マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!

2010年03月18日

無煙タバコとな

 某元専売公社さんが、「無煙タバコ」なるものを開発したらしいですね。春に首都圏から販売を始めて全国に広めていくとか。テレビのニュースでやってた範囲の情報しか持ってないんで、詳しい話を知りたい方は某専売公社さんのHPにでも行っていただきたいのですが。

 何でも煙草の葉っぱを詰め込んだカートリッジをセットしたパイプ状のもので、そのカートリッジから煙草の香りとか成分とかを吸いだすのだとか。いや詳しい話は分かりませんが。当然ニコチンとかもそっから出てくるんでしょうね。知りませんが。

 ただ結局のところ、喫煙者と非喫煙者との壁は何かというと、あの煙とそれにまつわる臭いや何かだったりするので、コレはコレで一つの和解案になるんじゃないか、って気はしますね。「健康のために煙草なんか無くなってしまえ」って人なら、ニコチンが出てくる時点で駄目かも知れませんけど、タールとか一酸化炭素とか、火を介することで出てくる成分が無くなる分、健康にもかなり配慮されたモノになってるんでないでしょうか。いや分かりませんけど。

 問題は、コレで喫煙者が満足するか、って話なんですけど。まぁ満足しないような気がプンプンします。火付けて煙吸い込んでナンボだろう、って。長年の習慣でそれがないと物足りないだろうなって、経験上。要は「嗅ぎ煙草」なんでしょうけど、それが日本で流行るどころか見たことすらないのは何故か、って話です。まぁ話の種に一箱くらいは買うでしょうけど、きっと大爆発はしないような。

 ただ、これが商品化されれば、似非禁煙グッズである電子煙草とやらは、完全に息の根が止まるでしょうなぁ。
posted by waku at 00:58| 宮崎 | Comment(0) | 喫煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ポチッとお願いします→ にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・タバコへ