マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!

2010年07月14日

本領発揮>死刑執行人山田

 なんか、単なる知事と山田の喧嘩じゃねえのか、って気もし始めましたのですが。
 とにかく、国の公的な判断はやはり「殺してしまえ」のようですな。

 国による代執行を検討 農相、民間種牛の殺処分で 共同通信

 宮崎県の口蹄疫問題で、山田正彦農相は13日、東国原英夫知事と農林水産省で会談し、殺処分対象の民間種牛を宮崎県が処分しない場合、国による殺処分の代執行を検討する考えを伝えた。
 農水省によると、国が都道府県の行政行為の代執行をしたことは過去にないという。種牛の殺処分をめぐる国と県の対立は深刻な事態を迎えた。
 会談では、山田農相が県の当初の勧告通り、種牛を殺処分するよう強く要求。地方自治法に基づき、14日にも殺処分を県に指示する方針を示した。一方、東国原知事は殺処分要求に応じない考えを示し、協議は平行線のまま終わった。
 会談後、記者会見した山田農相は「これまで殺処分に応じた農家は多大な犠牲を払ってきた。かわいそうという理由で特別な例外を認めるわけにはいかない」と強調。「新しいウイルスが出てくる可能性がある中で、県の危機管理意識は甘い」と述べた。
 東国原知事も会見し、「種牛の所有者は殺処分されたら死ぬと言っている。彼は本気だ。命に手をかけるような行政判断はできない」と話した。


 K氏が「死ぬと言っている」かどうかは別として、まぁ個人の命は尊重しなければなりませんが、そんなことを担保にしてる場合ではありませんで。
 とにかく国は、強権発動すると。個人の財産だろうが県の財産だろうが、法律の趣旨に合おうが合わなかろうが、一度国が決めた方針だから殺処分すると、そういうことを言っているわけです。
 野党時代の自民政権下で「一度決めた公共事業を中止できないのはおかしい」とのたまっていたはずの現政権与党ですが、やはり自分たちも「一度そうする」と決めたことは覆せないようです。
 ましてや、何度も拙ブログでは呼称してきた、(長崎県の隣の)となりの(畜産は潰してしまえ)山田君、です。本領発揮。大臣になって自分の専権事項になったら牙を剥かないわけが無い。

 ちなみに、「かわいそうという理由で特別な例外を認めるわけにはいかない」って、「かわいそう」とか誰かこんなこと言ってますでしょうか?
 県も市町村も農家も、壊滅的な打撃を受けた本県畜産の復興のために種雄牛が必要だと繰り返し述べているのですけれど。
 まぁ牛飼いだから分かってると思うんですがね、山田君は。潰すためには言ってないことまでも言ったことにしてしまえと、まぁこれも民主の常套手段ですわな。

 一方でココに来て、地元の畜産農家有志が県庁を訪れて、K氏の種雄牛殺処分を求めた、などといった動きもあったようです。が、何戸くらいの農家が賛同したのか。
 地元以外では報じられませんが、同日、県の市長会が、県と足並みをそろえて種雄牛を処分しないよう求めた、と言う動きもあります。つう事は市長さんたちトコには圧倒的に「種雄牛を処分しないでほしい」って声が多く届いている、って話なのですけれど。

 まぁとにかく、県の頭越しに強制殺処分を行うと、そう言うのですな。
 大敗した選挙の腹いせに見えなくも無いですが、それでもやるというのなら、やれば良いじゃないですか、って話ですけれど。
 前にも書きましたが、「日本の畜産の終わりの始まりだった」と、そのトリガーを引いた政治家であると。後の教科書や歴史書に、というか今はすぐにウィキに、記されるのは覚悟の上なんでしょうから。
posted by waku at 02:25| 宮崎 ☁| Comment(0) | 口蹄疫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ポチッとお願いします→ にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・タバコへ