下における安全宣言に至るまで、県民の皆さんには頑張っていただきたいし、国とのバトルは知事に任せた、ってことで。
 ちゃんと安全宣言もした上で、国からの補償もがっちり勝ち取っていただきたい次第です。
posted by waku at 02:01| 宮崎 ☀| Comment(0) | 口蹄疫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ポチッとお願いします→ にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・タバコへ