マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!

2010年05月18日

ようやく国が動いて

 本県で発生している家畜の伝染病である口蹄疫なのですが。ここ数日ようやく、全国に向けテレビ各キー局で放送されるに至りました。
 拙ブログでは風評被害を懸念して、そして早期終息を祈念して静観を決め込んでいたわけですが、ようやくされ始めた報道でご存知かと思いますけれども、現地はシャレにならない状況になっております。まさに宮崎牛というブランドのピンチ、といえるほどの。

 ここら辺を参照していただければ

 でわ、なぜに拙ブログで、このタイミングで言い出したかと言いますと。在京キー局がようやく大きく取り扱い始めた上に、既に現地では「風評被害」どころではなく実害の方が大きくなっていると言うのが一つ。その上に、今頃になってどこぞの首相が「日本の畜産にとって非常に大きな問題。政府を挙げて対処する」なぞと言い出しやがって、急遽政府直轄の現地対策本部を、地元に相談もなく設置すると、そして副大臣以下のチームを送り込むと。いう事を、重ねて言いますが今頃になってようやく始めたもんですから腹の虫も収まらなく。

 連休中に良く分からない外遊をなさっていた遅松、違うお粗末、いや馬鹿松、えーと赤松農水相は、外遊から帰国して一日たっぷり休養した後に本県入りし、「対応が遅いといわれるが心外である。やるべきことはやっている」とか会見で胸を張っておられました。んと、国が何もしてくれなかったことを知り尽くしてる現地の人間に向かって何を言っているのだろうと思ってたのですが、きっと会見場に居たテレビカメラの先しか見えてなかったんでしょうね。因みに農水省が外遊している間、農水相代理の肩書きを持っていた本県出身のはずの名前すら出したくない某与党内野党党首は連休中、「グアムかテニアン」と言う言葉しか発してませんでしたしねぇ。

 んで、さらに1週間経って、ようやく政府が口蹄疫で初めて緊急会合開いて、その挙句の首相の前述の言葉。多分2、3日前まで「口蹄疫」って言葉も知らなかったんじゃ無いでしょうか。なんせ決着させるはずの5月に入るまで抑止力の意味を知らなかったらしいですから。
 「宮崎牛? 何それ? もし駄目になっても松坂牛を食べれば良いじゃない」とか、言う会話が、冗談でなく本当に交わされていたんじゃないかと懸念するところです。松坂牛と呼ばれる牛がどこから仕入れられるか、聞いて慌て始めた様な感もありありで。

 で、ココに至って「全力で防疫に努力する」言われても、じゃあ8万頭を超える牛や豚が処分対象となり、宮崎牛ブランドを支えてきた種雄牛まで処分しなければならない、という事態に陥る今まで何してたんだ、と。
 発生事態は天災かも知れません。しかし5月以降。少なくとも農水相の外遊辺りからは、しかるべき人が適切な対応をしなかった、人災の臭いがプンプンするのです。

 ただ、コチラにいらっしゃった方々に誤解をしてほしくないのですが、いま市場に出回っている肉は、宮崎産であろうとなかろうと、牛だろうが豚だろうが、間違いなく安全なものです。いや、口蹄疫に罹った牛豚の肉でも、人間に影響はない、と言われていますけれども。しかし、そういった牛豚が市場に出回らないように、と言う意味でも防疫対策は行われています。ので、市場に出回っている肉は思う存分味わって頂きたく思う次第で。
 国が早く対応してくれれば、と思う反面、政府が危機感を持った途端、逆に風評被害が心配になると言うこの矛盾した感情をどうしたら良いやら。


posted by waku at 02:41| 宮崎 ☁| Comment(0) | 口蹄疫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ポチッとお願いします→ にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・タバコへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。