マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!

2009年12月19日

はしゃいでばかりは居られない

 折からの寒気に列島全域が覆われる中、元F1レーサーの片山右京さんが、えらいことになってるようですね。

 もともと、南極の山に遠征予定があって、右京さん自体はそのトレーニングを兼ねて、ということもあったようですが、同行した2人のうち、1人については「登山経験があまり無かった」という報道もあります。一方で私が見た片山さんの会見では「何回もヒマラヤに行った仲間」というセリフもあり、真偽のほどはなんとも言えませんが。

 トレーニングを兼ねてたのならば、悪天候の予想される中、あえて雪山に入っていったのかも知れませんが、もし報道のほうが正しくて、あまり経験のない方がパーティーに入っていたのなら、やはり判断ミスが入っていた可能性も否定できないかな、と。

 富士山と言えば日本最高峰にして日本一の登山者を誇る、鍛えていれば幼稚園児すらも登れる山として有名ですが、シーズンの7、8月を除いては、雪に閉ざされる山です。周りに山脈のない独立峰ゆえ強風に晒され、3000メートル級の「低い」山にも関わらず、冬場は「ヒマラヤ並みの危険度の山」と言われるとか言われないとか。どっちかは分かりませんが。

 何にせよ、雪が降る強風が吹く、そのキーワードは山では即、「死」につながるというお話なんですよね。
 里でも雪下ろしの屋根から落ちて亡くなった、という方もいらっしゃったようですしねえ。

 ここ数日、ちょっと降雪とスキーネタではしゃぎすぎたのを反省しつつ。でもどうやってヒマラヤまで広げた風呂敷まとめよう。
posted by waku at 01:31| 宮崎 ☀| Comment(2) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ネットでそのニュースを見て、びっくりしました。
やはり、山は危険ですね。
そして、雪が降ると、必ずなにかしらの事故で亡くなられる方がおられる。

明日は我が身と肝に銘じ、注意していきたいと思います。
Posted by JJSG at 2009年12月19日 20:53
>>JJSGさん

ですなぁ
春だろうが夏だろうが秋だろうが、標高が高かろうが低かろうが、とにかく、山は舐めちゃあかんのですよ。
まぁ、南極行きのトレーニングにこの時期の富士に入って行った人たちが山を舐めてたとは思えないのですが、
そんな人たちでも、一歩間違うとこんなことになるって事です。
Posted by waku at 2009年12月20日 02:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ポチッとお願いします→ にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・タバコへ