マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!

2010年07月18日

終結への一歩

 残念な結果です。
 しかし「終息」「終結」という節目へ向かって、一歩を踏み出した、と、前向きにとらえるしかありません。

口蹄疫感染多発地で全制限解除 民間種牛の殺処分終了
 口蹄疫問題で宮崎県は17日、口蹄疫対策特別措置法に基づき、高鍋町の農場経営薦田長久さん(72)が飼育する民間種牛6頭の殺処分を終了した。農場から排せつ物などを運び出し、畜舎の消毒も実施。県は18日午前0時に、感染多発地で最後に残っていた同農場から半径10キロの移動制限区域を解除した。
 感染多発地域の家畜の制限区域は4月の発生確認から3カ月ぶりにすべてなくなり、残りは宮崎市の発生農場を中心とする区域だけ。新たな発生がなければ27日午前0時に解除され、計約28万9千頭が犠牲になった口蹄疫は終息を迎える。
 薦田さんは17日午後、「種牛の命を守れなかったのは残念だが、この問題を通じて、一生懸命頑張っている農家の気持ち、畜産の姿をいろんな人に分かってもらえたのではないか」と話した。
 薦田さんは、政府と県が5月に実施したワクチン接種に同意せず、「種牛は公共性が高い」と保護を求めていた。
 東国原英夫知事は特例救済を国に求めたが、農林水産省は拒否。問題が長引けば制限区域解除に影響が出るため、薦田さんが「県民に迷惑を掛けられない」と殺処分受け入れを表明した。
2010/07/18 00:09 【共同通信】

 釈然としないのは、ここに来て急にK氏に同情的になった全国紙や全国ネットのテレビ報道。新聞では「最後の種牛との別れを惜しむ薦田さんの家族ら」なんて写真をWEB上に流してる「全国最多部数」もあるようですが、けったクソ悪いんでリンクなぞ貼りませんが、オマイらの所で国からの変なリーク記事載せたらから変な展開になっちまったんじゃねえか! って話もあります。まぁしょうが無いですけどね、体質でしょうから。でも手のひらを返したようにK氏を同情的に扱うんなら、同じく手のひらを返したように農相批判、国批判をしてほしいところではありますが、それはないんですね。まぁショウガナイデスケドネ、タイシツデショウカラ。

 ともあれ、K氏の無念はいかばかりかと存じますが、漸く児湯地区の移動制限も解除され、最後の発生からもかなりの日数が経ち。

 県内で食い止めた県民の努力にどうあれば報いれるのか、国に考えていただきたいのですが。
 銭金の問題も無いとは言いません。勿論ちゃんとしてもらわないと困ります。それがお気に召さない民主党の議員の方もいらっしゃるようですが、残念なことに家畜伝染病が国家防疫の対象である以上、補償は国の義務でありまして。

 さらには当然のごとく、感染原因、経路の解明という問題がございます。前政権下で規制されていた異国からの食肉輸入が、政権交代によって解除された直後のタイミングで本県の発生につながったと言うのが、ネット上では通説になっております。
 この手の議論になるたび、政権与党の議員様方はご自身のブログやメディアに取材を使って、「今は犯人探しをするより、防疫を徹底することに力を注ぐべきだ」とのたまっておられました。
 さて、防疫が徹底され封じ込めが完了したのではないかと、そういう段階に差し掛かった昨今、そろそろ犯人探しをするべき時期では無いのでしょうか?
 その時には勿論、御党が国民から疑念を抱かれている部分についても、しっかりと「シロである」と、いえるだけの調査をするべきなのは当然かと思われます。
posted by waku at 02:16| 宮崎 ☀| Comment(0) | 口蹄疫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ポチッとお願いします→ にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・タバコへ