マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!

2010年05月16日

細けぇ事はいいんだよ

 筋トレするにあたっては、昔から小さいノートをジムに持ち込んでいます。トレーニングで毎回、どれほどの重量を挙げられたか、とかその日の感想とか。
 最近はベンチプレスのセットでの挙上重量と、それ以外の特筆すべき事由を書き込むだけ、って事が多いのですが。
 本格的に筋トレを始めた10年ほど前のノートには、その日やったトレーニングの内容が事細かに書き込まれており。またその内容のかわいいこと、扱っている重量も含めて。まぁ過去の自分を馬鹿にする気は毛頭なく、良くぞココから今に至った、と、自分を褒める気満々なのですが。

 2年ほど前の記録を見るに、やたらと「手首が痛い」だ「肩が痛い」だ言う書き込みが多いのですよ。
 思い返してみると確かに、腱鞘炎だとか何だかで、思ったように思った重量が挙がらないと、ぼやいて居たような気がします。
 その辺りの重量を持ち上げたところから、痛みも少なくなり愚痴も減り、さらには挙上可能な重量もじわじわと伸び始めたような。

 不思議なもので、扱う重量が増えた今のほうが故障が多くなりそうなものですが、そういうのもひっくるめて「壁」みたいなものが存在するのでしょうか?
 さらに、当時はジムに持ち込む飲料にもやたら拘ってましたねえ。脂肪燃焼系だとか持久力持続系だとか。「最低でも塩分やミネラルは補充しなきゃ」とか。まぁ間違っては無いですけど、最近は「水分だけ補給できれば良いや」ってなもんで、お茶か水ばっかりですねえ。


 いや、ね。腱鞘炎を患っていた頃や飲み物に拘ってた頃に「挙げられる気がしない」なんてノートに弱音を書き付けていた重さが、今はウォーミングアップの重量なんですよ。
 小さな壁でも、乗り越えたらそういう細かいことに拘らなくなるのか、細かいことに拘らなくなったから乗り越えられたのか。どっちにしろ何ぞ、関連があるような気がしたりしなかったり。

 所でこれ、困ったことにゴールが無いんですねぇ。次の着地点に向けて、またじわじわ頑張っていく、って事で。
 


posted by waku at 02:54| 宮崎 ☁| Comment(0) | 筋トレ・運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ポチッとお願いします→ にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・タバコへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。