マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!

2010年03月12日

夜の酒場のマジョリティ

 さて、昨晩は久々に、お友達に誘われての酒席だったのですが。一次会では美味しい料理とどぶろくなどの珍しいお酒、2次会は美味しいお酒を楽しんで。いつも親しくさせていただいている方々との楽しいひと時だったのですが。

 1次会2次会とも、座ったテーブルやカウンターにあった灰皿に、嫌悪感を覚えた次第でありまして。まぁかつて喫煙者だった頃には、喫煙ご遠慮願いますって店に対して「何で吸わせない」って憤ってた手前、理不尽かつわがままな主張であると、重々理解したうえで。

 料理にせよ酒にせよ、タバコなんてその味を損なうものでしかないわけですよ。「酒とタバコはセット」ってのも誤解でして。あれは酔っ払いが、アルコールの作用によって沈んでいく意識レベルを引っ張り上げようとニコチンの力を借りてるだけの話でして。純粋に酒の味を楽しもうと思うならばやはり、あの煙は必要ないのです。まぁ葉巻とワインのフレーバーの云々とかは、ちょっと分からない世界ですけど。

 よって、食事処も居酒屋もバーもスナックも、もしご自分のメーンの商品たる料理や酒に自信があるのならば、テーブルやカウンターにある灰皿は撤去したほうが良いような気がするのですが。なんか時代もそれを後押ししている気がしますし。

 昨日、食事の後に入った店なんてまさにそんな感じだったのですよ。ショットバーだったのですが、カクテルにしろウィスキーのロックにしろ、マスターの仕事にこだわりが感じられて。1時間くらい過ごしたところで入ってきた兄ちゃんがタバコに火を着けなければ、あと5、6杯はグラスを重ねてただろうと。

 夜の呑み屋じゃやはり、声のでかいのは喫煙者なのですよね。何とかここら辺、どうにかならんものですかね。
posted by waku at 02:05| 宮崎 ☀| Comment(2) | 喫煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おひさしぶりです。

今日は、振替休日で、家でゆっくりくつろいでいます。

昔私も喫煙者で、おなじように思いました。
そして、たばこやめた今、やはり、wakuさんと同じように、自分勝手なこと思っています。

シンガポールは、室内はバーも居酒屋もレストランも喫茶店も、すべて100%禁煙ですから、とっても過ごしやすいです♪

今の流れでいくと、日本もいずれ、そうなるでしょうね。
でも、日本は切り替えが遅いから、時間かかるでしょうね。

では、また!!
Posted by JJSG at 2010年03月12日 10:15
>>JJSGさん

そうですかシンガポール。居酒屋もレストランも喫茶店も。
うらやましい限りですねえ
喫煙者なら舌打ちしてブログに逆の文句を書き連ねるような状況ですが
喫煙者の皆様には申し分け無いのですが、早いトコ日本もそこまで行ってほしいと、切に願うきょうこの頃です ^^
Posted by waku at 2010年03月13日 02:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ポチッとお願いします→ にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・タバコへ